越美山系砂防事務所 国土交通省 中部地方整備局

  • 文字のサイズ

今までの主な工事

揖斐川町(旧藤橋村)

揖斐川町(旧藤橋村)

寺谷第1砂防堰堤(えんてい)

寺谷第1砂防堰堤(えんてい)
平成7年完成 揖斐郡揖斐川町西横山

寺谷から出る土砂の量を調節し、揖斐川の安全を保つ役割をしています。

表面の自然石入りコンクリートブロックは、工期が短くなり安全性が高いという省人化に役立つだけでなく、下流の人家から見える事に配慮し周りとの調和を崩さないようにと考えられた構造なのです。

揖斐川町(旧坂内村)

揖斐川町(旧坂内村)

ナンノ谷床固工群

ナンノ谷床固工群
平成8年完成 揖斐郡揖斐川町坂内川上地区

明治28年に起きたナンノ谷大崩壊により甚大な被害を受けた箇所であり、土砂が流れ出して下流に被害が無いように床固工及び護岸工が施工されました。

護岸には自然の河原になじむよう自然石を使ったり、緑を増やすための植樹もしています。また、景観だけでなくその地形を活かしてアウトドアに活用できるような整備を行い、年に数回のバイクレースが行われるなど、地域の活性化にも役立っています。

坂内魚道

坂内魚道
平成8年完成

日本でもともと多く用いられている階段式魚道を採用し、その階段隔壁上部を丸くし、水深を5~10cmに保ち魚が泳ぎ上がれるようになりました。また、副ダムに設置した魚道には呼び水水路を作り、魚を魚道に誘導するようにしています。

揖斐川町(旧久瀬村)

揖斐川町(旧久瀬村)

貝月谷床固工群

貝月谷床固工群

貝月渓流保全工の整備地区は、スキー場・ゴルフ場・キャンプ場があり、美しい緑や清流に恵まれたリゾート地として多くの人々が訪れる場所です。このため、整備にあたっては、地域リゾートの支援を視野に入れ、自然木・巨石をそのまま生かすなど、自然環境との調和が取れた砂防施設づくりに配慮しました。階段状に組まれた自然石が上流から下流まで、自然の様に配置されており、周囲の環境と一体となっています。

貝月リゾートに近い貝月床固工群でも自然景観を損なわないよう、上流から下流まで、まるで自然にそうなったかのように自然石が階段状に組まれています。またこれは石の裏にこけが生え、そのこけを食べるさまざまな生き物も集まるようにと入念に考えられているのです。

下辻谷第2砂防堰堤

下辻谷第2砂防堰堤
平成8年完成

平成元年9月の集中豪雨により被災した旧久瀬村の小津川支川下辻谷から再び土砂が流出しないようにと下辻谷第2砂防えん堤が計画されました。この堰堤近くには東海自然歩道が通っているため、特に景観との調和を図る様々な工夫がなされていますので、まるで自然の滝のような情緒が感じられませんでしょうか。

本巣市(旧根尾村)

本巣市(旧根尾村)

能郷谷第3砂防堰堤

能郷谷第3砂防堰堤
昭和59年完成

この堰堤は国内においても例を見ない大型鋼製スクリーンダムです。堰堤が格子のスクリーン状になっており、普通時には川の流れにほとんど影響を与えませんが、大量の土砂がいっぺんに流れて来た時にしっかりと土砂を食い止めるようになっているのです。

ヌクミ谷第1砂防堰堤

ヌクミ谷第1砂防堰堤
平成11年完成 旧根尾村水鳥地区

このえん堤は、スリットえん堤とよばれる構造が採用されています。スリット堰堤は中・小規模程度の洪水時には降りてきた土石流を適度に下流に流し、堰堤が土砂で一杯になってしまう事がありません。大洪水時にはそのスリットにより土砂をせきあげ、土砂を一時的に溜める働きを持っているのです。

© 2018 Etsumi Sankei Sabo Office, Chubu Regional Development Bureau, MLIT / All rights reserved.

ページトップ