木曽川上流河川事務所

岐阜県の河川名の由来 TOPページに戻る

岐阜県の河川図

川 名 よ  み 川 名 の ル ー ツ
長良川 ながらがわ 県下最大の河で、岐阜市付近より下流は、往古よりたびたびの洪水によって流路が変り、また現在のようになったのは濃尾地震以後の河川改修によるもの。みなもとは高鷲村(旧鷲見郷)見当山西麓より発し旧上ノ保川旧郡上川、旧伊奈波川と名をつらね伊勢の海に注ぐ。長良川と呼ぶようになるのは、一六一一年長良村崇福寺前へ流入、一六三六年崇福寺前新川となる。等洪水によって長良村を流れるようになって以後と考えたい、それまでの流路は古川、古々川、井川等と呼ばれていた。
揖斐川 いびがわ 揖斐谷、根尾谷筋より流れ出る。旧揖斐庄を貫流、池田町付近より杭瀬川が本流であったが、りより東南に切れ新川となり現在に至っている。
大江川 おおえがわ 海津町を貫流し古くは、伊勢の海が大きく切れ込んでいてその名残りをとどめている。大は美称「大きな川」の意か。
中江川 なかえがわ 大江川は、上流部で三本に分かれその中央に当る。江川の「江」「川」はいずれも同義の語であるが「江」と「川」を使い分けていた。
東大江川 ひがしおおえがわ 大江川の上流へ東から流れ込む。東(方位)大(美称)江(大川の意)の義か。
『新撰志』に「川中にありて、水勢はげしき故にや、洪水に堤の切るゝこと度々也」とある。
西大江川 にしおおえがわ 大江川の上流へ西から流れ込む、以上の三川はあたかも熊手のような形状で流れ込んでいる。西(方位)大(美称)江(大川)の意か。
津屋川 つやがわ 養老山脈東麓に沿って津屋地内を流れ五三川と合流、小坪地内で揖斐本流へ注ぐ。昔源義朝都のいくさに破れ、青墓よりこの津屋川を舟で知多野間大坊へ落ちたと伝わる。津屋、それは津(川港・入江)に並ぶ苫(とま)小屋を表現したと考える。また津屋地内を通るためかもしれない。
大榑川 おおくれがわ 輪ノ内町大藪付近より長良川が分派西南に向って揖斐本流へ流れていたが、今は大藪で締切られ細い川となっている。かつては巾広く流れ江戸時代を頂点として舟運が発達し、北陸、伊勢、美濃、尾張方面からの物資はこの水路を使って舟便輸送をした。
金草川 かなぐさがわ 養老町を牧田(蒔田とも書く)川にほぼ沿って流れ、栗笠地内で牧田川に注ぐ。金草はカナクソ、鉱物性を帯びた水質の川の義か。
牧田川 まきたがわ 上石津時山より発し、上石津町を北へ流れ今尾橋上流大巻地内で揖斐本流へ。昔関ヶ原合戦の折、西軍の大敗によって島津義久の敵前突破は有名。鳥頭坂よりこの川筋を時山へ信楽、多羅尾を経て大阪より退却。また一説には、養老山脈にそって駒野あたりより山越えで落ちのびたとも伝わる。
小畑川 おばたがわ 現在の名神高速道路北側に沿って、安久地内より小畑地内を流れ烏江橋上流、江月地内で本流に注ぐ。
杭瀬川 くぜがわ 池田町宮地地内より池田山の東斜面の谷々の水を集め南流、途中大谷川と合し大垣市高淵地内で牧田川へ合流。かつては揖斐本流であり、赤坂町の東を巾広く流れていたが室町末期亨禄三年(一五三〇)の大洪水で、杉野地内で現流となる。壬申の乱折大海人(おおあまと)軍は、黒地川の戦で疲れきった身を、この川で清めつかれを癒した。すなわち苦癒(くいや)せ川と、そして杭瀬川と転化。また南北朝の頃、北朝足利、土岐軍と、南北北畠軍との激戦もこの川で戦われ、南朝軍の戦勝に終わったが、なぜか南朝軍の南転はわからない。
相川 あいかわ 関ヶ原町を東流、大垣市綾里地内で杭瀬川に合流。昔は美濃路北部に沿って流れ亨禄年間位までは大きな川であったようである。アイは形状川名。
大谷川 おおたにがわ 青墓地内より綾里地内で相川へ合流。大谷は字義のように大谷を流れる川。渓谷の川である。
岩手川 いわてがわ 磐手とも書く。豊臣秀吉の智将竹中半兵衛重治の居城、岩手菩堤山城跡のそばを流れ、垂井町で相川へ合流。各地にある地名、岩出の義、岩石の所在にちなむ川名か。
梨木川 なしのきがわ 伊吹山ドライブウェイ付近緑ヶ丘を流れ藤古川に合流。植物名にちなむ川名。
藤古川 ふじこがわ 滋賀県伊吹山の麓上平寺地内より東南に流れ、関ヶ原町を経て名神高速道路を潜(くぐ)り萩原地内で牧田川へ合流。藤古は藤川(ふじこ)の義か。
黒血川 くろちがわ 壬申の乱の折、大友軍、大海人軍とこの川を決戦場に、そして両軍の死屍はるいるいと、血で川は真黒に染まる程であったと後世まで伝わり以来、黒血川といわれる様になった。
今須川 いますがわ 今須、旧称居益鎌倉権五郎景政の子孫長江氏、ここに居城をかまえ地頭職となり室町時代は美濃半国の守護代、また斉藤妙椿と争い滅亡する。ス川のスは洲(砂)の意をもつ。
中狭川 なかさがわ 明谷を流れ落ち今須川へ合流サガワのサは接頭語。ただし迫(せ)の意味を持つ。全国的に分布する。狭川は川迫を示す地形語。
祖谷谷川 そやだにがわ 祖谷谷より流れ今須川へ合流。祖は親を意味する語。親谷-大谷を意味する語である。徳島県ではオヤダニ→イヤダニ(祖谷渓)に転じている。
鍛冶屋川 かじやがわ 上石津町鍛冶屋谷より流れ出て、下多良にて牧田川に合流。上流には津々羅谷あるいは多良等鋳物師(いもじ)、金吹師(かなふき)に関係があるか。
水門川 すいもんがわ 水門、その名の通り旧大垣城の外濠として、また舟運の盛んな頃は、城下まで舟が通い現在も川港の灯台が残りその面影をとどめている。県文指定。
中須川 なかすがわ 墨俣町下宿安八町森部の間にて長良川より分派していたが、今は改修され中須にて揖斐本流へと注いでいる。
中之江川 なかのえがわ 大垣市和合より流れ水門川に注ぐ。中(方位)之(助詞)江(川)の意であろう。
東中之江川 ひがしなかのえがわ 大垣市和合より浅草地内で水門川へ合流、中之江川の東部を示す方位川名である。
五六川 ごろくがわ 糸貫町より初まり墨俣町一夜城跡付近で犀川と合流。新犀川を経て森部排水機場本流へ流れる。ゴーロ、ゴーラは岩石の累々たる形状を指す。
中川 なかがわ 五六川の東側に沿って流れる。全国的に分布する川名、中津川(津は助詞)と同義の川名。
桑原川 くわばらがわ 新幹線羽島駅付近より初り南流して長良川本流へ。桑原その名の通り桑畑が多く植えられていた。天正一四年大洪水の折に、出来た木曽川の河跡。
境川 さかいがわ 境川、美濃尾張の境界であった。木曽川(古称広野川三代実録清和天皇貞観七年一二月二七日条)は大きく各務原前渡山の前より岐阜市寄りに、この境界を流れ、いくつかの分派を以て墨俣へと流れていたのである。現在の流れにほぼなったのは、天正一四年六月二四日(一五八六)の大洪水によって流れが変り出来た。現在の県境としての木曽川は、大閣検地以後の事である。
大江川 おおえがわ 境川の項でのべた如く長良川、木曽川等は多くの分流をもち、この大江川もかつては大きく切込みこの名を残している。現在は河川改修によって境川の支流のようになっている。
荒田川 あらたがわ 荒田-新田この流域には、野一色、北一色、前一色等の名がみられ新田開発に大きく関係があったようである。江戸時代加納城の東の外堀でもあった。
