櫛田川水系 [ 第1次産業を支え地域の発展に欠 かせない川 ]

櫛田川水系は、その水源を三重県松阪市飯高町高見山(標高1,249m)に発し、支川蓮川流域などを合わせ、伊勢平野に出て佐奈川を合わせ、伊勢湾に注いでいます。
櫛田川の改修工事は、昭和7年から三重県により着手されました。
昭和34年の伊勢湾台風で大きな被害を受けたことを契機に昭和37年度から、直轄河川改修事業に着手しました。その後、昭和42年に一級河川に指定され、「工事実施基本計画」を策定、流下能力上のネック点となっていた櫛田川頭首工の可動堰化(櫛田川可動堰)を昭和44年に完成させ、本川・支川佐奈川の堤防整備・護岸整備などを進めてきました。
また、上流部では、洪水調節などを行う多目的ダムとして、蓮ダムが平成3年に完成しました。
平成15年には、櫛田川水系河川整備基本方針を策定し、平成17年には、河川整備計画を策定しました。
現在、河口部の高潮対策として、高潮堤防の整備を進めています。

櫛田川水系の図

プロフィール
源流 三重県松阪市飯高町(高見山標高1,249m)
流域面積 436km2
(山地 360km2 ・ 平地 71km2 ・ 河川区域 5km2
幹川流路延長 本川 87k
大臣管理区間 本川 18.9k ・ 佐奈川 5.4k ・ 祓川 0.1k
流域内人口 約 17 万人
計画高水流量 両郡橋 4,300m2/s

計画高水流量図

歴史
クリックすると大きな画像が表示されます。