トップページへ戻る

文字サイズ | | 標準 | |

道路事業 > 国道21号


タイトル国道21号
 国道21号は瑞浪市を起点とし、岐阜県を経て滋賀県米原町に至る延長97.0kmの道路です。近年、沿線の可児市及び御嵩町は名古屋市の近郊都市として発展しています。一次改築は昭和38年度から着手し、昭和41年度に管内全線の改良が完了しました。その後、中央自動車道の土岐インターの開通に伴い19号との接点までの拡幅事業及び土岐市定林寺地区の登坂車線を完了させ、さらに土岐市次月峠地区の登坂車線が完了しました。昭和57年度から可児改良に着手し、平成8年度に全線4車線化しました。また、平成3年度には可児御嵩バイパスを事業化し、平成16,17年度に一部開通し、平成22年度に全線暫定2車線開通しました。坂祝バイパスについて平成18年度に多治見砂防国道担当区間を事業化しており順次事業を進めていきます。

地図 国道21号改築区間
可児御嵩バイパスへ



可児御嵩バイパス
■計画概要
区 間 岐阜県可児郡御嵩町井尻
  〜可児市中恵土(L=8.00km)
構造規格 3種1級 W=25m
車線数 4車線
設計速度 80km/h

■事業の経緯
昭和50年7月 都市計画決定(可児市)
昭和59年3月 都市計画決定(御嵩町)
平成3年度 事業化
平成5年度 用地買収着手
平成12年度 工事着手
平成17年3月 L=1.9km暫定供用
平成17年4月 L=2.4km暫定供用
平成22年10月 L=3.7km暫定供用
(全線暫定2車線供用)
写真1
現21号の状況(御嵩町御嵩)


◇パンフレット◇
【PDF:7.0MB】
標準断面図
可児御嵩バイパス標準横断面図(単位:mm)






坂祝バイパス
■計画概要
区 間 岐阜県加茂郡坂祝町大針
  〜各務原市鵜沼東町(L=7.60km)
構造規格 3種1級
設計速度 80km/h

■事業の経緯
昭和62年1月 都市計画決定
平成2年度 事業化 L=4.3km(坂祝町勝山〜各務原市鵜沼東町)
平成6年度 用地買収着手
平成11年度 工事着手
平成18年度 事業化 L=3.3km(坂祝町大針〜勝山)
平成21年3月 L=4.3km 2車線暫定供用(勝山IC〜鵜沼IC)

◇パンフレット1◇
【PDF:2.3MB】

◇パンフレット2◇
【PDF:5.9MB】




戻る