中部版「くしの歯作戦」

中部版「くしの歯作戦」策定の背景

平成23年3月11日、太平洋三陸沖を震源とする「東北地方太平洋沖地震」が発生し、震度7にも及ぶ地震等に加え巨大な津波により、東日本一帯が甚大な被害。【東日本大震災】
中部地方においても、近い将来発生が予測されている東海・東南海・南海地震等、南海トラフを震源とする巨大地震の発生に備え、津波による甚大な被害が想定される太平洋沿岸部での救援・救護活動、緊急物資の輸送等を迅速に行うため、中部版「くしの歯作戦」【道路啓開オペレーション計画】を策定した。

道路啓開の位置づけ

災害時における救援・救護の要として、がれき等で塞がれた道を切り開き、緊急車両の通行を確保すること

道路啓開の位置づけ

≪対象とする地震≫

1.東海・東南海・南海地震等の南海トラフを震源とするマグニチュード9クラスの大規模地震が発生した場合を想定※
2.沿岸部では最大クラスの津波により甚大な被害が発生していると想定※

※平成25年3月18日内閣府「南海トラフ巨大地震の被害想定(第二次報告)のポイント~施設等の被害及び経済的な被害~」


道路啓開の作業要領

【中央分離帯あり】

道路啓開の作業要領 中央分離帯あり

〇啓開箇所:啓開進行方向左車線の中央分離帯側を標準とするが現地状況に応じて対応
〇放置車両、ガレキの移動:片側(民地側)を標準とするが、現地状況から寄せることが出来ないと判断された場合は、沿道上の空き地に一時的に集積
〇ガレキ処理は地方自治体が実施し、困難な場合は地方自治体の規定により県が主体となって実施する場合がある。

【中央分離帯なし】

道路啓開の作業要領 央分離帯なし

〇啓開箇所:車道の中央部分を標準とするが現地状況に応じて対応
〇放置車両、ガレキの移動:両側を標準とするが現地状況から寄せることが出来ないと判断された場合は、沿道上の空き地に一時的に集積
〇ガレキ処理は地方自治体が実施し、困難な場合は地方自治体の規定により県が主体となって実施する場合がある。

■道路啓開の幅員について

道路啓開の幅員について


各ページへのリンク