ダム内部/国土交通省 長島ダム

長島ダムの施設 ダム内部

1.監査廊 2.エレベーター 2.エレベーター 3.ゲート室 4.観測室(プラムライン室) 5.観測室(地震計)

1. 監査廊

監査廊 堤体内部のパトロールやダム修繕、ダム操作などのために使用する通路。照明設備や配線ラック、また上下に移動するための急勾配の階段があります。

2. エレベーター

エレベーター 長島ダムは、2基のエレベーターがあります。エレベーターの1つは、ダムの最上部と最深部を結び、もう一つは最上部と地下2階までを連結しています。

3. ゲート室

ゲート室 治水放流設備の1つ(たくさんの水が流入したときに使うゲート)と、ゲート操作機器が設置されているところ。長島ダムには日本最大級の放流能力を持つゲー トが6門設置されています。

4. 観測室(プラムライン室)

観測室(プラムライン室) ダムの変形量を把握するための計測機器が設置された部屋。ダムの最上部から底部までワイヤーでおもりをぶら下げ、その位置の変化からダム全体の動きを計測 します。

5. 観測室(地震計)

曝気設備 ダムサイトの周辺で発生した地震の状況を計測します。監査廊の基礎部とダム天端付近等の4箇所に設置されています。