トップページ新着情報サイトマップ事務所案内Q&A問い合わせ

トップページ > 砂防のページ > 砂防事業について

砂防事業について

大雨が降って山や崖が崩れたり、水と石が交じり合って襲いかかってくるのが土砂災害です。この土砂災害を防ぎ、人の命や家屋などの財産を守るのが砂防の仕事です。

荒れた斜面に木を植える。砂防ダムを作る。川の流れを直す。崖崩れを防ぐ工事をする。これら全てが土砂崩れを防ぐ為の砂防です。


土石流 山や谷の土・石・砂が川の水と一緒に流れてくるものを土石流といいます。時速20km〜40kmのものが多く岩を動かしてしまう程の力を持つ事もあります。
→詳しくはこちら

地すべり 緩やかな斜面などですべりやすい地層に雨水などがしみこみ、地下水が溜まり、そこから上の地面が動く事を地すべりといいます。
→詳しくはこちら

がけ崩れ がけ崩れは、大雨や長雨で地面に水がしみ込んで地盤を弱めて起きるものですが、地震で起きる事もあります。
→詳しくはこちら