ホーム防災対策天竜川・菊川の重要水防箇所

天竜川・菊川の重要水防箇所

重要水防箇所とは

「重要水防箇所」とは、洪水時に危険が予想され重点的に巡視点検が必要な箇所のことです。

評定基準

「重要水防箇所」は、その箇所の堤防の状態などのより「越水」「漏水」などのいくつかの種別に分類されます。
さらにその種別ごとに、その箇所の状況に応じて2つの重要度と要注意区間に区分されます。

種別 ランク
重要度A 重要度B 要注意区間
越水(溢水) 計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)が現況の堤防高を越える箇所。 計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)と現況の堤防高との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。
堤体漏水 堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、類似の変状が繰り返し生じている箇所。 堤体の土質、法匂配等からみて堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の生じるおそれがあり、かつ堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)がある箇所。 水防団等と意見交換を行い、堤体漏水が生じる可能性が特に高いと考えられる箇所。 堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、安全が確認されていない箇所、又は堤防の機能に支障は生じていないが、進行性がある堤体の変状が集中している箇所。 堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の履歴(被災状況が確認できるもの)はないが、堤体の土質、法匂配等からみて堤防の機能に支障が生じる堤体の変状の生じるおそれがあると考えられる箇所。 水防団等と意見交換を行い、堤体漏水が生じる可能性が高いと考えられる箇所。
基礎地盤漏水 堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、類似の変状が繰り返し生じている箇所。 基礎地盤の土質等からみて堤防の機能に支障が生じる変状の生じるおそれがあり、かつ堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)がある箇所。 水防団等と意見交換を行い、基礎地盤漏水が生じる可能性が特に高いと考えられる箇所。 堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)があり、安全が確認されていない箇所、又は堤防の機能に支障は生じていないが、進行性がある基盤漏水に関係する変状が集中している箇所。 堤防の機能に支障が生じる基礎地盤漏水に関係する変状の履歴(被災状況が確認できるもの)はないが、基礎地盤漏水の土質等からみて堤防の機能に支障が生じる変状の生じるおそれがあると考えられる箇所。 水防団等と意見交換を行い、基礎地盤漏水が生じる可能性が高いと考えられる箇所。
水衝・洗掘 水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れしているが、その対策が未施工の箇所。 橋台取り付け部やその他の工作物の突出箇所で、堤防護岸の根固め等が洗われ一部破損しているが、その対策が未施工の箇所。 波浪による河岸の決壊等の危険に瀕した実績があるが、その対策が未施工の箇所。 水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れにならない程度に洗掘されているが、その対策が未施工の箇所。
工作物 河川管理施設等応急対策基準に基づく改善措置が必要な堰、橋梁、樋管その他の工作物の設置されている箇所。 橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等が計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)以下となる箇所。 橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等と計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。
工事施工 出水期間中に堤防を開削する工事箇所又は仮締切等により本堤に影響を及ぼす箇所。
新堤防・旧川跡・破堤跡 新堤防で築造後3年以内の箇所。 破堤跡又は旧川跡の箇所。
陸閘 陸閘が設置されている箇所。

天竜川・菊川の重要水防箇所

令和3年度の天竜川・菊川の重要水防箇所を公表します。

全体図面

  • 天竜川下流重要水防箇所
  • 菊川重要水防箇所

※クリックすると拡大表示します。(別ウィンドウでPDFファイルが開きます)

堤防にとって破堤等の恐れが生じる危険な状態

  1. 堤防の裏法面が崩れた場合、または崩れる恐れが有る場合

    雨水などにより法くずれが広がり堤防決壊の原因になる。

  2. 洪水中に堤防の裏のり、裏小段に亀裂が生じた場合

    水の浸透などにより亀裂が広がり堤防決壊の原因になる。

  3. 洪水が堤防を越流する恐れのある場合

    あふれた水が住宅地、田畑等に流れ込んだり、堤防の裏法面をけずり破堤の原因になる。

  4. 川表が崩れ始めた場合

    湾曲部等の法面が流水によりくずれ、最終的に堤防の崩壊につながる。

  5. 流水が激しく堤防にあたり洗掘しはじめた場合

    激しい流れにより堤防の表側の法面が削り取られた状態で最後には堤防の崩壊につながる。

  6. 堤防裏側に漏水が認められた場合

    放っておくと堤防内に水道が広がり堤防の崩壊につながる。

※堤防について上記1)~6)までの状態、その他異常を発見した場合、速やかに河川管理者(国、県市町村)に連絡をしてください。