犀川 さいかわ 先の五六川、中川、糸貫川を加えて昭和初期に、騒擾事件があった、これは輪中対輪中の杭争であるがそのきっかけは、五六川、中川、犀川まとめ墨俣よりまっすぐに南下させる案であった。上流の輪中と下流部の輪中とが排水による利害と、輪中分断という過去幾度か洪水の危険にさらされながら、いくつもの輪中が重り隣り合わせになって生きてきた。農家の人達ににとっては、当然反対すべき条件となってこの工事案に反対をとなえたのである。この事件後幾度か工事案は変えられ現在の森部地区に、排水施設を設けることで一応の決着がつけられた。輪中とは、一郷もしくは数郷の部落を土塁で囲み、丁度ゴム輪を平面に並べたようにそれぞれ、永年にわたって築いてきたのである。揖斐川、長良川、木曽川にはさまれた点在する島のような土地を、この輪中をもってつながれ、そして明治以降の本流改修工事により護岸堤防ががん丈なものになり、輪中の意義、存在意識は薄れていったのである。参考文献 岐阜県治水史・犀川騒擾事件
平野井川 ひらのいがわ 神戸町下宮地区より呂久を経て揖斐本流へ注ぐ。
東川 あづまがわ 池田町の東部を流れく杭瀬川に注ぐ。字義を示すように東方の川である。
中川 なかがわ 杭瀬川と東川との間を流れ杭瀬川に注ぐ。前記、中川と同義の川名。
桂川 かつらがわ 揖斐山谷より流れ、揖斐川筋と並行して岡島橋下流で揖斐川本流へ注ぐ。カツラは植物名。あるいはカタウラ(片浦)の転化語か・曲流地域の形状語。
粕川 かすがわ 春日谷(糟河郷)を西から東へ貫流。また、粕川の語源は、昔ここに糟川新五大夫と云う長者が住んでいたらしく、酒を作りその粕を川へ流したのでこの名がついたと、また一説には、大和国奈良糟河の木地師であった糟河麻五と云う人が、この地に移住してきてその名前がついたとも伝わる。参考文献は奥美濃・山葵会刊。この春日谷は糟川谷二四流として、木地師の活躍した処である。
高橋谷川 たかはしだにがわ 高橋谷より流れ谷山を経て粕川へ注ぐ。この名から類推して木地師との関係で高橋姓の人の活躍した処とも考えられる。
表川 おもてがわ 春日谷の北、深奥部市瀬(いちのせ)を流れ粕川へと注ぐ。字義の通り表は裏の対語か。日照のよい地域を表す所が多い。
長谷川 はせがわ 春日谷南深奥部古屋、笹又部落を流れ、それは清く決して濁ったことがないと云われる。長い谷の義、大和の長谷寺と同義の川名。形状川名。
小津川 おずがわ 東津汲より上流小津地区までを小津川と解したい。小津、先に粕川の項でふれておいたが木地師(小津ロクロ師)の活躍した処でもあって、この地には、高橋(小川)但馬守なる人物を先祖とする数々の話が伝えられている。この上流部は高知川と呼ばれている。参考文献は美濃民俗・長屋高橋氏と木地師。
日坂川 ひさかがわ 津汲久世橋から西の谷合へ入る、ここも木地師伝承が多い。日坂、日のよくあたる坂の多い部落。
白川 しらかわ 月見山北谷より流れ白川地内を流れる、このあたり花崗岩の露出が多く、その名が起ったと考えられる。
坂内川 さかうちがわ 滋賀県境三国岳より発し坂内村を東へ貫流。坂内川、八草川八草峠越えで木ノ本町へ昔から近江ノ国との交流が深く、現在は国道三〇三号線となっている。坂内は坂の内側と云う意で四方を山に囲まれ、ちょうど摺鉢の底のようなところに村がある。
浅又川 あさまたがわ 金糞岳より北流し広瀬浅又地内を流れ、大草履地内で坂内川に注ぐ。又広瀬浅又川とも呼ぶ。アサは朝(美称)マタ川は股川の意。形状川名。
川上浅又川 かわかみあさまたがわ 川上浅又谷を流れ、川上地区で坂内川へ注ぐ。浅又川の上流を意味する川名。
八草川 やつくさがわ 八草峠より流れ国道三〇三号線に沿って坂内川へ合流。八草の八は美弥。草川の地名が各地にみられる。草の茂る川の意。
黒津川 くろつがわ 黒津谷とも呼び広瀬地内で坂内川の注ぐ。広瀬とは、川巾の広くなった処坂内村の中心地。
大谷川 おおたにがわ 五蛇池山より南流し、広瀬地内で坂内川に注ぐ。字義が示す通り大谷を流れる川。
根尾川 ねおがわ 福井県境能郷白山を源として根尾村を縦断、糸貫町山口地内で藪川と糸貫川と分かれていたが、大正一〇年頃より河川改修によって藪川を本流とした。途中水鳥地区には、濃尾地震による断層があり活断層としても有名である。能郷温見峠を経て越前への重要な街道でもあった。
管瀬川 くだせがわ 長瀬より牧野地区まで管瀬川としたい。上流部を名礼(なれ)川と呼び河岸は、谷汲山への参詣の道として、揖斐谷筋へ通う道路として発達していた。形状川名。
江川 えがわ 管瀬川の上流牧野地区より上流を江川と云う。江川は大川を示す語か。
東川 あずまがわ 本巣町川内地内を貫流。この地区は盆地であって明谷を経て根尾川へ注ぐ。谷の東の川の意。
根尾西谷川 ねおにしたにがわ 温見(ぬくみ)峠より大河原地区・須合地内を経て能郷地区で能郷谷と合流。大河原より蝿帽子(はいぼうし)峠越えで福井県への、昔からの重要な間道であった。根尾は(ね)の尾、西谷川は方位川名。
根尾東谷川 ねおひがしたにがわ 左門岳・上大須明神岳より流れ大須、松田を経て樽見で根尾川と合流。根尾は嶺(ね)の尾東谷川は方位川名。
板屋谷川 いたやたにがわ 奥谷より流れ、板屋地内で根尾東谷川へ注ぐ。関市方面より武儀川を経て、屋並峠を越えてこの川筋を通り根尾川を坂登って越前へ。またこの逆のコース等古来から東国、北陸への最短距離の街道として非常に古い歴史がある。
糸貫川 いとぬきがわ 本巣町山口地内より、かつては、根尾川本流として流れていたのであるが、大正年間に締切られ、現在は、細い排水路になってしまった。この領域は、富有柿の産地として有名である。形状川名。
伊自良川 いじらがわ 伊自良村釜ヶ岳を源として村内を横断、岐阜市柿ヶ瀬で鳥羽川と合流、合渡(旧河渡)で、長良川本流へ注ぐ。伊自良は古く日本書記等に初見し、壬申の乱に軍功のあった、美努王(みどのおおきみ)を祀る甘奈美(かんなみ)明神が、上流長滝地内にあり、また伊自良牟良君と君姓を名乗る人物も国史にあらわれその土地は早くから開けていた、と考えられる。
板屋川 いたやがわ 岐阜市北部雛(ひな)倉知内より南流大塚、小西郷を経て、尻毛(しっけ)橋付近で伊自良川と合流。板屋が所在した所。大和川にも板屋瀬(現在板東に転訛)がある。
鳥羽川 とばがわ 高富町大桑地内より流れ、高富町を横断、岐阜市岩崎市内で西流、繰舟橋付近で伊自良川へと注ぐ。語源は不詳。ただし伊勢の鳥羽(とば)浦は泊浦の義。
戸羽川 とばがわ 現地では岩崎地区内の部分を戸羽川と表示している。また新川を戸羽川と考えているのではないかと思われる、新川は、濃尾地震の折、高富町で根尾活断層が、高い処で数米のずれを起こし深瀬地区が陥没し沼になった。そして幾多の曲折を経て、掘った川である。
生原川 いくはらがわ 生原、南胴地区を流れ、伊自良川へ注ぐ。生野、生田、生川など「生」の文字を用いた地名が多い。「生」の美弥と考え、普通名詞に冠する例が少なくない。
