本文へ

現在位置:トップ 風景街道への登録申請 > 登録条件

風景街道への登録申請

登録条件

  1. 「風景街道パートナーシップ」が組織されていること
  2. 地域資源を一つ以上有していること
  3. 日本風景街道の理念に賛同・合致する活動を継続的に実施していること
  4. 「中心となる道路」が存在していること

「風景街道パートナーシップ」とは

  • 風景街道ごとに設置される活動実施組織。
  • <活動に応じて必要な組織>と<道路の管理者>で構成される。
<活動に応じて必要な組織>構成員の例

地域住民、NPO、町内会・自治会、企業、大学関係者、警察、市町村等地方公共団体など

<中心となる道路の管理者>

国・県・市町村等の道路管理者

地域資源とは

1)景観資源
街並み・沿道景観を形成する資源、人工物(橋梁、堰等)、ランドマーク、夜景、水辺、港、棚田、田畑 等
2)自然資源
世界遺産、ラムサール条約、国立・国定公園、自然公園、花鳥風月、森、地質、生物固有種、気候、山岳、海岸海洋、川、池・湖、動植物、渓谷、森、雪、滝、岩石、砂丘、峠、山道 等
3)歴史資源
街道史(旧道・古道)、歴史的人物、寺社仏閣、遺跡・史跡、老舗、歴史的建築物、記念碑、宿場町、産業遺産、伝統的建造物群保存地区 等
4)文化資源
世界遺産、重要文化財、登録有形文化財、民話、伝統芸能、祭り・行事、文化人、芸術、食文化、異国文化、精神文化、闘牛 等
5)体験・交流資源
レクリエーション施設、体験・交流施設(体験農場等) 等
6)施設・情報資源
道の駅、宿泊施設・休憩施設、温泉、市場、屋台、商店街、地場産業、特産品、交通結節点、高速道路、情報提供施設等、展覧会、地域とのアクセス手段(鉄道、路面電車、バス、新幹線、船舶等)、エリア内を巡る手段(レンタカー、バス、バイク、自転車、徒歩、船舶等) 等