国道23号中勢バイパス

地域のさらなる発展に向けて

国道23号は、三重県の南北方向を結ぶ幹線道路で、産業・観光における大動脈として、また地域の生活道路として重要な役割を果たしています。しかし、現在の国道23号は、多方面からの交通が集中することにより、主要交差点では渋滞が発生しています。中勢バイパスは、鈴鹿市を起点として、津市を経由し松阪市へ至るバイパスで、国道23号の交通渋滞解消とバイパス周辺の適切な土地利用を促し、地域経済の発展に資するために計画された道路です。
全線33.8kmのうち、約31km(約92%)が開通しています。今後の早期開通を目指し、事業を推進していきます。

中勢バイパス 区間地図

クリックすると、大きな画像が表示されます

関連ページ

計画諸元

路線名 一般国道23号
事業箇所名 中勢バイパス
事業区間 鈴鹿市北玉垣町~松阪市小津町
延長 33.8km
構造規格 3種1級
設計速度 80km/h(暫定60km/h)
標準断面図

標準断面図

事業の経緯

平成30年度 鈴鹿・津工区 延長2.9km 暫定開通
平成26年度 津(野田)~津(久居)工区 延長6.00km 暫定開通
平成25年度 鈴鹿(稲生)工区 延長1.80km 暫定開通
平成23年度 津・松阪工区 延長3.90km 暫定開通
津(河芸)工区 延長0.90km 暫定開通
平成19年度 鈴鹿・津工区、津(神戸)工区事業化
松阪工区 延長2.80km 暫定開通
平成18年度 津(野田)工区 延長0.77km 暫定開通
平成17年度 鈴鹿(御薗)工区 延長0.95km 暫定開通
平成16年度 津(久居)工区事業化
平成15年度 津(野田)工区 延長1.13km 暫定開通
大里交差点立体化
平成12年度 津(河芸)工区 延長4.1km 暫定開通
平成09年度 津(河辺)工区 延長1.98km 暫定開通
平成07年度 松阪工区事業化
平成06年度 鈴鹿(安塚、稲生)工区事業化
津(河辺)工区 延長2.37km 暫定開通
平成05年度 鈴鹿(御薗)工区 延長1.35km 暫定開通
平成03年度 鈴鹿(御薗)工区、津(河芸)工区事業化(延伸)
平成元年度 津(河芸)工区事業化
昭和63年度 鈴鹿(御薗)工区、津・松阪工区事業化
埋蔵文化財調査及び工事着手
昭和61年度 用地買収着手
昭和59年度 津(河辺、野田)工区事業化
昭和58年度 都市計画決定(昭和58年4月15日)

国道23号中勢バイパス 整備効果

整備効果1 アクセス性の向上

地域間のアクセス性の向上

北勢地域と伊勢志摩、東紀州への所要時間が国道23号通行時に比べ約30分短縮します。
これにより円滑な物流、地域間の交流を支えるほか伊勢神宮をはじめ、伊勢志摩、東紀州の観光拠点へのアクセス性向上による観光産業への支援が期待されます。

地域間のアクセス性の向上
空港・港湾へのアクセス向上

日本の玄関口のひとつである中部国際空港や、名古屋港、四日市港へのアクセスが向上し、中勢地域をはじめ、三重県の国際競争力の強化が期待されます。

整備効果2 津都市圏の交通環境の改善

国道23号・中勢バイパスが一体となった環状機能を発現します。
これにより津市街地内を通過する車両は、中勢バイパスを通行し、市街地内の渋滞の緩和・解消、事故の削減などが期待されます。
また、土砂災害や、集中豪雨・津波による道路の冠水など、山側、海側の災害リスクが小さい位置を通過しており、災害時には、緊急物資輸送路としての役割が期待されます。

津都市圏の交通環境の改善
津都市圏の交通環境の改善

クリックすると、大きな画像が表示されます

国道23号の渋滞状況 大倉交差点

国道23号の渋滞状況 大倉交差点

冠水した道路 (国道23号上浜町2交差点)H16.9.29

冠水した道路
(国道23号上浜町2交差点)H16.9.29

整備効果3 安心できる暮らしの確保

救急医療患者の円滑・安全な搬送が実現します。救急・消防活動の時間短縮により、救命効果が期待されます。

救急医療の連携支援
救急医療の連携支援
地元の声

松阪市嬉野管内(嬉野中川町、嬉野新屋庄町地区)から救急の患者を搬送する際、揺れが少なく患者への負担も少なく、信号がないため安全で非常に走りやすかった

整備効果4 地域活性化支援

工業団地、住宅団地等の民間開発を支援し、地域活性化に貢献します。

中勢北部サイエンスシティ H29年撮影

中勢北部サイエンスシティ H29年撮影

工業団地、住宅団地等の民間開発

クリックすると、大きな画像が表示されます