今川 いまがわ 岐阜市黒野地内を流れ伊自良川に注ぐ。今は古の対語、「新」と同義の語、すなわち新川である。
武儀川 むぎがわ この地域は、美濃(三野)の国の一つ牟義都(むげつ)の国に当るとされ、日本書紀は、身毛津(むげつ)君(牟義都君)をのせ、古くから開けた土地であると云える。この川筋は、上流を葛原川(谷合上流)と云い、東国(東山道)
より北陸への道として早くから利用されていた。
神崎川 かんざきがわ 武儀八幡町新崎地内の部分より落合橋までを云う。神社の前(さき)を意味する地名で、全国的に分布する。
円原川 かどはらがわ 美山町片原地内から下流円原地区を経て新崎地内までを云う。カドに円の文字を充用する。一種の好字地名と考えられる。
乙狩川 おとかりがわ 今ヶ淵岳・矢坪岳の西谷を流れ、面平で板取川に注ぎ上流板山地内にて、乙狩奥宮(高賀山滝明神)を、面平地内に乙狩口宮(高賀山神明宮)を祀る。
板取川 いたどりがわ 福井県境、平家岳、左門岳より流れ板取村を従断、美濃市にて長良川へ注ぐ。この板取川流域は林業が盛んで、また木地師伝承もよく伝わり、榑板(屋根茸板)等からこの名の起りとも云われている。
片知川 かたじがわ ふくべ岳より発し片知渓谷を流れ、谷戸(たんど)地内で板取川へ注ぐ。この語源は、高賀山妖魔伝説の中にある。妖魔の骨を焼いた高賀山頂の南の峯を骨河原と云い、妖魔の姿を始めて見た場所を形智(形を知る)と云い片知の起りと伝わる。片知、菅谷、乙狩、柿野、高賀、粥川、那比、新宮等は、高賀山より放射状に広がり、板取川、長良川にはさまれ、一つのブロックとなって伝承もよく似ている。この一帯は、六所権現七谷戸と云われていた。
管谷川 すがたにがわ 胴戸村南部管谷を流れる。胴戸橋下流で板取川と合流、管谷とと木地師に関係があるようである。
柿野川 かきのがわ 美山町中洞より流れ、伊谷、赤祖父、市場を経て板取川へ注ぐ。柿野-木肌を掻く(木蝋-ろう、薬草、染料)あるいはうるし掻き等に関係あると考えられる。
高賀川 こうががわ 洞戸村高賀山より高賀神社の領域を流れ、奥洞戸で板取川に注ぐ。高賀神社の宮川。
大原川 おおはらがわ 美並村大原地内を流れ、長良川へ落ちる谷川。大は美弥である。大原・小原・吉原・田原など何々原の地名が多い。ハラは墾を意味する語。
戸谷川 とたにがわ 美並村刈安地内で長良川へ落ちる谷川。戸川、戸山、戸野などの戸の文字を冠する地名が多い。
井谷川 いたにがわ 美並村三日市地内で長良川へ落ちる谷川。以上三川は、一・五キロ位の沢である。井は沢を意味する語か。
粥川 かゆがわ 美並村粥川地内で長良川本流へ。昔は大谷、藤谷と云っていたが、伝説に養老二年社宮より十余町、奥山の反覆より飯の湧出ること一日の間、ここを飯の平と云う、同じように社宮より甘余町下山の峯より、白粥の流れ出ること一日、右同日なりここを粥と名づけ、また藤谷を改め粥川と云うと伝わる。
那比川 なびがわ 郡上八幡町那比地内高賀山の北斜面の谷々を集め、宇留良(うるら)、高畑、阿瀬尾、二間手(ふたまて)、門原、相合(あいおい)で長良川へ注ぐ。
新宮川 しんぐうがわ 那比新宮の少し上(かみ)より流れ、那比川へ注ぐ、この神社の宮川でもある。
亀尾島川 きびしまがわ 郡上八幡町西山内ヶ谷より流れ出、亀屋島地内を通り、ひな成地内を過ぎて、那北川へ合流。亀尾島と云うが非常に深いV字型の渓谷である。亀の尻尾のようにと云えばなるほどと思う川である。
内ヶ谷川 うちがたにがわ 亀尾島川の上流部を云う、この川筋にも、木地師伝承がある。内谷の地名は多い。外に対する語で、谷の形状を示す語。
落部川 おちべがわ 大和村落部地内を流れ、野口地内で長良川へ注ぐ。オチはウチから転訛する場合が多い(母音交替)。地形語であろう。
吉田川 よしだがわ 奥明方鳥帽子(えぼし)岳より流れ、旧気良(けら)ノ庄、吉田ノ庄を貫流、郡上八幡町中野地内で長良川へ注ぐ。吉田ノ庄(美田<よしだ>ノ庄)の初見は、古く鎌倉時代に、藤原氏の荘園となっていたようである。参考文献は郡上史談二五号。
気良川 けらがわ 奥明方小倉谷より流れ、気良川橋付近で吉田川と合流。旧気良ノ庄を流れていた。土岐源氏一族頼数が気良と号し、室町初期頃この地に居た。
小駄良川 こだらがわ 郡上八幡町河鹿地内より流れ清水橋で吉田川と合流。コダラガワは小田原(コダハラ)川の転訛語か。
神路川 かみじがわ 大和村神路地内より流れ、長良川へ注ぐ。上地か。神路は佳好地名か。神路は神社地を意味する場合もある。
古道川 ふるみちがわ 大和村東胴谷より古道地内を流れ、繁久地内で栗巣川と合流し、長良川へ注ぐ。小駄良川、神路川、古道川、牛道川等は、寒水川の一部を利用して循環道路のようになっている。白鳥町にある白山神社(旧白山中宮長滝寺)の神領があり、荷駄の運搬のために牛馬を使うことが出来ず、この流域を利用して運ばれていた。それは、白山神社が牛を嫌うからと強く信じ、また排斥されたため、また一つには神領通過の関銭(通過料)のこともあったであろう、木地師伝承が多く、古くからの道。
栗巣川 くるすがわ 大和村金山より流れ、旧栗巣郷を貫流、古道川と合流して、長良川へ注ぐ。『和名抄』には栗栖が多い。栗林の所在地か。
小間見川 こまみがわ 大和村小間見地内より間見地内で大間見川と合流、長良川へ注ぐ。小間見の小は美称、間は地域を、見はヒロミ・クボミのミで地形を示す語である。
大間見川 おおまみがわ 大和村東大胴より流れ、小間見川と合して長良川へ。間見-雨見、雨乞いと解したい。この谷々の部落には、カキ踊り(嘉喜踊・掛踊)が伝わり、雨乞い伝説を伝えている。大サンショウ魚の棲息地でもある。
牛道川 うしみちがわ 大洞峠より栃洞地内を流れ、白鳥町大島で長良川へ注ぐ。先の古道川の頃にのべたように、この川筋も、荷駄、牛馬の道として白山神社をよけて通り、北陸(鷲見郷経由)東国へと古くから、人々の往来があった。
板倉川 いたくらがわ 鷲見岳より阿多岐地内を流れ羽土地内で牛道川と合流。板倉は奈良朝の文書にもみえ、字義通り段丘を持つ谷の意。
鷲見川 すみがわ 鷲見岳より旧鷲見郷を流れ、長良川と合流。ここには鷲退治の伝説があり、豪族鷲見氏の根拠地であった。
猪洞川 いほらがわ 高鷲村穴洞地内で瀑布となて長良川へ落ちる。猪の首に似て短い。洞はがけのくずれた処の意。
大洞川 おおぼらがわ 大きくがけの崩れた意。深い谷筋を表現したと考える。
前谷川 まえたにがわ 白山神社旧神領、阿弥陀ノ滝の前谷と云う意。
蓮原川 はすはらがわ 北濃駅の北を流れ、蓮原谷を流れる。蓮原はいわゆる植物地名である。
寒水川 かのみずがわ 気良ノ庄寒水の里を流れる。山内一豊の妻、千代女の買求めた馬はここの産であると伝わる。
津保川 つぼがわ その名から考えて、保が連なる意と解したい。上ノ保、中ノ保、下ノ保等を貫流。
蜂屋川 はちやがわ 美濃加茂市蜂屋町を、東から西流して、西田原付近で津保川へ注ぐ。中世は、蜂屋ノ庄と云いこの川の名になった。
川浦川 かわうらがわ 美濃加茂市浦地内を流れ、富加村加治田地内で津保川へ注ぐ。川浦-河裏、木曽川と平行して流れており、南の川辺に対する意。
