TOPページへ  80周年ロゴ
TOPページ > 豊川水系流域委員会
豊川水系流域委員会
        
豊川   

  豊川水系河川整備計画策定後、社会情勢の変化や地域の意向、河川整備の進捗状況や進捗の見通し等を適切に反映できるよう整備計画の点検を行っています。

委員会
開催日
資料・当日の様子など
平成30年度第3回

H30.11.06

    議事概要PDF(189KB)
    開催概要PDF(227KB)
  1. 【資料1】  議事次第、出席者名簿、配席図PDF(356KB)
  2. 【資料2】  平成30年台風24号による豊川の出水状況PDF(3.66MB)
  3. 【資料3】  豊川水系河川整備計画の取り組み状況PDF(5.23MB)
  4. 【資料4(1)】豊川総合水系環境整備事業の再評価PDF(1.58MB)
  5. 【資料4(2)】費用対効果分析方法(CVM)についてPDF(2.00MB)
平成30年度第2回

H30.09.07 〜 H30.09.19

    議事概要PDF(72.0KB)
  1. 【資料1】議事次第、出席者名簿PDF(122KB)
  2. 【資料2】設楽ダム建設事業の再評価の一部修正についてPDF(90.1KB)
平成30年度第1回

H30.07.25

    議事概要PDF(165KB)
    開催概要PDF(232KB)
  1. 【資料1】   議事次第、出席者名簿、配席図PDF(373KB)
  2. 【資料2−1】豊川水系流域委員会規約(案)PDF(149KB)
  3. 【資料2−2】豊川水系流域委員会の役割PDF(522KB)
  4. 【資料3−1】H30.7豪雨による出水等についてPDF(1.50MB)
  5. 【資料3−2】最近の河川事業を取り巻く課題PDF(3.87KB)
  6. 【資料4】   豊川水系河川整備計画後の事業進捗状況PDF(7.90MB)
  7. 【パンフレット】 とよがわの川づくりPDF(11.4MB)
  8. 【資料5】   設楽ダム建設事業の再評価PDF(11.1MB)
  ※「【資料5】 設楽ダム建設事業の再評価」については、平成30年2月に改正を行った「治水経済調査マニュアル(案)各種資産評価単価及びデフレーター(国土交通省 水管理・国土保全局河川計画課)」を平成30年8月29日に修正したことに伴い、費用対効果分析を修正し、平成30年度 第2回豊川水系流域委員会において報告しました。
   【資料5】 設楽ダム建設事業の再評価(一部修正)PDF(11.1MB)
    P19を修正しました


豊川水系流域委員会
第1回委員会開催状況(H30.07)

(参考)豊川水系河川整備基本方針のページ
(参考)豊川水系河川整備計画のページ

豊川の明日を考える流域委員会のページ(H10.12.8〜上記委員会設置まで)

↑ページのトップへ戻る