TOPページへ
TOPページ > 矢作古川分派施設工事工事現況
地盤改良工事が始まりました

矢作古川分派施設工事は8月に入り、基礎工事の段階になりました。
この工事は、軟弱地層にセメントを加えて強度を増すもので「地盤改良工」と呼ばれています。
現場では岩盤まで掘削しながらセメントを混ぜる「深層混合処理工法」により、安定した強度の基礎地盤造成を行っています。

写真−現場全景(手前は切り回し水路。左から右へ流れています)


写真−施工機械(基盤岩まで穴を掘りセメントを混合します)


写真−機械のオペレーター(横の画面に操作用データーが表示され、オペレーターは機械を正確に動かします)



矢作古川分派計画概要はこちらPDF
工事概要はこちらPDF

↑ページのトップへ戻る