TOPページへ
TOPページ河川の安全利用・水面利用について河川の安全利用 > 河川利用のマナー
河川利用のマナー

 河川利用は原則自由です。しかし、何をしても良いと言うことではありません。基本的なマナーを守るという心構えの上に、初めて安全で楽しい河川利用が成り立ちます。

川のこんな場所には危険がひそんでいる

【マナ−1】ゴミは各自持ち帰りましょう。
【マナ−1】ゴミは各自持ち帰りましょう。 河川利用でのバーベキューなどを行った際、ゴミは必ず各自持ち帰るようにしましょう。また、夜遅くまで騒ぐなど、近隣の住民に迷惑がかからないよう気を付けましょう。犬の散歩をされる方は、飼い犬の糞の始末は飼い主が行ってください。
最近では不法投棄も社会問題になっています。不法投棄はやめましょう。

豊川ゴミマップ 矢作川ゴミマップ

川と海のクリーン大作戦
川と海のクリーン大作戦

【マナ−2】ゴルフの練習は危険です。
【マナ−2】ゴルフの練習は危険です。 最近ではゴルフの練習目的で河川を利用される方も見られますが、他の利用者の多くいる川方向(中洲をめがけて)へボールを打つケースが見られますが、これらの行為は非常に危険ですのでおやめください。また、占用行為にもあたりますので控えましょう。

【マナ−3】河原に車で進入すると危険です。
河原に車で進入すると危険です。 4輪駆動の車輌など、河原で車輌がはまり込むケースが多発しています。河原での走行は控えましょう。

【マナ−4】ジェットスキー、ウィンドサーフィンは他の利用者にも気を配りましょう。
【マナ−4】ジェットスキー、ウィンドサーフィンは他の利用者にも気を配りましょう。 河口部周辺ではアサリやシジミが捕れる箇所もあります。また、同時にジェットスキーやウィンドサーフィンの利用もあるなど多様な河川利用があります。こどもがシジミを捕っているすぐ横をジェットスキーが走り抜けるなど、危険な状況も多く見られます。他の利用者にも気を配りましょう。また、飲酒してのジェットスキー利用も見られますが、自動車同様、飲酒運転は禁止されています。

↑ページのトップへ戻る