HOME新設・改築事業 > 伊駒アルプスロード


伊駒アルプスロードの概要

国道153号伊駒アルプスロードは、現国道153号の交通渋滞の緩和、中央自動車道の代替ネットワークの確保及びリニア中央新幹線による観光活性化効果の広域波及を目的に計画された道路です。



伊駒アルプスロードの位置図


位置図
画像を大きく拡大



完成イメージ


完成地図
画像を大きく拡大


駒ヶ根市から望む伊駒アルプスロード
伊駒完成1

伊那市側から望む伊駒アルプスロード
伊駒完成2



諸元


起点終点 起点:駒ヶ根市赤穂(こまがねしあかほ)
終点:伊那市美篶(いなしみすず)
延長 11.6Km
道路規格 3種2級
設計速度 60Km/h
車線数 4車線


伊駒の整備効果


効果1 渋滞緩和による企業の生産性向上

国道153号の生活交通と通過交通を分離するとともに、 バイパスにより天竜川を渡河することで、国道153号 の渋滞緩和及び沿線企業の生産性向上を図ります。



伊駒効果図1



効果2 中央自動車道の代替路の確保

中央自動車道の災害・事故等に伴う通行止めに対し、 並行する国道153号を強化し、信頼性の高い道路ネッ トワークを形成します。



伊駒効果図2



効果3 南北軸の強化による観光支援

リニア中央新幹線長野県駅の開業を見据え、南北 アクセスを強化することで、地域観光を支援します。



伊駒効果図3
画像を大きく拡大



伊駒の課題


課題1 渋滞により円滑な交通に支障

  • 国道153号の駒ヶ根市~伊那市の区間では朝夕の通勤時間帯を中心に渋滞が発生しています。
  • この渋滞により、沿線企業への物資の運搬や救急活動に支障をきたしています。

伊駒課題図1 画像を大きく拡大


伊駒課題図2 画像を大きく拡大



課題2 中央自動車道の代替ネットワークの確保

  • 国道153号に並行する中央自動車道では、土砂災害や積雪、事故等による通行止めが毎年発生しています。
  • 中央自動車道からの迂回車両が国道153号に流入することにより、渋滞が引き起こされています。

伊駒課題図2 画像を大きく拡大



課題3 リニア中央新幹線による観光活性化効果の波及

  • リニア長野県駅の開業に伴い、更なる観光客増加が期待され、リニア効果を広域に波及するため南北方向の交通アクセス強化が課題となっています。

伊駒課題図3 画像を大きく拡大



伊駒アルプスロード通信


パンフレット


※下のパンフレットをクリックすると、PDF形式(27.3MB)で表示されます。

パンフレット

Copyright © 国土交通省中部地方整備局飯田国道事務所 All rights reserved.

topへアイコン