大規模氾濫減災協議会

本協議会は「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づき、国と県管理河川各々で開催していた協議会を、流域全体として取組を促進させるため、平成28年度に、国及び県の協議会を統合し新たなに大規模氾濫減災協議会を設置。
各構成員がそれぞれまたは連携して実施している現状の減災に係る取組状況等を共有し、円滑かつ迅速な避難、的確な水防活動等による浸水被害軽減を実現するため、国・県の取組方針をフォローアップするとともに、関係機関が連携し、重点的に取組むべき項目について協議・共有するものです。

大規模氾濫減災協議会イメージ

減災に係る取組方針

本協議会においては、発生し得る大規模な水害に対し、「住民の防災意識の向上」、「逃げ遅れゼロ」、「社会経済被害の最小化」を目指し、各市町等の現状や課題に応じた取組を進めるべく、各機関がハード・ソフト対策を一体的・計画的に推進するために取り組む事項について「減災に係る取組方針」としてとりまとめています。  平成28年度から令和2年度までの取り組み状況や流域治水プロジェクトの施策を踏まえ、新5ヶ年(令和3年度から令和7年度)の取組方針を策定しました。

参考 前取組方針(平成28年度~令和2年度)

協議会の開催状況

令和4年度

令和3年度

令和2年度

令和元年度

平成30年度

これまでの減災に係る取組方針・協議会

国管理河川

県管理河川

これまでの協議会の開催状況

これまでの国管理河川の協議会

これまでの県管理河川の協議会