大洞川 おおぼらがわ 美濃加茂市伊深町、伊深の里を流れ、大きく開けた処の意。
祖父川 そふがわ 武儀村祖父谷を流れ、小宮地内で津保川へ注ぐ。ソフはソブで鉱物性を帯びた水質の川。ソブはシブと同義。祖父江の地名がある。
武儀倉川 むぎくらがわ 武儀村富ノ保、馬越峠付近より、奥雁礼曽、堂谷内地内を経て山崎地内で津保川へ注ぐ。武儀倉の倉は谷の義、武儀谷の地名がある。
小那比川 こなびがわ 郡上八幡町杉坂峠より、小那比地内を流れ、竹之腰地内で、津保川へ注ぐ。小那比川の小は美称か。コナビはカナビ(母音交替)で、神奈備の義か。那比の地名(那比新宮)があるので小は美称とも考えられる。
三谷川 みたにがわ 三谷地内を流れ、小那比川へ流れ、この谷筋は、大峠を経て苅安へ抜ける間道として、古くから利用されていた。
生屋川 うぶやがわ 郡上八幡町小那比、上生屋、下生屋を流れ、井戸ノ上地内付近で小那比川へ注ぐ。生屋は産屋(うぶや)の所在した所か。
中之保川 なかのほがわ 久須・日根地内より、武儀町中之保地内を流れ、若栗地内で津保川へ注ぐ。中之は方位名、保川のホは美称、秀(ほ)と同義の語、ホ山・サホ(佐保)など「ホ」の語を用いる古代地名は多い。
木曽川 きそがわ 木曽御岳東麓より発し、大きく長野県を迂回して、岐阜県坂下町より、岐阜・愛知県の境を流れ、伊勢の海へ注ぐ。古称は、吉蘇-岐蘇とも、犬山市下流を広野川等と呼ばれていた。
迫間川 はざまがわ 関市迫間不動の谷から流れ、はざまとは、せまく狭少の場所を云う。坂祝村勝山地内で木曽川へ注ぐ。
加茂川 かもがわ 美濃太田市北部を流れ、坂祝村一色で木曽川へ注ぐ。加茂-鴨県主(かもあがたぬし)・加毛郡半布里(かものごおりはぶり)等、大宝二年の戸籍等にも見られ、古い土地である。
飛騨川 ひだがわ 旧飛騨の国益田郡(平安時代貞観年中にその郡名が起る)を貫流し、その名がついた。国道四一号線が河岸に通り、この流域は飛水峡と呼ばれ(中山七里)景勝の地である。
矢戸川 やどがわ 矢戸-矢のような狭少な土地を流れる。可児町矢戸地内を流れ、塩地内で可児川へ注ぐ。
可児川 かにがわ 可児町を東から西に横断するように流れる。この川筋は旧中山道で、往来する旅人達の哀歌も昔話として多く伝わっている。
大森川 おおもりがわ 大森地内を流れ、久々利川へ注ぐ。この流域は美濃古窯の一つでもある。字義通りの地名。
姫川 ひめがわ 姫地内から姫町を経て、久々利川に注ぐ。景行天皇の八坂入媛の伝説にちなむ。現在は、国道二四八号線、国鉄太多線が通り、重要な交通路となっている。また、美濃古窯の一つである。
荒川 あらかわ 八百津橋下流で、代田川、南陽寺川と合流して木曽川へ注ぐ。このすこし上流、錦織地区は、木曽桧の集荷地として有名。木曽川に、藤蔓を編んで張り、筏にして、流れて来る材木を受け止め、ここでチェックして各地へ出荷された。特に完全管理が行われたのは、江戸時代頃からである、現在は丸山ダムができ行われていない。
神坂川 かみさかがわ 川辺町神坂地内を流れる。上坂の義、もしくは神社参道を意味する地名か。
水無瀬川 みなせがわ 川辺町上川辺、中組地内を流れ、川辺大橋下流で飛弾川へ注ぐ。水生(なし)-メナセ川の義、水の豊富なことを表わす地名。川床をみせることのない川。
坂之洞川 さかのほらがわ 川辺町北久見地内を流れる。坂(地形)之(助詞)洞(土砂の崩壊地−地形語)の意味をもつ地名。地形語である。
小牧谷川 こまきだにがわ 川辺(べ)町中麻生地内、急峻な谷川で飛騨川へ注いでいる。小牧谷、大牧谷は対語。牧谷は牧場の存在する谷か。牧谷の中に牧川の称がある。
大牧谷川 おおまきだにがわ
神淵川 かんぶちがわ 七宗町袋坂峠より流れ、この流域は、古くからよく開けた処で、名刹龍門寺、春日神社等がある。神淵の名も龍門寺上流の山上に、神淵神社がありこの川名になった。
間見川 まみがわ 七宗町間見峠より、間見・牛ヶ洞地内を経て、神淵川に注ぐ。マミは地形語、猩のことをマミともいう。
奥田川 おくだがわ 七宗町馬屋・奥田地内を流れ大塚地内で、神淵川へ合流。奥田は前田の対語。方位地名。
八日市川 ようかいちがわ 七宗町上八日市・中八日市・下八日市地内を流れ、奥田川へ注ぐ。開市が毎月八日にあたる所から八日市の地名が生れた。各地に三日市、五日市、十日市の地名がある。
室洞川 むろほらがわ 七宗町水晶山西斜面より流れ金山町室洞地内を経て、田中地内で管田川へ注ぐ。室・洞も洞窟状に崩壊したところを指す地形語。
菅田川 すがたがわ 金山町袋坂峠より大谷戸地内を流れ、飛騨川へ注ぐ。先の神淵川とこの川筋は、袋坂峠を利用して、関市・美濃太田方面からの、飛騨路でもあった。
葉津川 かずがわ 葉津地内より流れ寺洞で神淵川へ注ぐ。寺洞には名刹龍門寺がある。
葛屋川 くずやがわ 七宝町葛屋、室兼地内を流れ神淵川へ注ぐ。葛屋の所在にちなむ地名。
和良川 わらがわ 旧気良ノ庄、和良ノ保を貫流し、馬瀬川へ合流。また大サンショウ魚が棲息している(国指定)。ハラ(原)川の義か佳字地名『和名抄』和良郷。
馬瀬川 まぜがわ 旧気良ノ庄馬瀬ノ郷を貫流。飛騨街道は、金山よりこの馬瀬川を逆登って萩原へ通じていた。最近は、ダムが出来、湖となっている。馬飼(まし〜馬養)が馬瀬に転じた例が大和吉野川畔にある。
鬼谷川 おんだにがわ 郡上八幡町堀越峠より、山間をうねって流れ、三庫地内で和良川と合流。この三庫地内で大サンショウ魚が棲息している。鬼は佳字、谷川は形状語。
鹿倉川 かくらがわ 和良村鹿倉谷を流れ、鹿倉地内で和良川となる。シカクラのクラは谷の意、鹿(しし)ケ谷と同義の語か。
土京川 どきょうがわ 和良村根本地内より流れ、土京を経て、下土京地内で和良川と合流。名義不詳。
旅足川 たびそこがわ 八百津町下落合地内から流れ大鹿見・久田見大平地内を経て旅足橋で木曽川へ注ぐ。この川の上流部は、白川町・三川本郷より通じ間道であった。これを表現したものか。
下田川 しもだがわ 八百津舞久田見、下田地内を流れ、長曽川と合流旅足川へ注ぐ。下田は上田(あるいは高田)の対語。字義通りの地名。
長曽川 ながそがわ 白川町名越峠より、茶碗・清津・長曽地内を流れ、下田川と合流し旅足川へ注ぐ。長沢から転訛する例がある。大沢をオオソというように。地形語か。
亀ヶ谷川 かめがたにがわ 八百津町大鹿見地内を流れ旅足川へ注ぐ。名義不詳。
名場居川 なばいがわ 八百津町潮見名場居地内より流れ、大沢橋下流で木曽川へ注ぐ。名義不詳。
大沢川 おおさわがわ 恵那郡飯地町大沢谷を流れ、大沢谷橋で、木曽川へ注ぐ。大沢の大は美称、沢は形状語である。
中野方川 なかのかたがわ 姪川峠より流れ、恵那市中野方町橋立加須里を経て木曽川へ注ぐ。中野方向を示す川名。
和田川 わだがわ 姪川村遠眼峠より流れ、遠根地内より和田を経て、東雲橋付近で木曽川へ注ぐ。和田は輪田の義、曲流地を示す佳字地名。各地にみられる形状語。
千旦林川 せんだばやしがわ 中央本線に沿って流れ、中津川市中切地内を経て、恵那峡へ注ぐ。ここは、旧東山道、坂本駅(宿)に当り、王朝時代より重要な、宿駅の一つであった。千旦林は千田林と同義か。
