河川愛護
 7月は河川愛護の思想を広める河川愛護月間です。この運動は、身近な自然空間である河川への国民の関心の高まりに応えるため、地域住民、市民団体と関係行政機関等による流域全体の良好な河川環境の保全、再生への取り組みを積極的に推進するとともに、国民の河川愛護の意識を醸成することを目的としております。
 河川愛護ポスター
 河川愛護の活動として、平成13年度から毎年、川について関心を深め、また、川を大切にする気持ちを高めていただくことを目的に、木曽三川沿いにお住まいの小学生のみなさんから河川愛護ポスター(川に関する絵)を募集します。

【募集要項】 詳細はこちら(クリックしてください。)

・募集内容: 河川愛護に関するポスター
「川をきれいに」「川を大切に」等の標語を入れて、八つ切り画用紙(よこ指定)に描いてください。
・応募資格: 小学生に限ります。
・募集期間: 令和2年4月1日(水)から6月5日(金)まで
・提出方法: 木曽川下流河川事務所または最寄りの出張所に持参又は郵送してください。
・その他: 応募のあった全ての作品について、河川に設置する看板として使用します。
また、ポスター展を開催し展示します。

令和元年度の状況

ポスター展の様子

木曽三川公園センター『水と緑の館』にて開催 (7月1日〜31日)

令和元年度の状況

愛護看板を作成

 不法投棄防止看板  応募いただいたポスターは、看板にして河川愛護に関する啓発活動や、ゴミの不法投棄防止の抑止活動に使用させていただきます。特にゴミの不法投棄が多い河川敷等に設置します。

 令和元年度に応募いただいた河川愛護ポスターは、令和元年10月から令和2年6月までの期間、次の場所で看板として活用(設置)しました。
 看板の設置場所はこちら(クリックしてください。)

 河川愛護モニター
 木曽川下流河川事務所では、地域の皆さんとの交流を深めながら、河川愛護の普及啓発を行い、皆さんに愛される川づくりについて一緒に考えていただくため、河川愛護モニターを募集しています。

【応募要項】 詳細はこちら(クリックしてください。)

・モニター期間: 令和2年7月1日から令和3年6月30日まで
・募集人数: 木曽川左岸(木曽川大橋〜立田大橋の区間) 1名
木曽川右岸(木曽川大橋〜船頭平閘門の区間) 1名
・活動の内容: 日常生活において知り得た河川に関する状況や情報について、木曽川下流河川事務所(担当出張所)に報告する。
・応募資格: モニター区間近隣にお住まいで、河川に接する機会が多く河川愛護に関心のある、20歳以上の方
・応募方法: 応募用紙にご記入のうえ、木曽川下流河川事務所占用調整課あてに、郵便またはFAXで送信してください。
応募用紙はこちら Excel ・ PDF(クリックしてください。)
・募集期限: 令和2年5月8日(金) 

モニター活動が始まりました。


2名の方に河川愛護モニター委嘱書を交付しました。
一年間よろしくお願いします。(令和元年7月3日)
 
委嘱書交付式の後、意見交換や活動内容等の
説明会を行いました。

河川愛護モニター研修を実施しました(令和元年度の実施状況)

河川愛護モニターの方に河川および河川管理に関する知識を深めていただくため、河川愛護モニター研修を毎年実施しています。
今年度は、令和元年11月14日(木)に実施。事務所管内の治水事業箇所のうち2箇所見学していただき、その後は事務所にて、河川愛護モニターのお二人と職員が日頃のモニター活動で感じている事などについて意見交換を行いました。

現場見学の1箇所目は、「木曽川鍋田上水門整備工事」です。
木曽川鍋田上水門の施行箇所を見学し、事業の目的や施行方法など、たくさんの質問をいただきました。

2箇所目は、「不法係留船対策現場(油島)」の対策箇所の見学を行いました。
昨年度実施した不法係留船舶の簡易代執行の実施状況や不法係留船舶の隻数の推移等について、熱心に説明を聞かれていました。

       

3箇所目は、事務所において、防災関係の取り組みに関する災害支援(TEC-FORCE)や危機管理水位計の設置等について、熱心に説明を聞かれていました。

 
国土交通省 中部地方整備局 木曽川下流河川事務所
〒511-0002 三重県桑名市大字福島465  TEL:0594-24-5711(代表) FAX:0594-21-4061(代表)

copyright c 2016 国土交通省 中部地方整備局 木曽川下流河川事務所. all rights reserved.