トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > Q&A・用語集

用語集


【河川一般】
河川整備基本方針(かせんせいびきほんほうしん) :長期的な河川整備を水系毎に河川管理者(国や都道府県)が全国的な整備バランスで、水系全体を見渡して定める必要がある事項(基本高水流量計画高水流量など)を示した河川工事および河川維持についての基本となるべき事項。
   
河川整備計画
(けいかく)
:河川整備基本方針に沿った当面(今後20〜30年)の河川整備の具体的な内容を定め、計画的な実施の基本となるもの。河川改修や河川維持等のハード対策だけでなく、洪水ハザードマップ等のソフト対策も含める。
   
基本高水(こうすい)流量 洪水を防ぐための計画で、基準とする洪水のハイドログラフ(流量が時間的に変化する様子を表したグラフ)のこと。人工的な施設で洪水調節が行われていない状態で、流域に降った計画規模の降雨がそのまま河川に流れ出た場合の河川流量を表現している
   
計画高水流量 :基本高水流量を河道と各種洪水調整施設に合理的に配分した結果として求められる河道を流れる量のこと。基本高水流量から各種洪水調節施設(ダムや遊水池など)での洪水調節量を差し引いた流量である。
   
計画高水位 :計画高水流量を安全に流すことのできる水位
   
H.W.L :ハイウオーターレベル(High Water Lebel 略)計画高水位のこと。
   
・流下(りゅうか)能力 :河川において、流すことが可能な最大流量を言う。
   
河川改修(かいしゅう) 洪水、高潮などによる災害を防止するため、築堤・引堤・掘削など河川断面を確保する行為。
   
築堤(ちくてい) :洪水時の流れを河川の中に閉じこめて、河川の外への氾濫(はんらん)を防ぐことを目的に、河川に沿って造られる構造物。
   
堀込河道(ほりこみかどうてんば) :護岸天端(てんば)(堤防の頂部)が、周囲地盤と同一もしくはそれより低い所に位置し、河道が周囲より低い河道。
   
河床掘削(かしょうくっさく) :川底を掘りさげる行為。
   
浚渫(しゅんせつ) 洪水、高潮などによる災害を防止するため、河道内の土砂を掘削し他の場所へ移動する行為。
   
ハード対策(たいさく) :洪水被害を軽減する対策の内、河床掘削築堤などの河川改修工事
   
ソフト対策 :洪水被害軽減対策のうち、ハザードマップの作成・公表や雨量・水位情報の提供などのこと。
   
河川管理者(かんりしゃ) :河川は公共に利用されるもので、その管理は安全に保持するよう適正に行われなければならない。そのため管理に権限とその義務を負う者が河川管理者と言う。
一級河川・・・国土交通大臣(河川法第9条第1項)
二級河川・・・都道府県知事(河川法第10条)
準用河川・・・市町村長(河川法第100条第1項による規定準用)
   
一級(いっきゅう)河川 一級水系に係わる河川で、国土交通大臣が指定した河川のこと。
   
二級(にきゅう河川) 二級水系に係わる河川で、都道府県知事が指定した河川のこと。
   
準用(じゅんよう)河川 :河川法の規定の一部を準用し、市町村長が管理する河川のこと。
一級水系、二級水系、単独水系にかかわらず設定されている。
   
普通(ふつう)河川 :市町村長が管理する一級河川二級河川準用河川以外の小河川。
   
一級水系(すいけい) :国土交通大臣が管理し、国土保全上または国民経済上、重要な水系。
   
二級水系 :都道府県知事が管理する一級水系以外の二級水系のこと。
   
単独(たんどく)水系 :一級水系、二級水系以外の水系のこと。
   
流域(りゅういき) :降雨や降雪がその河川に流入する全地域(範囲)のこと。
   
・右岸、左岸(うがんさがん) :河川を上流から下流に向かって、右手側を右岸、左手側を左岸。
   
本川(ほんせん) :流量、長さ、流域の大きさなどが、もっとも重要と考えられる河川。
   
支川(しせん) 本川に合流する河川のこと。
本川の右岸側に合流する支川は「右支川」、左岸側に合流する支川を「左支川」、また、本川に直接合流する支川を「一次支川」、一次支川に合流する支川を「二次支川」と言う。
   
河川区域(くいき) :一般に堤防の川裏の法尻から、対岸の堤防の川裏の法尻までの間で河川の役割を持つ範囲。河川法が適用される区域でもある。
   
河川管理施設(しせつ) :ダム、堰堤、水門、堤防護岸、床固、その他河川の流水によって生じる公利を増進し、または公害を除却し、もしくは軽減する効用を有する施設(河川法第3条第2項)。
   
