TOPページへ
TOPページとよがわ流域圏こども会議第5回「とよがわ流域圏こども会議」 > ワークショップの発表
ワークショップの発表

ワークショップの発表
「私たちの川で一番大切なもの」




1班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
私たちは、一番大切なものは、『森林を守ること』だと思いました。 理由は、きれいな水などをつくるには、森林もきれいでないといけないからだと思います。
二番目に大切と思ったのは、『きれいな水』です。 理由は、きれいな水でないと生き物が棲めないし、見た目に汚いとこの川には生き物がいないの?と思ってしまうからです。 下流の豊川では少し汚い水だったので、きれいな水の方がいいなと思いました。
三番目に大切なものは、『川を汚さない、ゴミを捨てない、油を流さない』です。 理由は、川が汚れると生物が棲めなくなるからです。




2班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
私たち2班は、一番大切だと思ったのは、『人と川との協力』です。 洪水などが起きたときに、どうすればいいかとかが、川と協力していれば分かるからです。
二番目は、『ゴミを捨てない』です。川を汚さないようにするためです。
三番目は、『生き物を持ち帰らない、逃がす』です。魚がいなくなると困ってしまうからです。

また、私たちの班では、もう一つの答えがでましたので、発表します。
一番目に大切なことは、『水』ということになりました。 理由は、生き物がいっぱい棲める川にしたいからです。 次にもう一つの理由は、飲み水として使う水なので、生きるために大切だからです。 三番目の理由は、生活するために大切なものです。
二番目に大切なのは、『植物』だと思います。 水があるから植物があって、植物があるから生き物が産卵することができると思います。
三番目に大切なことは、『生き物』だと思います。 理由は、どんどん自然を増やしていくために、生き物が大切だと思いました。




3班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
僕たち3班が一番大切だと思ったことは、『川を守る気持ち』です。 理由は川を守る気持ちがないと、どんなに自然があっても、川が汚れてしまうからです。 川を守る気持ちから、下水処理場をつくったり、川を汚さない工夫を行ったりします。 川の神様も、川を守る気持ちからつくられました。
二番目に『自然』が大切だと思います。 自然の中には、山や森、太陽や空気が入ります。
これらはすべてきれいな水をつくることにつながっています。 人も自然もみんなきれいな水をつくるのです。




4班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
私たち4班が一番大切だと考えたのは、『水』です。 水がなくなると、植物、動物、虫、人間、微生物などの生き物が生きていけなくなるからです。
二番目に大切だと思ったものは、『生き物』です。 生き物が川の環境を支えています。 例えば、掃除をして水をきれいにしてくれている生き物がいないと、人間たちの食料がなくなるからです。
三番目に大切だと思ったのは、『土と石と砂』です。 土は川に土がないと隠れる場所がなくなる。 植物が育たなくなる。 石は石も隠れる場所になる。 砂は亀が卵を産めない。 水がきれいにならないからです。




5班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
僕たち5班ででたのは、『水』です。 水がないと水の生き物や魚が死んでしまうから、水がないといけないと思いました。
二番目に大切なものは、『生き物』です。 理由は、生き物などがいないと川もきれいにならないからです。
三番目に大切だと思ったことは、『ゴミを捨てないこと』です。 ゴミを捨てると川が汚くなるからです。
私たちの班は、みんなで、川で大切なものの3つをイメージしたものを絵にして書き上げました。




6班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
私たちは、それぞれ考えたものを、「自然のもの」「作ったもの」の横軸と、 「生きているもの」「生きていないもの」の縦軸に分けて、グループ分けをしました。 その結果、みんなと話し合って、一番、二番、三番を決めました。
一番目は、『水』だと思います。水がないと、生き物が生きれないからです。
二番目は、『生き物』だと思います。生き物がないと、水がきれいか判定できないからです。
三番目は、『植物』だと思います。植物がないと、緑のダムがつくれないからです。




7班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
一番大切なものは、『水が透き通って自然できれいな水に、生き物がいる川』です 自分たちの活動を通したことで、気付いたことを述べました。
二番目に大切だと思ったのは、『ゴミのない川、ゴミを拾う、または自分たちが持ってきたゴミは自分で持ち帰る』です。 私たちの生活にとてもかかわりの深い川をイメージしました。
三番目に大切なのは、『食べるものを残さない、ゴミをつくらない、ゴミをださない、ゴミを捨てない』です。 私たちの川は、私たちに大きく関わっているということで、こどもたちがとても関心が深まったと思います。




8班
ワークショップの発表 ワークショップの発表
私たちの班では、『きれいな水』が一番大切だと思いました。 理由は、生き物が棲みやすいためだと思ったからです。
私たちの班で二番目に大切だと思ったのは、『生き物』です。 理由は、生き物がいると、ゴミや余分な川の汚れを食べてくれる虫がいるからです。
もう一つ二番目に大切なのは、『自然』です。理由は自然がないと、生きていけない生き物がいるからです。
この班では、二番目が2つあったので、四番目も考えてきました。 四番目は『ゴミを捨てないこと』です。 川にゴミを捨てると、川に棲んでいる魚の酸素がなくなったりします。 それに人間の飲み水となる水が減るからです。

↑ページのトップへ戻る