宮川水系 [ 日本一の清流 ]

宮川は、全流域面積920km2、幹川流路延長91kmの三重県内最大の河川で、その源を日本の最多雨地帯で知られる大台ヶ原山系の三重県多気郡大台町の日出ヶ岳(標高1,695m)に発し、大杉谷峡谷を貫通し、宮川ダムを経て中流山間部を流れ大内山川などの支川を合わせ伊勢平野に出て、河口付近で大湊川を分派し伊勢湾に注いでいます。
昭和49年7月の洪水(七夕洪水)では、勢田川の氾濫により伊勢市の広域にわたって浸水被害が発生しました。
この洪水を契機に昭和50年4月に一級河川の指定を受け、「工事実施基本計画」が策定され、直轄河川改修事業に着手しました。
被害が甚大であった勢田川では、昭和51年より直轄河川激甚災害対策特別緊急事業が実施され、浚渫や引提、護岸整備などを行い、昭和55年には勢田川防潮水門・排水機場が完成しました。
近年においては、平成16年9月洪水により、宮川上流部では土砂災害が多発し、大量の土砂が宮川へ流出しました。下流部では越水氾濫によって甚大な被害を受けたことから、平成18年より床上浸水対策特別緊急事業が実施され、築堤及び河道掘削などが進められています。
平成19年度には、河川整備基本方針が策定されました。

宮川水系の図

プロフィール
源流 三重県多気郡大台町(日出ヶ岳標高1,695m)
流域面積 920km2
(山地 838km2 ・ 平地 64km2 ・ 河川区域 18km2
幹川流路延長 本川 91k
大臣管理区間 本川 11.6k ・ 五十鈴川 3.2k
勢田川 6.1k ・ 大湊川 1.7k
流域内人口 約 14 万人
計画高水流量 岩出 7,600m2/s

計画高水流量図

歴史
クリックすると大きな画像が表示されます。