よくあるご質問 砂防編

Q&Aコーナー

当事務所の事業に関して、寄せられたご質問の中から代表的なものをいくつかご紹介します。

  • 質問1.

     狩野川の支流には多くの砂防ダムがありますが、土砂で埋もれてしまっているものが多く見られます。このような状態で役に立っているのでしょうか。
  • 質問2.

     砂防ダムとはどのような役割りをしているのですか?
  • 質問3.

     砂防ダムは水をためるのですか?
  • 質問4.

     砂防ダムがいっぱいになってしまったら、どうするのですか?
  • 質問5.

     川に砂防ダムができると人々の生活は安全になりますが、魚が上流にのぼってこられなくなるのでは?
  • 質問6.

     砂防ダムは、どのような場所につくられるのでしょうか?

質問1.狩野川の支流には多くの砂防ダムがありますが、土砂で埋もれてしまっているものが多く見られます。このような状態で役に立っているのでしょうか。

回答1.

砂防ダム(正式な呼び方は「砂防えん堤」)は、まずは上流域から流れてきた土砂をためます。そして土砂でいっぱいになった 状態になると川の傾きが緩やかになり、次に大雨が降って土砂が流れてきても勢いを弱められ、土砂をさらに貯められるので、下流の民家等への影響を少なくす ることが出来るのです。
砂防えん堤には、下の図のような役割があります。

質問2.砂防ダムとはどのような役割りをしているのですか?

回答2.

河川の上流(渓流)に大雨が降り山崩れが発生すると、大量の土砂や大きな石、流木等が一気に下流へ流れ落ちます。この災害のことを土石流と言います。砂防ダムは、土石流を上流で食い止め、下流の人家や公共施設等への被害を未然に防ぐ為に設けられた砂防施設の一種で、正式には 「砂防堰堤」と言います。
砂防施設には砂防えん堤の他に、川の中に階段状の施設を設けることで川の流れを緩やかにする床固工や、山崩れが起きた場所に木を植えて斜面を崩れにくくする山腹工などがあります。国土交通省では伊豆地域において123箇所の砂防施設を整備しています。

質問3.砂防ダムは水をためるのですか?

回答3.

河川の上流(渓流)に大雨が降り山崩れが発生すると、大量の土砂や大きな石、流木等が一気に下流へ流れ落ちます。この災害のことを土石流と言います。砂防 ダムは、土石流を上流で食い止め、下流の人家や公共施設等への被害を未然に防ぐ為に設けられた砂防施設の一種で、正式には 「砂防堰堤」と言います。
砂防施設には砂防えん堤の他に、川の中に階段状の施設を設けることで川の流れを緩やかにする床固工や、山崩れが起きた場所に木を植えて斜面を崩れにくくする山腹工などがあります。国土交通省では伊豆地域において123箇所の砂防施設を整備しています。

質問4.砂防ダムがいっぱいになってしまったら、どうするのですか?

回答4.

砂防ダムがいっぱいになっても、土砂を取り除くことはしません。 砂防ダムとは洪水などの時に土石流を下流に流さないようにするのが目的です。砂防ダムを造ると自然に土砂が貯まってゆき、いっぱいに見える状態になります。それを「計画貯砂量」といいます。平常はこれを超える土砂は自然に流れ出てしまい、これ以上貯まることはありません。しかし、大規模な洪水が起きると、その上に「計画貯砂量」の10%程度の土砂が貯まります。これを「調節容量」といいます。この「調節容量」は一度貯まっても、次の大規模な洪水が来る前に少しずつ流され、ほぼもとの「計画貯砂量」に戻ります。つまり「調節容量」が大規模な洪水時にも対応できる空間となるため、半永久的に維持管理は不要となります。
なお「調節容量」を大きくするため、土砂を取り除くよう計画している砂防ダムもあります。

質問5.川に砂防ダムができると人々の生活は安全になりますが、魚が上流にのぼってこられなくなるのでは?

回答5.

河川で砂防整備を行う場合、魚がのぼれる施設「魚道」を設けたり 落差を少なくするなど、全国各地で魚のことを考えた方法がとられています。 国土交通省沼津河川国道事務所が整備を行う狩野川においても、砂防施設の計画、設計にあたっては、魚の種類や習性、生態などを事前に調査しています。

質問6.砂防ダムは、どのような場所につくられるのでしょうか?

回答6.

国土交通省では、「土石流」が発生するかもしれないと、危険が予測される場所を調査しながら、砂防ダムの建設を進めています。一般には人目につきにくい、急峻で荒れた山間の谷につくられます。 土石流は、大雨の時などに土砂が急激に流れ出て、大きな岩や流木をまきこみながら民家や田畑を襲う、恐ろしい土砂災害を引き起こします。土石流などによる土砂災害は、毎年全国各地で1,000件近くも起こっており、多くの被害が出ています。伊豆半島でも、昭和33年の狩野川台風によって発生した土石流で、大変な被害を受けました。砂防ダムは土石流の発生を防ぐために、土砂を一時的にせき止め、土災災害から人々の生命や財産を守る重要なはたらきをしているのです。