天龍峡大橋 天空にそびえたつ孤高の橋

天龍峡大橋のご紹介

次へ

天龍峡大橋について

名勝天龍峡の自然との調和のために ~国内一扁平な上路アーチ~
名勝天龍峡の自然との調和のために
~国内一扁平な上路アーチ~
天龍峡大橋は、中央道から新東名を接続する三遠南信自動車道が、飯田市内で一級河川天竜川を渡河する橋長280m、アーチ支間210mの鋼上路式アーチ橋(バスケットハンドル型固定アーチ)です。
架橋地の一部は、文化財保護法により国の重要文化財に指定される「名勝天龍峡」であり、名勝地を横断する自動車専用道の架橋事業は前代未聞のプロジェクトでした。
この名勝の歴史ある良好な景観との調和を図るため、峡谷のV字地形に収まり、背後のスカイラインを阻害しない「鋼上路式アーチ橋」を選定しました。
さらに、峡谷を一機に跨ぐ扁平なアーチ構造として、下部工の基数を最小限として自然改変を最大限抑制しました。 ちなみに、天龍峡大橋のアーチ支間・ライズ比11.0は、国内で最も扁平なアーチ橋として位置づけられます。
2019年(令和元年)11月17日開通。
扁平アーチとバスケットハンドル型アーチによる3次元的造形美
扁平アーチとバスケットハンドル型アーチによる3次元的造形美
天龍峡大橋の橋面はR=470~1700mの平面曲線を有しているため、2本のアーチリブが均等に荷重を支持することが基本であるアーチ橋には不向きの条件でした。
この曲線の道路線形に対応するため、曲線の道路線形に沿って配置した補剛桁に対し、曲線の橋面と平面曲率を合わせたバスケットハンドル型アーチリブを組み合わせることで、シンプルかつ3次元的に美しい独特の造形を創出しました。
構造的には、床版張り出し長を左右で調整して2本のアーチリブに作用する荷重の均等化を図ることで、構造の合理化、アーチ閉合作業の容易化を両立させています。
鋼上路式アーチ橋では日本唯一となる桁下歩道~名勝の活用のために~
鋼上路式アーチ橋では日本唯一となる桁下歩道
~名勝の活用のために~
桁下の歩道構造は、名勝の活用・地域の活性化に資するため、橋梁検査路兼用で計画したものです。
名勝天龍峡南半部を周遊できる新たな遊歩道の一部となり、天竜川からの高さは約80mで名勝の景を楽しめる新しい空間を創出しました。
構造的には、補剛桁横桁とアーチクラウンの間に納まる構造とし、橋本体構造や景観に悪影響を及ぼさないこと、利用者に対するバリアフリー、展望部の確保などに配慮しました。
橋に秘められた様々な景観への配慮
橋に秘められた様々な景観への配慮
橋の色彩は、「四季を通じて周辺の景観に調和する」色彩として現地調査を重ね、日本古来の伝統色「山鳩色」を選定したほか、自然環境への配慮として周囲への夜間の光漏れを最小化するための壁高欄埋込み照明の採用など、名勝への存在感・圧迫感の軽減のため細やかな配慮を行っています。
平成30年度土木学会田中賞
(作品部門)受賞
平成30年度土木学会田中賞(作品部門) 土木学会田中賞(作品部門:新設)は、橋梁およびそれに類する構造物の新設において、計画・設計・制作・施工・維持管理などの面において優れた特色を有すると認められるものが選考され、橋梁分野で最も権威がある賞とされています。
天龍峡大橋は「名勝天龍峡の自然との調和のため、扁平なアーチと曲線補剛による3次元的造形を実現させたことが、今後の橋梁建設に貢献するもの」と認められ受賞に至っています。
曲線の橋面にバスケットハンドル形のアーチを組み合わせた独自の造形は、おそらく世界的にも初の実績と考えられ、地域に末永く愛される橋梁となることを期待するところです。
次へ

橋梁諸元

天龍峡大橋
構造形式 鋼上路式アーチ橋(PC床版)
(バスケットハンドル型固定アーチ)
橋  長 280m(アーチ支間 210m※国内第6位)
道路規格 第1種第3級 設計速度 V=80km/h
設計荷重 B活荷重(B種の橋)
有効幅員 12.0~13.0m
平面線形 R=1700m~ A=215m~ R=470m
縦断線形 3.84%
横断勾配 2.0%~6.0%(片勾配)
桁下歩道 有効幅員2m(飯田市道)
架設工法 ケーブルエレクション斜吊架設
使用鋼量 約3800t
適用基準 道路橋示方書・同解説(平成24年3月)
天龍峡大橋の詳細図
天龍峡大橋の詳細図はこちらよりご覧ください
次へ

架設工法について

天龍峡大橋がどのような工程で完成したのか、詳しく解説
次へ

三遠南信地域について

史跡名勝天然記念物「名勝天龍峡」の南端を横断
三遠南信地域交通アクセスマップ
三遠南信地域

愛知県東部の東三河地域を「三」、
静岡県西部の遠州地域を「遠」、
長野県南部の南信州地域を「南信」
とした、3県の県境にまたがる地域です。

三遠南信自動車道について

東三河・遠州・南信州の各地域を約100kmの延長でつなぐ「三遠南信 自動車道」は、新東名自動車道と中央自動車道を結ぶ広域ネットワークを構築するとともに、災害に強い道路機能の確保、救急医療活動の支援、地域活性化の支援を目的として計画された道路であり、今後地域に大きな役割を果たすことが期待されています。

飯喬道路

飯喬道路は、三遠南信自動車道の起点である飯田市山本の中央自動車道から、同市上久堅の飯田上久堅・喬木富田ICを経て、喬木村の喬木ICに至る、延長22.1kmの自動車専用道路です。 当該地域は天竜川の河成段丘が発達した起伏の激しい地形のため、やむを得ず、ルートを南側へ迂回し、文化財保護法の定める史跡名勝天然記念物「名勝天龍峡」の南端を横断する計画としました。

名勝天龍峡について

天竜川の浸食によって造りだされた、南北約2kmにわたる峡谷の美しい景観です。
奇岩断崖、アカマツやカエデ、サクラなど峡谷を彩る木々、天竜川の流れと川下り舟が水墨画のような峡谷美を織りなしています。
遊歩道を散策すると、四季折々の峡谷美を手軽に楽しむことができます。
そして、天龍峡を余すことなく鑑賞するには、川下り舟が最適です。
天龍峡の名は、江戸時代の弘化4年 (1847)4月29日、儒学者の阪谷朗廬(さかたにろうろ)が、岩を砕く激流と高い断崖の景観をほめたたえ、峡谷を流れる大河の名をとって命名しました。

※報道等では常用漢字の「竜」が用いられますが、指定時の名称は旧字体の「龍」が用いられています。 文化財(名勝)の固有名詞としては「天龍峡」が正しい名称となります。 一方、JR駅名等では「天竜峡」が固有名詞として用いられています。

名勝天龍峡について
天龍峡温泉観光協会 TEL.0265-27-2946
http://www.tenryukyou.com/
名勝天龍峡アクセスマップ
天龍峡大橋とその橋下の歩道「そらさんぽ天龍峡」のご案内
次へ

アクセスマップ

広域マップ

フォトギャラリー

パンフレット・ダウンロード

※ページでご覧いただけるパンフレットは、PDF形式となります。
天龍峡パンフレットPDF
トップへ