TOPページへ
TOPページ > 事務所の沿革
事務所の沿革

年 月 内   容
昭和13年 5月 内務省名古屋土木出張所豊川改修事務所設置(豊橋市西八町)
昭和13年11月 庁舎新築移転(豊橋市三ッ相町)
昭和17年 9月 内務省中部土木出張所豊川工事事務所と改称
昭和18年11月 名静国道第1工事事務所を廃止し豊川工事事務所へ統合、豊橋工事事務所と改称
昭和20年 8月 大崎工事事務所を廃止し、豊橋工事事務所へ統合
昭和23年 1月 内務省廃止により総理府建設院となり、建設院中部地方建設局豊橋工事事務所と改称
昭和23年 7月 建設省設置法が公布され、建設省中部地方建設局豊橋工事事務所、岡崎工事事務所を設置
昭和24年 6月 岡崎工事事務所を廃止し、豊橋工事事務所へ統合
昭和25年 8月 豊橋工事事務所を三河工事事務所と改称
昭和26年 7月 三河工事事務所を分割し、豊橋工事事務所、岡崎工事事務所を設置
昭和29年 3月 豊橋工事事務所庁舎増築
昭和35年 4月 岡崎工事事務所を矢作川工事事務所と改称
昭和39年 7月 矢作川工事事務所を廃止し、豊橋工事事務所へ統合
昭和39年10月 豊橋工事事務所庁舎増築
昭和57年12月 庁舎新築(現在の庁舎)移転(豊橋市中野町平西1−6)
平成10年 7月 KAWAKKO開館
平成13年 1月 中央省庁等改革により、国土交通省中部地方整備局豊橋工事事務所となる
平成15年 4月 豊橋工事事務所を豊橋河川事務所に名称変更

↑ページのトップへ戻る