伊勢神改良

幹線道路としての機能確保をめざす改良事業

国道153号 伊勢神改良

豊田市明川町から小田木町にかけての、国道153号伊勢神トンネルは、昭和35年に供用しましたが、トンネル断面が不足しているため、大型車両同士のすれ違いが困難な状況となっています。
また、この伊勢神トンネルの前後には、急カーブ・急勾配の区間があり、無理な追い越しなどによる交通事故が発生するなど、この区間の通行車両が事故を起こす危険性が高い区間となっています。
大型車両同士のすれ違い困難を解消し、急カーブ・急勾配を回避して、幹線道路としての機能を確保するために伊勢神改良事業を進めています。

大型車両同士のすれ違い状況
大型車両同士のすれ違い状況
急カーブ・急勾配箇所
急カーブ・急勾配箇所
伊勢神改良位置図
伊勢神改良位置図

国道153号伊勢神改良 中心杭打ち式(平成25年2月16日)

セレモニー
セレモニー:中心杭打ち

中心杭打ち式

  • 主催:国道153号伊勢神改良中心杭打ち式実行委員会(実行委員長:豊田市長)
  • 事業の開始を広くお知らせするとともに、円滑な事業の推進を祈念して「中心杭打ち式」を開催しました
  • 総勢約220名が参加し盛大に執り行われました
次第表紙
次第表紙 JPG(119KB)
次第
次第 JPG(66KB)
次第
会場入り口(足助交流館)
国道153号伊勢神改良 中心杭打ち式  会場
国道153号伊勢神改良 中心杭打ち式 会場
事業者挨拶中部地方整備局 梅山局長
事業者挨拶
中部地方整備局 梅山局長
事業概要報告名古屋国道事務所 岩崎所長
事業概要報告
名古屋国道事務所 岩崎所長
中心杭打ちセレモニーに先立ち測量(デモンストレーション)による杭位置の確認
中心杭打ちセレモニーに先立ち
測量(デモンストレーション)による杭位置の確認
中心杭打ち1
中心杭打ち1
中心杭打ち2
中心杭打ち2

中心杭打ちは地元小学校の児童も参加して行われました。

意見交換会

中心杭打ち式の後には、地元7団体主催による「意見交換会」が行われました。

意見交換会に先立ち行われた地元小学校児童による和太鼓の演奏
意見交換会に先立ち行われた
地元小学校児童による和太鼓の演奏
国道153号伊勢神改良 意見交換会
国道153号伊勢神改良 意見交換会

パネル展

会場後方にて、東日本大震災のパネル展を実施しました。

パネル展1
パネル展1
パネル展2
パネル展2