落合川 おちあいがわ 恵那山西麓より流れ、湯舟沢川と合流して、木曽川へ流れる。落合とは、この河が落合うとの意。この湯舟沢、落合には、旧東山道が通っていた。現在は中央高速道路が通っている。
外洞川 そとぼりがわ 坂下町にある、高峯山東麓を取巻くように流れ、木曽川へ注いでいる。外は内の対語、洞は土砂の崩壊地。形状語。
川上川 かわうえがわ 夕森山より流れ、川上村を貫流し、坂下町で木曽川へ注いでいる。川上は字義が示す方位語。
付知川 つけちがわ 唐塩山東麓より流れ、付知町を貫流して、中津川市福岡地内で木曽川(恵那峡)へ注ぐ。ここは裏木曽と呼ばれ、木曽桧の美林があり、付知峡と云われ風光明眉な秘境である。特に地質学的には、阿寺断層が川上川、付知川、加子母川、御廐野川、飛騨川、柿ヶ谷と結ぶ線に西北から東南に走り、約四〇キロに旦る巨大な地溝帯をなしている。この地溝帯を下呂町大淵、三原地内から、東国への街道として発展していた。また御岳参りの道としてもにぎわいをみせていた。名義不詳。
横川 よこかわ 付知町雨乞棚山南斜面、横川谷を流れ、正脇を経て芝ヶ瀬地内で付知川へ注ぐ。縦川の対語で京都ではヨカワと発音する。南北に流れる川を横川(東西を縦)ともいった。
永田川 ながたがわ 恵那市佐渡橋で千田川へ注ぐ。永田は地形語でもある。
阿木川 あぎがわ 天狗森山より流れ、中津川市阿木地内を通り、恵那市大井ダム下流で木曽川へ注ぐ。アキ(秋)川の転訛語か。アキは美称である。
飯沼川 いぬまがわ 小野川地区より東野地内を飯沼川と云い、阿木川と合流。この阿木、飯沼の川筋は、下街道中馬街道(愛知県春日井市より多治見、明智を経て)として、利用されていた。形状地名。
岩村川 いわむらがわ 岩村城下を流れ、下切、小沢を経て阿木川へ注ぐ。この岩村城(霧ヶ城)には、戦国時代遠山景任の妻(信長の叔母)にまつわる哀歌がある。武田軍に破れ戦死した景任の後を信長の五男御坊丸を、養子にしてこの城を守っていたが、武田軍の武将秋山春近に、城の安泰を条件に結婚をせまられ、やむなく再婚後、信長軍に攻められ落城。この叔母は逆吊りの刑に処せられ、その最期の言葉は、信長を罵って死んだと云う。
飯羽間川 いいはまがわ 岩村町飯羽間地内を流れる。上切、根ノ上、中切地内を経て岩村川へ合流する。飯羽間は岩間の義か。
赤川 あかがわ 鹿折地内より赤河(あごう)本郷を経て、白川町三(みつ)川にて黒川と合流。この川は、白川口より赤河本郷に沿って走る断層地帯を流れている。また姪川峠・中野方峠を経て恵那市へ通じる街道でもある。黒川、白川、赤川は川岩の色にちなむことが多い。
黒川 くろかわ 白川町柿反地内(柿反川)より流れ、中之平地内で鱒淵川と合流、黒川となって西流。三川地内で赤川と合流、白川へ注いでいる。この川も阿寺断層に直角に走る(東西-西南)断層帯を流れている。そして上流柿反川の水源、高時山の東斜面に流れる川も黒川谷も呼び一直線になっている。
白川 しらかわ 加子母村三国山(信濃・美濃・飛騨の境をなす)より流れ、上流部を加子母川、東白川村日向(ひおも)地内よりを白川という。加子母川が阿寺断層を、加子母村万賀付近より直角に折れる、東北から西南に向って走る断層帯を白川が流れている。赤川・黒川・白川いずれも三本の断層(地溝)に沿って流れており、色については、昔からの川筋識別のためのことかも知れない。この川筋は白川街道として、また白川、黒川、赤川それぞれに白山神社が祀られ、信仰の道としても、古くから発展していた。
鱒淵川 ますぶちがわ 白川町二ツ森山から流れ、中地-鱒淵地内を経て、中切地内で黒川へ合流。馬瀬淵の転か。
柿反川 かきぞりがわ 白川町黒川の上流部に当る、高時山、寒陽気山を水源としている。柿は垣、反は地形語。
加子母川 かしもがわ 長野県境三国山より流れ、加子母村を貫流し、万賀地内で東白川村を経て白川となり、飛騨川へ注いでいる。
佐見川 さみがわ 白川町尾城山を水源として、佐見地内を流れ、飛騨川へ注いでいるが、この川も白川と並行して走る断層帯に沿って流れている。佐見は佐味とも書く。狭い土地を表す形状語。
稲田川 いなだがわ 白川町稲田地内を流れ、佐見川へ注ぐ。稲田は字義が示す好字地名。
門和佐川 かどわさがわ 下呂村門和佐地内より焼山和佐地内を流れ、焼石地内で飛騨川へ注ぐ。ワサ山の地名があるように、サヤマ・サガワのサは美称。和も美称か。
小原川 おばらがわ 馬瀬川上流、川上(かおれ)岳西斜面を流れ、大原地内下流で馬瀬川へ注いでいる。大原、小原の大・小は美称、原は野によく似た地形。ハラはハリ(墾)の転訛語。
梨川 なしがわ 馬瀬川上流、楢(なら)谷地内山中峠北斜面梨谷を流れ、馬瀬川へ注いでいる。植物地名か。
久野川 くのがわ 下呂町久野川地内を流れ、吐月峰の北麓を流れ、飛騨川へ注いでいる。久野は公納(くのう)の義か。同県の村国郷が村久野に転じた例がある。(『大日本地名辞書』)
輪川 わかわ 下呂町蛇ノ尾、夏焼、下夏焼を流れ、竹原川と合流して、飛騨川へ注いでいる。輪は「円」を意味する語。曲流する川の意で、地形語。
竹原川 たけのはらがわ 長野県境三国山北斜面飛騨側を流れ御厩野(みまや)川となって野尻を経て、川合地内で乗政川と合流し、竹原川となり三原地区で飛騨川へ注ぐ。竹原川とは、川合地内より下流と解したい。またこの川は、阿寺断層上を流れ、三原地内より南北街道が通じ、加子母村、付知町を経て中津川へ、東国への交通路として古くから開けていた。郷土芸能、竹原文楽が伝承されており旧竹原郷と呼ばれていた。開墾された竹の茂る原の意。
乗政川 のりまさがわ 新開、湯屋温泉乗政地内を流れ、川合地内で竹原川へ注ぐ。この川も断層上を流れている。戦国時代乗政城が築かれていた。
山之口川 やまのくちがわ 川上(かわかみ)村川上岳より南流、久々野山之口地内を経て、四美辻地内で飛騨川へ注ぐ。鎌倉時代頃迄は、この川筋を利用して、カジヤ谷、位山峠を経て飛騨地方に往来していた。川名も位山の山の口(くち)-入口という意味でこの名がついた。
小坂川 おさかがわ 源流は、御岳飛騨山頂直下より流れているが、小坂川としては、落合地内より小坂町飛騨川までとしたい。また、小坂町からは、この川筋を登って、御岳登山の道でもあり、バスで濁河温泉へ、そこからは三キロ、頂上までたやすく登ることが出来る。
小黒川 おぐろがわ 朝日村鈴蘭高原、鈴蘭谷より栃原谷を経て、麦島、落合地内で濁河川と合流、小坂川となり飛騨川へ注ぐ。小黒川の小は接頭語的美称である。
濁河川 にごりごがわ 御岳飛騨山頂直下より流れ、濁河温泉を経て、落合地内で小黒川と合流するまでを濁河川と呼ぶ。この川名も濁河温泉をもってつけられた。字義通りの形状川名。
無数河川 むすごがわ 位山分水嶺より流れ、位山峠無数河地内を経て、城下橋で飛騨川へ注ぐ。ここには、竜神伝説が伝わっている。むずご-すごうは川の合流する様をいったものと解したい。現地でも位山から流れる水は、分水嶺のため日本海側と太平洋側とに数状の流れとなって別れている。また、この位山は、飛騨一宮水無神社の神体山でもあり、流域はイチイ(アララギ)自生林である。
