亀山PAスマートIC

亀山PAスマートIC本格開始

東名阪自動車道亀山PA(パーキングエリア)には、平成17年12月17日より社会実験として
スマートIC(一旦停止型のETC専用インターチェンジ)を設置しました。(社会実験の結果はこちら

その後、スマートICの社会的認知度があがるにつれ、利用者が順調に増加したこともあり、本格
導入に向け「亀山PAスマートIC 地区協議会」を設立し、国に連結許可の申請を提出しました。
その結果、平成19年3月16日に連結許可となりました。(H19.3.16 記者発表資料

平成19年4月1日から本格導入に移行しています。

− お 知 ら せ −
3月30日 東名阪道 亀山PAスマートICの営業を再開します
〜より安全で便利にご利用をしていただく前進型退出路整備などの完了〜