「令和元年度 土岐川・庄内川河川協力団体 アダプト団体合同会議」を開催しました

 令和元年度の土岐川・庄内川河川協力団体・アダプト団体合同会議は2月5日(水)に清須市のみずとぴぁ庄内(庄内川水防センター)において開催しました。
 本会議は、各団体の活動状況、事務局からの事務連絡、意見や情報交換などを行い、各団体の今後の活動に役立てていただくために、年に一度開催しています。

 河川協力団体制度とは、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行う民間団体を支援するものであり、これらの団体を河川協力団体に指定し、河川管理者と連携して活動する団体として法律上位置づけることにより、自発的な活動を促進しようとするものです。庄内川においては、現在、10団体指定されており、令和2年2月に新たに1団体指定される予定です。
 また、「庄内川アダプト」では、庄内川沿川に暮らす地域の皆さんと庄内川河川事務所が、より良い河川環境を実現し誇りを持てる庄内川にしていくために、市民や企業による自主的な活動を支援する取り組みとして行っています。その活動内容は、より良い庄内川を実現するために行う様々な活動(例:清掃活動、花木等の植生管理、水生生物調査、自然観察会、河川愛護活動など)を実施していただいており、現在は40団体の皆様に活動していただいています。
 今年度は、両団体の皆様が交流できる機会となることを願って、初めての合同会議を実施しました。

開催概要
●日時: 令和2年2月5日(水)14:00~16:30
●場所: みずとぴぁ庄内(庄内川水防センター)
●出席団体: 【土岐川・庄内川河川協力団体】
一般社団法人 庄内川災害対策協力会、河川環境保全復元団体リバーサイドヒーローズ、清須・あま・大治かわまちづくり協議会、公益財団法人 河川財団、土岐川・庄内川流域ネットワーク、NPO法人土岐川・庄内川サポートセンター、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会、矢田・庄内川をきれいにする会(敬称略、指定番号順)
【庄内川アダプト団体】
王子製紙株式会社春日井工場、幸心健康公園地元利用者の会、名古屋北リトルシニア野球協会、長須賀学区連絡協議会、名古屋富士ボーイズ、なかぎりワークス、土岐川・庄内川流域ネットワーク、新晃コンサルタント株式会社、名古屋市立 川中小学校、一般社団法人 庄内川災害対策協力会、みどりのまちづくりグループ、清須・あま・大治かわまちづくり協議会、大日本印刷株式会社、かすがい環境まちづくりパートナーシップ会議、愛の家グループホーム土岐かわい、小里川ダム里山教室、日本総合住生活株式会社 名北支店、高蔵寺ニュータウン活き活き楽農会(敬称略、登録順)

活動状況0
会場の様子


議事次第

≪開会≫

庄内川河川事務所長 あいさつ

≪議事≫

1.令和元年度 表彰等について
・河川愛護月間表彰 表彰を受けた8団体を紹介
・中部の未来創造大賞 庄内川流域で受賞した2団体を紹介
2.河川協力団体制度及び登録状況について
・制度について
・河川協力団体登録状況
3.令和元年度 活動実績報告及び令和2年度 活動計画
・河川協力団体 活動状況 各団体の活動を紹介
・アダプト団体活動実績及び活動計画 各団体の活動を紹介
・団体からの活動報告 4団体の代表者が活動を紹介
4.事務局からの連絡事項
・活動における提出書類(アダプト活動)
・川と海のクリーン大作戦 実施報告
・貸出物品在庫一覧・物品借用書
・庄内川河川事務所ホームページについて
5.ご意見、ご要望
 河川協力団体・アダプト団体から寄せられたご意見・ご要望等、13項目につき、それぞれ庄内川河川事務所の各担当者が回答し、皆様に今後の更なるご理解とご協力をお願いしました。
6.意見交換
 「持続可能な取り組みについて」を意見交換のテーマとし、各団体が抱えている継続性(高齢化に対する悩みや、若い世代の確保、活動資金の確保)について意見交換会を実施しました。意見交換の中では若い世代を確保するための取り組みやアイデアについて、又、歳をとってもやっていけるような体制(仕事の仕分け)の取り組みや活動資金の確保の事例紹介など各団体の様々な工夫や取り組みの紹介や、提案等をいただきました。
7.その他
・防災関係
 「洪水被害を軽減するために~自らの命は自らが守る~」という意識の重要性を認識していただくために、過去の災害の被害状況や、さらに起こり得ると考えられている災害リスク等を説明。また、東海豪雨以降に実施してきた被害を防止するために、洪水を貯める施設(小里川ダム、小田井遊水池)の整備、河道で流す対策(堤防の嵩上げ、河道掘削、樹木伐採)などの様々な対策の事業を紹介しました。
 そして、「施設の能力には限界があり、施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生するもの」と意識し、「自分の命を守るために知っておいて頂きたいこと」として、事前に知っておくと良い情報などをお知らせしました。


活動状況1
事務局を代表して挨拶する
庄内川河川事務所 西田事務所長

活動状況2
司会進行役を務めた
庄内川河川事務所 戸﨑副所長

活動状況3
議事1.2.について説明する
庄内川河川事務所調査課
地域連携グループ 渡辺地域連携グループ長

活動状況4
議事3.4.について説明する
庄内川河川事務所調査課
地域連携グループ 安井専門官

活動状況5
団体の活動を報告してくださった
藤前干潟クリーン大作戦実行委員会
実行委員長 坂野一博 様

活動状況6
団体の活動を報告してくださった
矢田・庄内川をきれいにする会
事務局 間野静雄 様

活動状況7
団体の活動を報告してくださった
王子製紙株式会社 春日井工場
環境管理室マネージャー 秋末誠司 様

活動状況8
団体の活動を報告してくださった
土岐川・庄内川流域ネットワーク
事務局長 大村博厚 様

活動状況9
各団体からの数々のご意見・ご要望に応える
庄内川河川事務所調査課
地域連携グループ 渡辺地域連携グループ長

活動状況10
各団体からの数々のご意見・ご要望に応える
庄内川河川事務所管理課
奥村課長

活動状況11
県立多治見病院近くの堤防でのゴミ不法投棄
について回答する庄内川河川事務所
土岐川出張所 桒名出張所長