TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
人工衛星を使った映像の送受信訓練を行いました

 豊橋河川事務所は、災害発生時に被災地域における被害拡大の防止や早期復旧・復興を目的とした災害対策用機械を有していますが、10月31日(水)、災害発生時に現場映像を速やかに関係機関へ提供するための「衛星小型画像伝送装置(Ku−SAT ケーユーサット)」の設置及び操作訓練を実施しました。当事務所の職員が、2台のKu−SAT を使い、豊橋河川事務所の敷地内で映像の送受信を行いました。
 今回の訓練が、実際の災害時に、被災した地域の速やかな支援につながればと思います。

訓練機器 配置図
送信用のアンテナを設置
送信用のアンテナを設置
受信用のモニターを設置
受信用のモニターを設置
カメラで撮った映像を送信
カメラで撮った映像を送信

↑ページのトップへ戻る