トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 防災情報 > 洪水浸水想定区域図

洪水浸水想定区域図

水防法改正に基づく洪水浸水想定区域図

 今般、平成27年の水防法改正により、浸水想定区域の指定の前提となる降雨を、従来の計画規模の降雨から想定し得る最大規模の降雨(計画規模を上回る)に変更されたところであります。

 水防法では、洪水浸水想定区域内に在する市町村に対して、市町村地域防災計画に避難の方法等を定め、その内容をハザードマップにより周知するよう義務づけられています。

 このように、洪水浸水想定区域は、洪水時の住民等の安全確保の根幹的資料であり、その作成にあたっては統一した基準「洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4版)」に基づいて作成しました。



家屋倒壊等氾濫想定区域図

 一定の条件下において家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域です。

 この家屋倒壊等氾濫想定区域や浸水深が深い地区等を市町村において「早期に立退き避難が必要な区域」として水害ハザードマップを作成し、適切に避難行動を行えるようにします。

家屋倒壊等氾濫想定区域図