ホーム 事業紹介 新設・改築事業 国道139号富士改良

国道139号富士改良

概要

国道139号富士改良は、富士市内の南北軸を形成する国道139号を国道1号富士由比バイパスと接続させることで、市街地部の交通混雑の緩和を図ることを目的に計画された延長1.6kmの道路。


map


令和4年度の主な事業内容

  • 調査推進 :調査設計(協議用資料作成等)
  • 用地買収推進 :蓼原地区用地買収、移転補償
  • 工事推進 :蓼原跨線橋上部工、蓼原跨線橋ほか下部工

整備効果

所要時間の短縮



■富士市街地から国道1号へのアクセス性向上
《富士市街地~国道1号までの信号交差点数》
《富士市街地~国道1号へのアクセス時間短縮》


交通安全の確保


■並行路線((都)田子浦伝法線・(県)富士停車場線・国道139号現道)の事故削減効果


パンフレット

パンフレットダウンロード(2022年4月)


令和3年7月20日「一般国道の指定区間を指定する政令の一部改正する政令」について(本省HPリンク)

国道139号富士改良区間の管理者が静岡県から国土交通省に変わります。



令和3年11月28日・29日 富士市内道路事業のオープンハウスを開催します。

ご案内



平成28年3月開通
((都)津田蓼原線~(県)富士由比線)について

平成28年3月開通の潤井川を渡河する橋梁名称が「富士山夢の大橋」に決定致しましたので報告致します。

広報資料


工事状況写真

平成28年3月(開通) 富士山夢の大橋


過去の資料



事業進捗状況

令和4年8月下旬

過去の進捗状況はこちら



このページのお問い合わせ先はこちら
静岡国道事務所 計画課