雲出川水系 [ 中南勢地域の発展を支える川 ]

雲出川水系はその源を三重県、奈良県の県境布引山脈三峰山(標高1,235m)に発し、支川八手俣川などの各河川を合わせ、伊勢平野に至り支川長野川、波瀬川及び中村川を合流し河口付近にて雲出古川を分派し伊勢湾に注いでいます。
雲出川の本格的な治水事業は、三重県によって昭和31年に着手されました。しかし、雲出川流域は雨量が多く毎年のように災害を受け、特に昭和34年9月の伊勢湾台風では未曾有の大出水により、本川・支川とも大きな被害を受けました。これを契機として、昭和36年から直轄事業に着手、昭和41年には一級河川に指定され「工事実施基本計画」を策定し、堤防整備、護岸整備などを実施しました。その後、昭和46年8月及び9月洪水、昭和49年7月洪水、昭和57年8月洪水等の相次ぐ出水が発生し、特に昭和57年8月洪水では本川大仰地点及び支川中村川島田橋地点で計画高水流量を上回る流量を記録し、中流部の開口部からの浸水により被害が発生したことから、昭和61年に工事実施基本計画を改訂しました。その後、平成16年9月に再び洪水が発生し、平成18年には河川整備基本方針が策定されました。
現在は、本川、支川中村川で、河道掘削などの治水対策が進めています。

雲出川水系の図

プロフィール
源流 三重県津市美杉町(三峰山標高1,235m)
流域面積 550km2
(山地 473km2 ・ 平地 64km2 ・ 河川区域 13km2
幹川流路延長 本川 55k
大臣管理区間 本川 16.2k ・ 雲出古川 2.5k
中村川 5.1k ・ 波瀬川 4.7k
流域内人口 約 9 万人
計画高水流量 雲出橋 6,100m2/s

計画高水流量図

歴史
クリックすると大きな画像が表示されます。