TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
総合学習の支援(水生生物調査の実施)その3

 7月29日(金)新城市立鳳来西小学校の3・4年生8名と先生1名による水生生物調査を支援しました。
 今回は、豊川上流部の清流公園(設楽町)付近において、@パックテスト(COD、DO、pH、NH4(アンモニウム)、PO4(りん酸)の計測)による簡易水質調査、A透視度測定による水質調査、B水生生物による水質調査を実施しました。
 パックテストの調査では、先週の台風6号による影響で川の水が若干多く、CODとNH4は「汚れた水」と判定されましたが、DOとPO4は「きれいな水からとてもきれいな水」という結果になりました。また、1滴のオレンジジュースを1Lの河川水に入れた実験では、河川水のCODが8以上であったのに対して100以上の結果となり、児童たちはわずか1滴のジュースさえ、捨ててしまえば川を汚してしまうことを学びました。
 透視度の測定では、透視度計の最下部にある二重線で十字を書いた印が100cmを越えた位置から確認することができたので、「透視度100cm以上」という結果になりました。
 今回の水生生物調査は、水温17度で夏としては非常に冷たい水でしたが、子供たちは元気に川に入り水生生物を採取しました。採取した水生生物は8種類で、いずれも「きれいな水」に生息する生物でした。

パックテスト調査 水生生物の採取
パックテスト調査 水生生物の採取
調査表へ記入 全員集合
調査表へ記入 全員集合

 引き続き、当事務所は、豊川・矢作川流域での水生生物調査を支援していきます。

↑ページのトップへ戻る