海岸事業内容紹介

富士海岸(蒲原工区)

富士川河口より西側約4.3kmの沿岸において、高潮災害等の防止のため、離岸堤、養浜などの海岸保全施設の整備を実施しています。

今年度の主な事業内容

  • 高潮・侵食対策【 ① ② ③ 】
    • 高潮や高波による背後地の越波被害を防止するため、波消しブロックによる離岸堤の整備を実施します。
    • 高潮・高波による砂浜の損失や背後地の浸水・越波を防止するため、施設整備を実施した箇所について養浜を実施します。
  • 防災対策【 ④ 】
    • 防災情報を迅速かつ的確に把握し提供するため、屋外用無停電電源装置を整備し、CCTVカメラの無停電化を図ります。
主な事業箇所
主な事業箇所 PNG(1.14MB)

① ② ③ 離岸堤、養浜

概要

蒲原工区は、海岸堤防の背後に住家が連担し、また国道1号線等の主要交通網が集中しているため、高潮等により甚大な被害を受ける恐れがあります。このため、波浪低減を図るよう離岸堤を整備します。
また、近年では沿岸漂砂量の減少等により海岸侵食が進み浜幅が減少していることから、離岸堤の整備が完了した箇所より養浜工を実施し、浜幅の回復を図ります。

離岸堤、養浜
離岸堤、養浜 PNG(779KB)

④ CCTV無停電化

概要

国土交通省では、平成30年度に閣議決定された「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」に基づき、所管する分野において、災害時に命を守り地域の暮らしと経済を支えられるよう、ソフト・ハードの両面からインフラ機能の強化を進めています。
蒲原工区では、防災情報を皆様へ提供するために必要となる海岸監視カメラ(CCTV)の無停電化を図り、適確かつ継続的な海岸状況監視が行えるよう、努めてまいります。

CCTV無停電化
CCTV無停電化 PNG(679KB)

駿河海岸

大井川東西の沿岸約12.1kmにおいて、高潮災害等の防止のため、有脚式の離岸堤、養浜などの海岸保全施設の整備を行っています。

また、南海トラフの巨大地震等に伴うL1津波を超える津波に対してもできる限り減災機能を発揮させるよう、粘り強い構造の海岸堤防を整備します。

今年度の主な事業内容

  • 高潮・侵食対策【 ① ② 】
    • 大井川工区において、有脚式の離岸堤を整備します。
    • 焼津工区において、海浜(浜幅・勾配)の安定化を図るため養浜を実施します。
  • L1津波を超える減災対策【 ③ 】
    • 榛原工区、住吉工区、大井川工区において、粘り強い構造の海岸堤防を整備します。
主な事業箇所
主な事業箇所 PNG(904KB)

① ② 離岸堤、養浜

概要

高潮・高波による浸水・越波を防止するため、大井川工区にて有脚式離岸堤の整備及び養浜、焼津工区にて養浜を実施します。
防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策として、大井川工区にて粘り強い構造の海岸堤防整備、焼津工区にてブロック式離岸堤の整備を実施する。

離岸堤、養浜
離岸堤、養浜 PNG(768KB)

③ 粘り強い海岸堤防

概要

南海トラフの巨大地震等に伴うL1津波を超える津波に対してもできるだけ減災機能を発揮させるよう、粘り強い構造の海岸堤防を整備します。

※L1津波:比較的発生頻度の高い津波(最大クラスの津波に比べて発生頻度は高く、津波高は低いものの大きな被害をもたらす津波(数十年から百数十年の頻度))

粘り強い海岸堤防
粘り強い海岸堤防 PNG(561KB)