岐阜国道事務所トップページへ

文字サイズの変更:標準特大
サイト内検索

岐阜国道事務所トップページへ

東海環状自動車道

概要

  • 国道475号 東海環状自動車道は、愛知県、岐阜県、三重県の3県に跨がる延長約153kmの高規格幹線道路。
  • 中京圏の放射状道路ネットワークを環状道路で結び、広域ネットワークを構築することで、企業活動の向上、物流の効率化、観光活性化等の様々なストック効果が発揮されています

●環状道路の機能

■分散導入機能

郊外から都心部への交通を分散して導入する複数のルートを確保

■バイパス機能

都心に起終点を持たない通過交通をバイパスさせ、場内交通と分離

■迂回機能

災害や事故、大規模な工事による交通規制、あるいは交通混雑があった場合など、迂回誘導が可能

●諸元

延長/約100km(内岐阜国道担当約75km)美濃加茂市・加茂郡八百津町境~岐阜・三重県境

規格/1種2級

設計速度/100km/h

車線数/4車線

幅員/23.5m

●標準断面図