ホーム事業紹介国道153号足助バイパス

国道153号足助バイパス

あらまし

足助バイパスは平成22年10月30日に全線供用しました。

足助バイパスの整備効果

開通5年後にあたる平成27年度に開通後の整備効果(ストック効果)を地域の関係者とともにまとめました。

概要

国道153号は、名古屋市から豊田市・飯田市等を経て塩尻市に至る延長約220㎞の道路です。

国道153号足助バイパスは、足助地区での歩行者交通の安全確保、交通混雑の緩和・解消、旧国道153号における線形不良・通行規制の解消を目的として、事業が進められ、平成22年10月30日に全線供用しました。

なお、バイパス平行区間の旧国道153号については、平成27年4月に愛知県に管理移管され、国道420号、(主)瀬戸設楽線、(-)小渡明川足助線となりました。

概略図

計画の概要

起終点 豊田市足助町足助~同市富岡町日向
事業化 昭和57年度
用地着手 昭和62年度
構造規格 第3種第2級
設計速度 60km/h
延長 4.0km

標準横断図