八尺川 はっしゃくがわ 山梨地内より久々野地内で、飛騨川へ注ぐ。この川は飛騨との分水嶺を流れ、八尺とは短いと意で、それは材木は九尺に切るので、材木より短い川という。
青屋川 あおやがわ 朝日村九蔵川と二又川の合流点より、青屋地内を流れ、飛騨川との合流点までを青屋川と呼ぶ。青屋=馬屋のことを指すといわれている。
鈍引川 どんびきがわ 朝日村昔は黒川地内よりこの川(谷)を登って、一之宿へ至る道路として利用されていた。現在は通る人もなくただ話だけが伝わる。ドンは語意を強調する語。引川は(湿地帯)の義か。
秋神川 あきがみがわ 焼岩谷、白谷より流れ、秋神温泉で合流し、秋神ダムへ流入する。この流域は、高原であって、昔から馬の飼育が盛んであったが、最近は牛になった。もっとも牛も昔から飼われていて、生活物資の運搬には、牛が使われていた。現在は、久々野、高山からバスが通い濁河温泉まで行ける。秋・神は嘉称。
西洞川 にしほらがわ 朝日村鈴蘭峠から流れ、宮の前で秋神川と合流する。秋神川の西谷を流れるためこの名がついた。
二又川 ふたまたがわ 朝日村九黒山、日影平山、西斜面を流れ落ちる長倉本谷、岩井谷の二本の流れを合せ流れる。二又なる川名もここから来ている。九蔵川出合いまでを、二又川としたい。形状川名。
九蔵川 きゅうぞうがわ 朝日村九蔵本谷から流れ、九蔵地内で青屋川と合流。九蔵は人の名前。
黍生川 きびゆうがわ 黍生谷を流れ、黍生地内を経て、高根第一ダムのすぐ下流へ注ぐ。この谷は、乗鞍岳西斜面直下を降っている。葛生、柳生櫟生などと同義、黍の生えた所である。
阿多野川 あたのがわ 橋場-阿多野地内で益田川へ合流。朝日村、高根村一帯は阿多野郷と呼ばれていたが、今では、ここだけになってしまった。阿多は阿田の義、あるいはウタ野(母音交替)か。水田地帯を流れる川。
濁川 にごりがわ 県境の乗鞍岳から南流し、野麦で益田川に入る。川名は少量の雨でもすぐ濁る川ということ。
益田川 ましたがわ 野麦峠より流れ、高根第一ダムに流入。この河名は、飛騨川を指す名称であったが、ここにだけ残されている。この川筋は木曽街道と云われて、高山や、益田郡から、信濃へ働く人達の哀史が残され、野麦峠にその碑が建てられている。また、塩ノ道魚ノ道(飛騨ぶり)としても、重要な道であった。益田は豊田と同義の嘉称である。
幕岩川 まくいわがわ 御岳北壁幕岩の絶壁のすそをめぐるように流れ、その様(さま)を表現している。日和田高原間拓地を流れ高根ダムへ流入る。日和田−桧皮−桧皮田、この地では、林業が盛んで木の皮は屋根材として現在も需要があり、昔から生産されていた。
内ヶ谷川 うちがたにがわ 御岳北面内ヶ谷を流れ、日和田高原を貫流し、高根ダムに流れる。外ヶ谷の対語。形状地名。
布川 ぬのがわ 御岳北斜面を流れ、内ヶ谷川と合流して高根ダムへ流れる。布を流した様子を表わしている。
石徹白川 いとしろがわ 白山連峰、銚子ヶ峰、願教寺峰にはさまれた峰谷から流れ、石徹白地内を貫流して、越前朝日で九頭龍川へ注ぐ。この辺りは白山信仰の聖域で、古くは、石度白と云っていたが、白山登嶺に、越の大徳泰澄大師が目的を達し、その時より度を徹と改め以後石徹白となったと伝わる。石は中居神社にある「神籠石千引岩」から、度は「許等度」から白は「白雲」からとりつけられたと。ここの人達は、白山中居神社に仕え、御師(おし)として諸国に牛王礼(護符)を配りその収入で神社の維持管理をしていた。明治初年頃まで続いていた。
倉谷川 くらたにがわ 白山連峰別山道、初河山と一、二五〇メートルのピークの北斜面倉谷を流れ、石徹白山へ注ぐ。この尾根の影になり、また、ブッシュ帯でもあって、暗い谷との意である。また古書に、鞍安川とある。
峠川 とうげがわ 桧峠より流れ、石徹苟下在所地内で、石徹白山へ注ぐ。この川筋は、白山参りの道でもあり、この部落の生活の道でもあった。江戸時代には、郡上藩の番所が置かれていた。
牧川 まきがわ 保川の支流で、旧登山道にある。鉞(まさかり)石のそばを流れる。昔、泰澄大師白山登山の折、鉞を打ちつけたところ。また、形が似ているところから、この伝説が生まれた。
保川 ほがわ 旧白山登山道に沿って、中居神社東麓へと流れ、わさおぞ川と合流、宮川となって石徹白山へ注ぐ。保-俣(また)-岐わかれと解したい。
朝日添川 あさひそがわ 大日岳より西斜面を流れ、保川と合流して、中居神社前を石徹白山へと流れる。この保川合流点より、石徹白山合流点までを宮川と云う。かつて修験道華やかなりし頃、この宮川で「みそぎ」をして清浄潔斉し登山した。その名の通り日当りのよい谷筋である処から名付けられた。
庄川 しょうかわ 岐阜県白山連峰の東斜面の谷々から流れ出る水は、やがて一つになり庄川となって、富山県新湊市へと流れる。この川名も上流部荘川からついた。上流部には、御母衣、大白川・大牧・椿原・成出・小原ダムと連なり、かつての秘境もダム建設にともなって、陸の孤島とも云われたこの庄川の流域も大きく変り、東海、北陸、飛騨地方への大動脈として脚光を浴びている。
堺川 さかいがわ 石川県仙人窟(せんにんがくつ)岳北側斜面より流れ、宝剣岳北斜面フカバラ谷と合流し富山県境となり北流している。岐阜県側は仙人窟岳、ボージョ谷の部分のみである。
加須良川 かすらがわ 仙人窟岳東斜面を流れ、楮(こおぞ)地内下流で庄川へ注ぐ。この加須良地区も、七戸の合掌造りの家があったが、今は、萩町に白川郷合掌造りの村、民俗博物館として保存管理されている。カスラは葛(かづら)の義か。
大白川 おおしらかわ 別山、南白山北斜面より、別山谷となって大白川ダムとなりダムのすぐ下流には、白水の滝七五メートルが懸り大白川となって、平瀬地内で庄川(この川はV字型に切込んだ深い谷)へ注いでいる。途中には、硫気の吹出があって白濁し、白川の語源ともなっている。
森茂川 もりしげがわ 森茂峠より流れ、御母衣ダムへ流れる。樹木の繁茂する所か。
尾上郷川 おがみごうがわ 荘川村尾上郷を貫通し、別山・六白岳を結ぶ尾根の東斜面の谷々の水が尾上郷で、まとまって流れる。流れると云っても上流のみで、御母衣ダムが、この尾上郷を湖底に沈めてしまった。昔は飛弾側と石徹白を結ぶ要路でもあった。尾ノ上(をのへ)郷の義か。山の嶺(ね)を示す形状語か。
御手洗川 みたらいがわ 高鷲村蛭ヶ野(ひるがの)高原より、野々谷となって、国道一五六号線に沿って牧戸地内で、御母衣ダムへ注ぐ。みたらい−泰澄大師白山登山の折、この川ですすぎをとった等種々の伝説が伝わっている。
町谷川 まちやがわ 町谷町内を流れ、庄川へ注ぐ。
三谷川 みたにがわ 三谷地区を流れ、庄川へ注ぐ。ミタニは深谷(みたに)を意味する語か。
寺河戸川 てらかわどがわ 井ノ口、仲会津を経て、黒谷地内で庄川へ注ぎ、ここは、その名の通りお寺の前を流れる。寺戸は寺院の所在する所、戸は所在を意味する語。
