トップページ丸山ダムの紹介>丸山ダムのあゆみ

丸山ダムのあゆみダム用語集

・丸山ダムの歴史について紹介しています。


   長い木曽川の流れのなかで、みんなの暮らしを支えてきた丸山ダム。
   完成してからもう60年あまりがたっています。
   ここでは、丸山ダムのあゆみについて振り返ってみることにしましょう。

 1943  昭和18年10月  日本発送電(株)により着工。
 1944  昭和19年5月  太平洋戦争により工事中止。
 1951  昭和26年5月  電力再編成により関西電力(株)が承継。
    昭和26年9月  本格的に工事着工。
 1952  昭和27年6月 年表使用写真 建設地点全景 丸山ダム建設地点全景。
      昭和27年9月 年表使用写真 ダム左岸骨材プラント ダム左岸骨材プラント。
 1953  昭和28年12月 年表使用写真 丸山ダム建設状況 丸山ダム建設状況。
 1954  昭和29年4月  関西電力(株)による発電業務開始。
        昭和29年7月  建設省による洪水調節業務開始。
 1956  昭和31年3月 年表使用写真 丸山ダム全工事完了 管理設備完成により、丸山ダム
 の全工事が完成。
     昭和31年7月 年表使用写真 丸山蘇水湖遊船事業開始 丸山蘇水湖遊船事業開始。
 1961  昭和36年6月  梅雨前線豪雨により最大*流入量約5,000m3/sが発生。 
 このうち200m3/sを調節しました。
 1964  昭和39年9月  台風20号により最大流入量約6,100m3/sが発生。 
 このうち約1,300m3/sを調節しました。
 1969  昭和44年8月  台風7号による出水により大量の流木が漂着。
 1971  昭和46年5月  新丸山発電所発電開始。(関西電力(株))
 1972  昭和47年7月 年表使用写真 梅雨前線豪雨 梅雨前線豪雨により最大流入量
 約5,760m3/sが発生。 
 このうち約1,000m3/sを調節し
 ました。 
 1983   昭和58年9月 年表使用写真 既往最大入流量・浸水災害 台風10号により*既往最大流入
 量8,200m3/s。
 美濃加茂市、坂祝町、八百津町
 など浸水被害。
 1986  昭和61年4月  新丸山ダム嵩上げ建設事業着手。
 1993  平成5年7月  梅雨前線豪雨により5,700m3の流木が漂着。
 1994  平成6年4月  ダム放流制御装置本格運用。
 1999  平成11年7月 年表使用写真 八百津橋 梅雨前線による豪雨により最大
 流入量約5,100m3/sが発生。
 このうち約400m3/sを調節しま
 した。この調節によりダム下流
 3kmの地点では水位が50cm低
 下ました
 2004  平成16年1月  ダム湖畔に不法に設置された釣り小屋90軒を撤去(一部簡
 易代執行)
 2016  平成28年3月  丸山ダム完成60年周年

             * 流入量・・・ダムに入ってくる水の量。
             * 既往最大
・・・過去でもっとも大きいこと。

先頭へ

トップページ丸山ダムの紹介>丸山ダムのあゆみ