大規模氾濫減災協議会

 本協議会は「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づき、国と県管理河川各々で開催していた協議会を、流域全体として取組を促進させるため、国及び県の協議会を統合し新たなに大規模氾濫減災協議会を設置。
 各構成員がそれぞれまたは連携して実施している現状の減災に係る取組状況等を共有し、円滑かつ迅速な避難、的確な水防活動等による浸水被害軽減を実現するため、国・県の取組方針をフォローアップするとともに、関係機関が連携し、重点的に取組むべき項目について協議・共有するものです。

減災に係る取組方針

 「水防災意識社会の再構築」に向けて、各機関がハード・ソフト対策を一体的・計画的に推進するために取り組む事項について、「取組方針」としてとりまとめました。

 平成30年7月豪雨をはじめ、近年各地で大水害が発生していることを受け、「水防災意識社会の再構築」に向けた取り組みをさらに加速させるため、これまで国・県それぞれの取組方針を統合し、取組の拡充を図りました。

協議会の開催状況

<令和元年度>

令和元年5月31日(金)
<同時開催>
第1回雲出川外大規模氾濫減災協議会
第1回櫛田川外大規模氾濫減災協議会
開催結果
令和元年6月3日(月) 第1回鈴鹿川外大規模氾濫減災協議会 開催結果
令和元年6月19日(水) 第1回宮川外大規模氾濫減災協議会 開催結果

<平成30年度>

平成30年6月21日(木)
<同時開催>
第1回雲出川外大規模氾濫減災協議会
第1回櫛田川外大規模氾濫減災協議会
開催結果
平成30年7月27日(金) 第1回鈴鹿川外大規模氾濫減災協議会 開催結果
平成30年7月30日(月) 第1回宮川外大規模氾濫減災協議会 開催結果

これまでの減災に係る取組方針・協議会

→これまでの減災に係る取組方針・協議会の資料はこちら