河川許可工作物(きょかこうさくぶつ) 河川区域の中において、工作物を新築、改築、除去する場合には、 河川管理者より許可(河川法第26条第1項)を受ける必要があり、その許可を受けた工作物のこと。
なお、河川管理施設以外の工作物を存置させるには、別途占用許可を受ける必要がある。
   
水利権(すいりけん) :水を使用する権利のこと。これは歴史的、社会的に発生した権利。
現在では、河川法第23条で河川の流水の占用権を国土交通省令によって認められたものを許可水利権と言う。それ以前に認められたものは慣行水利権と言う。
   
慣行水利(かんこうすいり) :水を事実上支配していることをもって、社会的に使用を承認された権利。
   
堰(せき) :農業用水、工業用水、水道用水などの水を河川から取るために、河川を横断して水位を制御する施設。
   
堰堤(えんてい) :河川や渓谷を横断して、水流や土砂をせき止めるために築いた堤防
   
堤防(ていぼう) :計画高水位以下の水位の流量を安全に流下させることを目的として左右岸に築造されるもの。構造は、特別な事情がある場合を除き、ほとんどの場合、盛土による。
   
護岸(ごがん) :河川を流れる水の作用から河岸や堤防を守るために、川側斜面(表法面)に設けられる施設のこと。
   
樋管(ひかん) :用水の取り入れ、悪水の排水などのために、堤防を横断する暗渠(あんきょ)の こと。樋門と樋管の区別は、明瞭ではありませんが、比較的大きいものを樋門、小さいものを樋管と言っている。
   
堤内(ていない)地 堤防によって護られる川裏側の土地のこと。
   
堤外(ていがい)地 :河道内の土地のこと。
   
瀬(せ) の間をつなぐ比較的まっすぐな区間で、水深の浅い場所。
山中の渓谷のように流れが速く白波がたっているものを「早瀬(はやせ)」、下流部の波立ちのあまり見られないものを「平瀬(ひらせ)」と言う。
   
淵(ふち) :河川が蛇行してできる水深の深い場所。滝や人工的に造られた部分の下流側にも深く掘られてできるものがある。
   
みお筋(すじ) :河川の中で、水深の最も深い点を結んだ線のこと。
   
水衝部(すいしょうぶ) :河川の湾曲部などで、水の流れが強くあたる箇所。
洗掘が生じやすいところ。
   
瀬枯(せが)れ みお筋(水の流れ)がなくなった状況のこと。
   
治水(ちすい) :河川の氾濫(はんらん)、高潮等から住民の生命や財産、社会資本基盤を守るた めに洪水を制御する行為。
   
洪水(こうずい) :台風や前線によって流域に大雨が降った場合、その水は河道に集まり、河川を流れる水の量が急激に増大する現象。一般には、河川から水があふれ、氾濫することを洪水と呼ぶが、河川管理上は氾濫を伴わなくても洪水と言う。
   
破堤(はてい) 堤防が壊れ、増水した河川の水が堤内地に流れ出すこと。増水で生じる洗掘、亀裂、漏水(ろうすい)、などが破堤を引き起こす原因。
   
洗掘(せんくつ) :激しい流れや波浪などにより、堤防の川側斜面(表法面)の土が削り取られる状態のこと。
   
越水(えっすい) :増水した河川の水が堤防の高さを超えてあふれ出す状態のこと。
   
浸水想定区域 :洪水時に堤防破堤した場合等を想定し、水理計算により想定される浸水区域を示した地図のこと。
市町が作成する洪水ハザードマップの基礎資料として活用される。
   
洪水ハザードマップ :洪水発生時に想定される浸水区域や浸水の深さ、避難(ひなん)場所などに関する情報を地図にまとめたもの。
洪水の際、円滑かつ迅速(じんそく)に避難するのに必要な事項を住民に周知するため、各市町で作成されたもの。


静岡河川事務所管内
  【安倍川】 【大井川】
流路延長 :約51Km :約168Km
     
流域面積 :約567Ku :約1,280Ku
     
源流部標高 :大谷嶺2,000m
:八紘嶺1,918m
:山伏岳2,014m
:間ノ岳3,189m
:赤石岳3,120m
:農鳥岳3,026m
     
河口との標高差 :約2,000m :約3,000m
     
主な支川名 :丸子川
:藁科(わらしな)川
:足久保川
:中河内(なかごうち)川
:三郷(さんごう)川
:コンヤ沢
:大津谷(おおつや)川
:大代(おおじろ)川
:伊久美川
:笹間川
:家山川
:寸又川
     