一色川 いしきがわ 鷲見岳、烏帽子岳に挟まれて峡谷を流れ、下落、猿野、川原を経て惣則地内で庄川へと流れる。入須賀(いりすか)の転訛語、洲処(すが)の多い川。
野々俣川 ののまたがわ 川通、井ノ下を流れ、御手洗川と合流、庄川へ注ぐ。野(地形語)野(助詞)俣(合流地)を意味する川名。
落部川 おちべがわ 御母衣ダム東岸へ、落部谷を流れて落ちる。落部の部は戸か。戸は所在を示す語。オチはウチ(母音交替)か、内容を意味する地形語。
六厩川 むまいがわ 火山(ひのやま)北斜面を流れ、六厩地内を経て北流し、六厩橋付近で、御母衣ダムへ注ぐ。この六厩の西、軽岡峠に千鳥格子の地蔵堂があり、飛騨の匠の精巧な造りが有名。六厩とは、馬舎のことである。
土岐川 どきがわ 庄内川も、岐阜県側では、土岐郡を貫流し、その名がついて土岐川と呼んでいる。この流域は、土岐源氏発祥の地であり、また陶器の産地としても著名である。この川に沿って、中央線国道一九号線、中央自動車道等が通り交通の要路でもある。この流域は、化石の宝庫で、デスモチルスが発掘されている。
辛沢川 からさわかわ 国道一九号線に沿って地田町を流れ、平和町で土岐川へ注ぐ。カラは涸の義、軽沢(軽井沢)と同義の語。水の少ない川。
大原川 おおはらかわ 根本町より流れ、国道二四八号線に沿って、多治見街音羽根町で土岐川へ注ぐ。大原は小原の対語。大は美称。原は平地を意味する形状語。
笠原川 かさはらかわ 土岐市西町より流れ、笠原町を貫流、本多治見駅付近で土岐川へ注ぐ。笠・原共に形状語。笠原の姓名も少なくない。
生田川 いくたがわ 多治見市生田町を流れ、山吹町で土岐川へ合流。生野・生川の生と同義の語『播磨風土記』にも死野を生野にしたという地名説話がある。生は美称か。
妻木川 つまきがわ 鶴里町-中沢町-妻木町を経て土岐川へ注ぐ。ここも土岐源氏妻木氏の根拠地となった。江戸時代は、旗本として岐阜加納城の築城の折、普請奉行を現在も崇禅寺の山門として大手門が残されている。
肥田川 ひだがわ 駄知町を貫流し、土岐川へ注ぐ。製陶の盛んな処である。土岐一族に肥田氏あり、この地名を冠したものである。
日吉川 ひよしがわ 日吉地内より流れ、明世町で土岐川へ注ぐ。元来、日吉はヒエイ(比叡)の義、日は美称。
小里川 おりがわ 恵那郡山岡町から流れ、瑞浪市川折地内で北流し、土岐川へ合流する。土岐源氏小里氏発祥の地。最近、小里城跡が発表され安土城の前年に信長によって築造され、未完成のまま廃城となった。その遺構は、山上を巧に利用し地下式になった石組みで、特に注目されている。
大川川 おおかわがわ 大川地内を流れ、水上川と合流し、川折地内で小里川へ注ぐ。大川は文字通りの川名。
猿爪川 ましづめがわ 猿爪地内を流れ、水上を経て小里川へ注ぐ。サルツメのツメは橋詰のツメと同義の語か。猿はセツジサル(方向)のサル、あるいは狭野(さの)の義か。
サヌキ(国名)も一にサルキという。
佐々良木川 ささらぎがわ 岩村町、夕立山の麓東山上ヶ平より流れ、椋実川と合流して伊保・佐々良木地内を経て、土岐川へ注ぐ。ササラの木の生えた所か。
阿妻川 あづまがわ 阿妻上・阿妻・阿妻下地内を流れ、愛知県境を流れて明智川と合流。阿妻は東方を示す語、ツマは端の意、サは接頭語。
大平川 おおひらがわ 串原村松本、戸中、大平地内を貫流し明智川へ合流。この川下の大平の地名を以て川名となっている。大平は大平地を示す地形語である。
明智川 あけちがわ 明智町地内で、門野、野志滝坂、吉田の諸川を集め南流し、矢作川へ合流している。明智町は、鎌倉時代より遠山氏によって支配されており、明智光秀とは関係ないと思われる。明智の語源は、開けた土地と云う意と考えたい。
吉田川 よしだがわ 明智町、吉良見、大原、大田上田地内を通り滝坂川と合流、明智川となる。吉良見、大田上田を結ぶ川としてこの名で呼ばれている。
高波川 たかなみがわ 峰山地方より流れ、高波地内を通り馬坂の下流で明智川と合流。高波は高並の義、地形語である。
木実川 このみがわ 岩村町境の木ノ実トンネル付近より流れ、坂下、木ノ実、石洞を経て上村川へ注ぐ。この川筋は、恵那市岩村町から、長野・愛知への要路。
上村川 かみむらがわ 長野県から県境に沿って流れ、木実川と合流して、矢作川へ注ぐ。この上村川は、信州からの要路で、戦国時代武田軍の度々の侵攻があり、上村合戦として有名。上村は、下ノ村に対する意。
飯田洞川 いいたほらがわ 掃木沢山より西南に向かって流れている。この川名は、飯田洞地内を通るためこの名がついている、下流中島橋付近で、上村川と合流して矢作川へ注ぐ。
村川 むらかわ 上村川の、長野県境に接する部分を村川と云う。達原地内より上流合川との合流点を村川としたい。
宮川 みやがわ 位山の西にそびえる川上(かおれ)岳の、北斜面より流れ、位山の山麓を経て高山市内を貫流し、国府町、古川町、宮川村落合地内で向きを北東に変え、富山県細入村中山地内で、東から来る高原川と合流し神通川となって、日本海へ流下している。この川筋は、越中西街道として利用されている。宮川とは、飛騨一宮、水無(みなし)神社の旧神域を流れているためこの名がついた。この宮川と無数河(むすご)川とには、竜神伝説が伝わり、その内容は位山分水嶺をめぐっての水分(みまくり)を表現している。
小鳥川 おどりがわ 白川郷と接する松ノ木峠付近より流れ、清見村小鳥地内を貫流し角川で宮川と合流。小鳥地内は、白川街道として現在は国道一五八号線になって、飛騨、白川を結び交通の要路である。小は美称、鳥はタヲリ(峠)の約語である。
金山谷川 かなやまだにがわ 籾糠山東谷より流れ、天生地内暁橋で小鳥川と合流。この谷筋には、天生金山があったのでこの名がついた。
天生谷川 あもうだにがわ 天生峠より流れ、金山谷川と合流し小鳥川に注いでいる。昔月ヶ瀬に一人の醜い娘がいて、婿になる男もいない境遇を嘆いていたが、十五夜の月が美しくかがやいている小鳥川に出て、水をすくって飲むと程なく妊娠し、それを知った両親は怒って娘を山奥へすてた。しかし娘はやすやすと、玉の様な男の子を生んだ。娘が水を飲んだ処を月ヶ瀬、天から授けられた子を生んだ処を天生と呼ぶようになったという。
栗ヶ谷川 くりがだにがわ 栗ヶ谷を流れ、月ヶ瀬ダムへ注ぐ。栗ヶ谷のクリは鞍の意か。形状地名。
片野川 かたのがわ 金山谷より流れ、片野地内を経て大谷地内で小鳥川と合流。流域の一方が野である。あるいは潟野、曲流する川の所在地を表わす語。大阪府下の交(かた)野と同義の地名か。
稲越川 いなこしがわ 柳ヶ瀬、稲越地内を経て、落合で小鳥川へ合流。柳ヶ瀬-川の流れのせばまった処、稲越も同じ意。
里内川 さとうちがわ 里内地内を流れ、殿川へ合流。里内とは字義がよくこれを示している。
殿川 とのがわ 猪臥山東斜面より流れ、東笹ヶ洞信包地内を経て、谷地内付近で宮川へ注ぐ。信包地内に、国司姉小路家の居館、柳の御所があって、この河の名に冠せられている。
畦畑川 あぜはたがわ 小鳥峠付近から、畦畑地内を流れ殿川に注ぐ。この川筋は、古くから小鳥川や白川郷への間道として利用されていた。畦畑・殿川一帯は、昔は、小鷹利郷と云われていた。
