第6回「多治見市浸水事前防災行動計画(タイムライン)検討会」開催!

~多治見市タイムライン(平成27年度版)の今年度の方針について検討~

市、国、県、消防団、市民代表等の関係機関が連携して作成した「多治見市浸水事前防災行動計画(タイムライン)(平成27年度版)」について、机上訓練や試行運用等の今年度の検討方針について検討する第6回検討会を開催しました。

  • 日時:平成28年6月23日(木) 13:30~ 16:30
  • 場所: 多治見南消防署 3階 講堂(多治見市三笠町2-21)
  • 参加機関:多治見市、中部地方整備局 庄内川河川事務所、多治見砂防国道事務所、岐阜地方気象台、岐阜県、岐阜県警察、多治見市消防団、市民代表

検討会の様子
検討会の様子

開会の挨拶をする多治見市企画部・鈴木企画部長
開会の挨拶をする多治見市企画部・鈴木企画部長

座長として挨拶する松尾一郎氏(環境防災政策総合研究機構)
座長として挨拶する松尾一郎氏
(環境防災政策総合研究機構)

アドバイザーとして挨拶する村中明氏(環境防災政策総合研究機構)
アドバイザーとして挨拶する村中明氏
(環境防災政策総合研究機構)

第6回検討会を実施

第6回目の多治見タイムライン検討会は、多治見南消防署 3階講堂において、参加機関の担当者33名が集まって開催されました。
はじめに事務局長を務める多治見市企画部長・鈴木良平氏からの開会挨拶があり、座長の松尾一郎氏、アドバイザーの村中明氏からそれぞれ挨拶があり、引き続き議事が行われました。

≪議事内容≫

  1. これまでの検討経緯と多治見市タイムラインについて H27年度に開催された第1回から第5回までの多治見市タイムライン検討会における検討内容、完成した多治見市タイムライン(平成27年度版)について確認を行いました。
  2. 今年度の検討方針について 今年度の検討方針として、台風時期前の確認・訓練、台風時期中の試行・検証、台風時期後の検討について提案があり、確認を行いました。 本検討会においては、台風時期前の確認として、各主体における行動項目の詳細確認について、一部をワークショップ形式で実施し、残りを持ち帰って確認することになりました。
  3. 机上訓練の進め方について 多治見市タイムライン(平成27年度版)を運用する上で必要となる課題を抽出するため、実働に近い机上訓練を行うことについて提案があり、その実施概要について確認しました。
  4. 台風時期における試行の進め方について 多治見市タイムライン(平成27年度版)の各主体における行動項目毎の実施手順や実施するために必要となる事項を確認・検証するため、試行運用することについて提案があり、その実施概要について確認しました。

タイムライン試行について説明する松尾座長
タイムライン試行について説明する松尾座長

意志決定Gのワークショップの様子
意志決定Gのワークショップの様子

社会基盤Gのワークショップの様子
社会基盤Gのワークショップの様子

住民避難Gのワークショップの様子
住民避難Gのワークショップの様子

前のページに戻る