本文へ国土交通省中部地方整備局

ここから本文東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会

 平成17年8月のハリケーン・カトリーナによる米国ニューオーリンズでの大規模な高潮被害を受け、わが国のゼロメートル地帯の高潮対策のあり方について考える「ゼロメートル地帯の高潮対策検討会」(本省)が設置され、わが国の高潮対策は如何にあるべきか議論され、平成18年1月に提言が出されました。この提言では、三大湾(東京湾、伊勢湾、大阪湾)において地域協議会を設置することが位置づけられ、国、地方自治体、施設管理者等の関係機関が共同し、危機管理行動計画を策定することが求められました。その提言を受け、濃尾平野のゼロメートル地帯においては、「東海ネーデルランド高潮・洪水地域協議会」を設置し、計画規模や現況施設の整備水準を超える規模の高潮・洪水が発生し、大規模浸水が生じた場合の被害を最小化するための危機管理行動計画を関係機関が共同して策定することとなりました。

【参考】

【東海ネーデルランドとスーパー伊勢湾台風について】

 「ネーデルランド」とは、オランダ語でオランダ本国のことを指し、「低地地方」を意味する言葉です。本協議会では、愛知、岐阜、三重の3県に跨る日本最大の面積を有するゼロメートル地帯を「東海ネーデルランド」と名付けました。
 また、「スーパー伊勢湾台風」とは、昭和34年の伊勢湾台風を超える、これまでわが国で観測された最大規模の台風(1934年室戸台風級)が伊勢湾岸地域に対して最悪のコースをたどった場合の台風と定義しました。このスーパー伊勢湾台風が東海ネーデルランドに来襲した場合の被害最小化策を協議会で議論し、危機管理行動計画を策定いたします。

【報告】危機管理行動計画(第四版)策定

令和2年4月24日、危機管理行動計画(第四版)が策定されました。
地域協議会規約 (PDF 119 KB)

※リンクを右クリックでダウンロードしてください。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

TNT関係機関タイムライン(案)

地球温暖化に伴う影響が懸念される昨今、巨大台風による大規模水害は明日起こるかもしれません。甚大な人的被災や都市機能が停止するような大規模な浸水の発生を前提として、対応力を強化する必要があります。

このため、科学的知見に基づき、広大なゼロメートル地帯を有する濃尾平野の大規模水害のリスク評価を速やかに行い、国民に周知するとともに、地方公共団体、民間企業と連携し、台風情報等を活用した災害対応の防災行動計画(タイムライン)を策定・共有し、災害対応後にその内容を検証・改善する仕組みを構築する必要があります。

危機管理行動計画(第四版)では、TNT関係機関タイムライン(案)を示しています。

@避難(情報)(282 KB)
A避難(交通)(258 KB)
B救援・支援関係機関(235 KB)
Cライフライン関係機関(283 KB)

このタイムラインは、一つの考え方として任意に設定した条件に基づいて規範として作成した行動内容の一例です。このため本タイムラインに基づき各機関が行動しなければならないといった性質のものではありません。

【報告】大規模水害対策レポート策定

 平成29年5月30日に開催しました第30回作業部会にてTNT大規模水害対策レポート01が策定されました。
 本レポートは、必要に応じて改善を目指し、次期「危機管理行動計画」に反映します。


ニュースレター (地域協議会、作業部会、現場ウォッチング)

【ニュースレター】

関連情報




↑ページのトップへ戻る