大江川 おおえがわ 神原峠付近より流れ、中野、中組地内を経て、国鉄杉崎駅付近で宮川へ注ぐ。大江は大川と同義。各地に見られる形状地名。
荒城川 あらきがわ 旧荒城郷(現丹生川村国府町)を貫流し、飛騨古川町で宮川へ注ぐ。この荒城は現在の吉城郡全部を指している。荒城とは新しく懇くとの意である。
宮谷川 みややがわ 大雨見山より流れ、宮地(みやじ)地内で荒城川へ注ぐ。この宮地地内には、荒城神社があり、古くから荒城郷の祭祀の中心であり、祭神は水分(みまくり)ノ神をまつり、源流の奥に聳える大雨見山は、雨乞い山である。
森部谷川 もりべだにがわ 国見山・大雨見山の南斜面森部谷を流れ、三之瀬地内で荒城川へ注ぐ。国見は国を見る。荒城の郡を見おろす山、国の御岳の意。
宇津江川 うづえがわ 猪臥山東斜面を流れ、宇津江四十八滝代近で宮川へ注ぐ。宇津江−過江岩をかみ、逆巻きながら四十八滝を流れる様をあらわしている。
瓜巣川 うりすがわ 宇津江谷に並行して、南の谷を流れ、広瀬橋付近で宮川へ注ぐ。この流域は、昔広瀬郷と呼ばれ、戦国時代瓜巣に高洞城があった。
大萱川 おおがやがわ 丹生川村を流れ、宮前大萱地内を経て、保木で小八賀川へ注ぐ。この流域には、千光寺があり、開創は古く平安初期と伝へ、戦国の世には、武田氏と江馬氏との戦場として有名。大萱とは屋根を萱葺きしたものを云い大屋根を表現している。
小八賀川 こはちががわ 乗鞍岳大丹生ヶ池より流れ丹生川村を貫流して、現在では平湯・乗鞍岳・長野への要路でもある。小八賀は、昔この流域を小八賀郷と呼んでいた。また丹生川とも云はれる。古くから開け両面宿彌(すくな)の伝説等も伝わり、古代朱生産にも関りがあったとも云われる
山口谷川 やまぐちだにがわ 丹生川に沿って山口谷を流れ、山口地内を経て、細越地内で小八賀川へ注ぐ。
旧小八賀郷。山ノ口の谷の意。方位地名。
洞谷川 ほらたにがわ 洞谷を流れ、大谷地内で小八賀川へ注ぐ。土砂の崩れた処を指す形状語。
沢之上谷川 さわのうえだにがわ 乗鞍岳北面斜面沢之上谷を流れ、大名古地内で池之俣川と合流。小八賀川の源流。川名は沢の上の谷川の意である。
池之俣川 いけのまたがわ 乗鞍岳北面斜面を流れ、御越の滝となって池之俣谷を経て、沢之上谷川と大名古地内で合流し、小八賀川へ注ぐ。小八賀川の源流。地名、池之俣は形状語。
山口谷川 やまぐちだにがわ 山口谷を流れ、山口谷町を経て松ノ木町付近で大八賀川へ注ぐ。山口谷は形状語。
滝川 たきがわ 高山市滝町地内を流れ、塩屋町付近で大八賀川へ注ぐ。水がタギリ流れる所、後世、瀑布を意味する語に転じた。
生井川 うぶいがわ 高山市生井地内を流れ、数河地内で滝川と合流、大八賀川へ注ぐ。産湯(うぶゆ)川の転訛語か。
大八賀川 おおはちががわ 日影平山南斜面を流れ、旧大八賀郷を貫流し、中曽洞・塩屋町を経て高山市内で宮川へ合流する。大八賀は好字地名。
江名子川 えなごがわ 江名子地内を流れ、高山市内で宮川へ注ぐ。この合流点付近は、町屋造りの旧家が建並び、古きよき時代をただよわせている。江名子はエナ(ゴ)川(エナ郷)の義か。エナはイナと同義語。
阿矢谷川 あやだにがわ 石津町地内阿矢谷を流れ、宮川へ注ぐ。アヤダニはイヤ谷の意、イは接頭語。矢は谷のこと。同義語の重複する地名。
苔川 すのりがわ 高山市越後町・岡本町と国道バイパスの沿って流れ、本母町付近で宮川と合流する。川海苔の採れる川をいう。全国各地に所在する。
川上川 かわかみがわ 火ノ山竜ヶ峰北斜面より流れ清見村を貫流し、高山市内で宮川と合流。川上-河上ノ庄、ここは、白鳥町にある白山長滝寺の神領であった。高山市へ出た処に、川上ノ新宮を祀り飛騨における根拠地になっていた。
牧谷川 まきたにがわ 荘川村小鳥峠より流れ牧谷を経て三日町地内で川上川へ注ぐ。この川筋は白川郷へ通じる交通の要路でもある。牧谷は古牧の所在地か。
大楢谷川 おおならだにがわ 大楢谷を流れ、三ツ谷地内で川上川へ注ぐ。大楢谷-この谷筋は楢を主として大原生林でおおわれている。三ツ谷とは、川上川へ三筋の谷が集っている。
戸市川 といちがわ 数河スキー場から流れ、数河・戸市地内を経て、野口で宮川へ合流。数河-管生(すごう)であってこれも木地師に関係のある地名。この川筋を通って神岡町より、高原川を降る線は、越中東街道として昔からの、交通の要路であった。
高原川 たかはらがわ 穂高連峰の西斜面の各谷、安房山直下安房平の水を集め、上宝村、神岡町を貫流し、富山県へ流れている。ここは、古くから開け高原郷といい、この川の名称になっている、流域には、神岡鉱山があり、天正年間金森氏によって、茂住鉱山開発以来全国でも屈指の規模の埋蔵量を持っている。またこの川と各支流は、北飛の豪族江馬氏の幡居した処でもある。
跡津川 あとづがわ 神岡町山之村高原の水を集め峡谷となって佐古地内で、大多和峠付近より流れる大多和谷と合流して跡津地内を通り跡津橋で高原川と合流。この川筋も、豪族江馬氏の根拠地であった。
山田川 やまだがわ 神岡町流葉スキー場より流れ、神岡峠付近より相原・山田・伏方・堀之内・船津地内を流れ、大島地内で高原川へ合流。山田川も文字通りの形状語。
吉田川 よしだがわ 神岡町上吉田、中吉田、下吉田を流れ、釜崎で高原川へ注ぐ。その名の通りひらけた処である。吉川・吉野・吉原・吉村などの名があるように吉も美称か。
大笠川 おおかさがわ 神岡町大笠地内を流れ、山田川へ注ぐ。大笠の大は美称、笠は地形語である。
蔵柱川 くらはしらがわ 上宝村中日ハイランド付近より流れ、蔵柱地内を経て、保木山付近で高原川へ注いでいる。北(方位)ノ(助詞)俣(分岐)を意味する形状語か。
双六川 すごろくがわ 笠ヶ岳より流れている。小倉谷、打込谷、中ノ俣・金木戸川の総称と考へたい。双六あそびに似て、大きく富山県境よりうねって流れている。
金木戸川 かなきどがわ 上宝村小倉谷より流れる。途中金木戸と呼ばれる大峡谷があり、この名がついている。上流小倉谷は、木地師の足跡を物語るものか。
中ノ俣川 なかのまたがわ 黒部五郎岳(飛騨側では中ノ俣岳・中ノ俣白山神社)より流れ、金木戸川へ注いでいる。中(方位)ノ(助詞)俣(分岐)の意か。
北ノ俣川 きたのまたがわ 北ノ俣岳(上岳)より流れ、中ノ俣川と合流、双六川となって高原川へ注いでいる。北(方位)ノ(助詞)俣(分岐)を意味する形状語か。
蒲田川 がまたがわ 穂高連峰西斜面の谷々の水を集めて流れ、神坂地内(新穂高温泉)を経て、栃尾地内宝橋付近で、平湯峠より流れ来る高原川と合流。蒲の生えた田の意。
大滝川 おおたきがわ 硫黄岳直下斜面より流れ、平湯大滝を落下、平湯トンネル出口付近で、安房谷と合流。この大滝川を以て高原川の源流としている。大は美称。滝は水のたぎり流れる所または瀑布の所在する所。

こちらのコンテンツは、監修:池田末則氏 編集:村石利夫氏「日本全河川ルーツ大辞典」(竹書房刊)より許可を頂き、転載しています。

BACK PAGE TOP
コピーライト