TOPページへ
TOPページ矢作川・東海(恵南)豪雨10年企画 > 矢作川・東海(恵南)豪雨時の写真提供のお願い
矢作川・東海(恵南)豪雨時の写真提供のお願い

平成22年7月7日
国土交通省中部地方整備局
豊 橋 河 川 事 務 所
矢 作 ダ ム 管 理 所

1.目  的
 矢作川・東海(恵南)豪雨から今年9月で10年が経過し、当時の記憶が失われつつあります。
 洪水がもたらした被害やその教訓を風化させることなく、併せて水防活動の重要性、治水事業の必要性を幅広く地域へ伝えることにより、地域住民の防災意識の向上を図り、次世代へ伝承することが重要です。
 このため、矢作川流域圏の国、県、市町村等で構成する「矢作川・東海(恵南)豪雨10年企画」により、当時の出水状況、被害状況、水防活動状況、災害対策状況等のパネル展示を実施します。
 つきましては、個人の方が保有する写真をパネルとして展示させて頂きたく、写真の借用又は複製をお願い致します。
 提供して頂いた写真につきましては、8月9日(月)の西尾市役所ロビーを皮切りに7市2村でのパネルリレー及び9月11日(土)豊田市福祉センターのシンポジウムでパネル展示等に使用させて頂きます。
 
2.本  文
 国土交通省豊橋河川事務所は、「矢作川・東海(恵南)豪雨10年企画」の一環となる、平成12年当時の矢作川流域における出水状況、被害状況、水防活動状況、災害対策状況等のパネル展示を、今後以下の日程で行うこととしていますが、この展示に活用するため、個人の方が保有している写真の収集を7月8日(木)からはじめました。
@提供
  ・ 下記問合せ先へご一報をお願い致します。
  ・ 借用又は複製に伺います。
Aパネル展示の日程
8月 9日:西尾市(1週間程度)
8月16日:安城市(1週間程度) 8月16日:新城市(1週間程度)
8月23日:碧南市(1週間程度) 8月23日:根羽村(1週間程度)
8月30日:岡崎市(1週間程度) 8月30日:恵那市(1週間程度)
9月 6日:豊田市(1週間程度) 9月 6日:平谷村(1週間程度)
Bその他
  ・ 展示は、提供者名を記述させていただきます。
 
3.問合せ先
   矢作川・東海(恵南)豪雨10年事業 事務局
   豊橋河川事務所 TEL 0532-48-2111(代)
        副所長     今津 実   (内線 205)
        建設専門官  青山 一幸 (内線 401)
   矢作ダム管理所 TEL 0565-68-2321(代)
        建設専門官  伊藤 真也 (内線 401)

↑ページのトップへ戻る