矢作ダム見学について
 
 矢作ダムは、矢作川上流約80q地点の愛知県(豊田市閑羅瀬町地先)と岐阜県(恵那市串原地先)の県境に位置します。奥矢作湖を貯水池とし、昭和41年度に工事着手し、昭和46年3月に5ヶ年の年月と総事業費145億円を要して完成しました。
 矢作ダムは、水の押す力を両側の岩盤で支えるアーチ式コンクリートダムで、放物線を描く形をしており、水害から地域を守るための洪水調節、農業用水、工業用水、水道用水の供給、発電を目的とした多目的ダムです。
【見学案内】
○見学開始日時 平   日: 9:30〜10:30
13:00〜15:30

土日祝日: 原則として見学対応を行いません。
○見学受入人数 1回の見学者 20名まで
(10名を超える場合はグループ分けをお願いします。)
○見学所要時間 約1時間
 1.ダムの概要紹介や役割の説明(約15分)
 2.ダム操作室(計測機器等)の見学(約20分)
 3.ダム堤体内トンネル(監査廊)及び歩廊からの見学(約20分)
○見学の申込み
矢作ダム見学申込バナー
見学を希望される方は、希望日の一週間前までに「矢作ダム見学 申込フォーム」(左の「矢作ダム見学会申込」バナーをクリックして下さい)からお申込みいただくか、矢作ダム管理所(0565-68-2321)へ電話にてお問い合わせ下さい。

※業務・天候などの理由により、お断りする場合がありますのでご了承願います。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、受入人数を制限しています。
  また、ダム見学当日にはマスクの着用および検温のご協力をお願いします。


Let's探検 矢作ダム