HOME新設・改築事業 > 桜沢改良


桜沢改良の概要

国道19号桜沢改良の現道区間は、奈良井川と木曽山脈に挟まれた狭隘な箇所を通過しているため、防災点検による要対策箇所に指定された箇所が存在し、平成13年に雪崩、平成18年の土砂流出の災害による災害が発生している箇所です。
また、線形不良箇所の周辺で重大な交通事故も発生しています。

これらの問題を解決するため、桜沢改良の整備を進め、令和3年11月28日に開通しました。


事業経過


平成19年      桜沢改良が事業化しました。
平成25年11月6日  桜沢改良の着工式が行われました。
平成29年10月8日  桜沢トンネル工事の着工式が行われました。
令和元年12月15日  桜沢トンネルの貫通式が行われました。
令和3年11月28日  桜沢改良が開通しました。


桜沢改良の位置図

位置図
画像を大きく拡大



完成イメージ


完成地図
画像を大きく拡大


桜沢トンネル杭口起点側
桜沢トンネル杭口起点側

桜沢トンネル杭口終点側
桜沢トンネル杭口終点側



諸元


起点終点 起点:長野県塩尻市大字贄川(にえかわ)
終点:長野県塩尻市大字宗賀(そうが)
延長 2.1Km
標準幅員 トンネル部 土工部
8.0m8.5m
道路規格 3種2級
設計速度 60Km/h


桜沢改良の課題


課題1 通行止め時間が一番多い桜沢改良区間


当該区間の災害や交通事故などによる全面通行止め時間は、合計98時間(平成9年~平成24年)発生しています。
当該区間は国道19号に並行する道路が全く存在しないため、約10,000台/日が立ち往生もしくは大きな迂回を余儀なくされます。
桜沢改良課題1グラフ

画像を大きく拡大



桜沢改良の整備効果


集落を迂回する2.1㎞のバイパスが、
国道19号の機能と安全な暮らしを両立させます。


効果1 災害に強い信頼性の高い道


防災要対策箇所既往の災害発生箇所を迂回することにより、防災に対する信頼性の向上と、災害復旧に伴う長期にわたる通行止め解消が期待されます。

効果1画像


効果2事故の少ない安全な道


現在の急なカーブ箇所を迂回することにより、事故の低減と事故に伴う通行止めの減少が期待できます。

効果2画像


効果3 沿線の生活環境にやさしい道


桜沢改良の整備により、現道への車両流入が減少し、夜間騒音の低減をはじめとする沿線環境の改善が期待できます。

効果3画像



パンフレット


※下のパンフレットをクリックすると、PDF形式(3.0MB)で表示されます。

パンフレット

Copyright © 国土交通省中部地方整備局飯田国道事務所 All rights reserved.

topへアイコン