ダム施設の特徴 :土砂災害から人命と財産を守る為の砂防堰堤が多くある :生活に必要な電力発電用のダム堰堤が多くある
     
堰堤ダム名称等
(主なもの)
:大河内(昭和26年完成)
:金山(かなやま)(昭和31年完成)
:新田(昭和35年完成)
:湯の島(昭和43年完成)
:大島(昭和52年完成)
:西日影(昭和54年完成)
:孫佐島(昭和57年完成)
:本谷(ほんたに)(昭和58年完成)
:蓬(よもぎ)沢(昭和62年完成)
:関の沢(昭和63年完成)
:奥の沢(平成6年完成)
:白沢第2(平成8年完成)
:三郷川第3(平成12年)
:田代第二(昭和3年完東電)
:千頭(せんず)(昭和10年完中電)
:大井川(昭和11年完中電)
:寸又川(昭和11年完中電)
:大間(昭和13年完中電)
:境川(昭和19年完中電)
:奥泉(昭和31年完中電)
:井川(昭和32年完中電)
:笹間川(昭和35年完中電)
:畑薙(はたなぎ)第二
  (昭和36年完中電)
:畑薙第一(昭和37年完中電)
:赤石(平成2年完中電)
:長島(平成14年完国交省)
     
流域の池等 :鯨ヶ池(森奥沢川)
:諸川(もろかわ)池
  (足久保川/諸川沢)
:ひょうたん池(静岡用水)
:駿府公園の堀(静岡用水)
:池ノ沢池(東俣川/池ノ沢)
:駒鳥(こまどり)池
  (奥西河内川/樺沢)
:野守の池(家山川)
:ダム湖
  他にありましたら、情報をください。
     
流域の滝 :鯉ヶ滝(恋ヶ滝/サカサ川)
:安倍の大滝(サカサ川)
:三段の滝(三河内川/東の沢)
:赤水の滝(安倍川)
:天神滝(黒部沢川)
:朝日滝(トイグチ沢川)
:牛妻不動の滝(丹野沢川)
:布沢の滝(中河内川)
:権現(ごんげん)滝(西河内川)
:福養の滝(藁科川)
:大野滝(藁科川/崩野川)
:大鈩(おおただら)の滝
  (丸子川/大鈩川)
:魚止(うおどめの)滝(東俣川)
:枯木戸滝(枯木戸沢)
:ネジレの滝(関の沢川/田代沢)
:不動滝
  (接阻峡(せっそきょう)不動沢)
:不動の滝(下泉河内川/横沢)
:八垂の滝(家山川)
  他にありましたら、情報をください。
     
大谷崩れ 静岡市葵区梅ヶ島地内にあり、日本三大崩れの一つと言われている
1707年(宝永4年)の大地震による崩れで、安倍川源流部
三大崩れの二つは
・鳶山(とびんやま)崩れ 
  富山県立山地方の常願寺(じょうがんじ)川源流部
 1858年(安政5年)の大地震による崩れ
・稗田山(ひえたやま)崩れ
  長野県姫川支流浦川水源部
 1911年(明治44年)
その他の大きな崩れは
・大沢崩れ 静岡県富士山頂からの崩れ
・加奈木(かなき)崩れ 高知県室戸(むろと)岬の崩れ
・眉山(まゆやま)崩れ 長崎県島原の崩れ        
 などがあります。
   
霞堤(かすみてい) ・起源は1542年(天文11年)に、武田信玄が富士川上流の釜無川(かまなしがわ)に築造したのが最初とされている。
・堤防を上流から下流に角度を持たせ、かつ下流側を解放し、不連続に重複して築き、洪水氾濫(はんらん)が下流への拡大を防ぐ調節効果を持っている。
・武田信玄が1568年(永禄11年)に今川氏から、駿府の地を領有してから、この治水技術が安倍川にも取り入れられたと思われる。
   
天正(てんしょう)の瀬替え ・1590年(天正18年)に、現在島田市の牛尾山を挟んで流路約4.5kmにわたり瀬替えしたもの。
・駿河の国を領有する中村一氏(かずうじ)と大井川の対岸遠江を領有する山内一豊(かずとよ)との間で行われたもの。
・駿河の領地牛尾山を切り崩し、遠江の領地横岡に堤防(通称:一豊提)で締切り、旧流路を現流路に替えしたもの。
   
舟型屋敷 ・度重なる水害から家屋敷を守るために、個人的に小規模な囲い土手を作り水害対策の防御をしたもの。
・家屋敷の外枠は、石垣で高くし、土手上に槇(まき)や竹等の立竹木を植え、三角形の舟型で流れの侵入方向に鋭角(えいかく)部分を向けて、民家や屋敷周りの畑を洪水から守った。
   
出(で) ・洪水を直接に提にあてないように工夫された水制(水の流れを制御する施設)で、流路に向かい突き出た提のこと。
・出の先端を流れに沿うように、さらに堤を鍵状(かぎじょう)に伸ばしたものなども安倍川にも大井川にも残されている。