TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
豊川・矢作川出水期前点検・河川敷公園施設の搬出訓練を実施

 豊川・矢作川には、橋梁、水門、排水機場などの占用工作物が506施設、存在します。
 梅雨や台風などの出水期を迎える前に各占用工作物の状態を点検し、補修箇所や出水期間中に注意する必要がある箇所を把握するために、「出水期前点検」を毎年4〜5月に実施しています。
 当事務所では、全ての占用工作物について、今年度も4月に施設管理者に点検の実施を依頼するとともに、4月30日から5月30日にかけて、重要な占用工作物78施設を対象に、施設管理者と合同で点検を実施しました。
 また、5月13日から27日にかけて、両川の護岸等河川管理施設135カ所を安全に利用できるか点検し、4カ所で対策を実施しました。

点検前のミーティング 樋門操作台の点検
点検前のミーティング 樋門操作台の点検
樋門管理橋の点検 安全利用点検で対策を実施した箇所
樋門管理橋の点検 安全利用点検で対策を実施した箇所

 また、両川の河川敷には公園が多くありますが、出水期は、公園施設が流されたりするなどして下流部に被害をもたらす危険があります。その場合、管理している沿川自治体は公園にある施設を公園外に搬出したり、バックネットなどは流されないようロープで固定し転倒させるなど、対策を計画的に実施することになっています。
 そこで5月18日から5月31日にかけて、当事務所職員立会のもと、管理している自治体において、公園施設の撤去・搬出作業の訓練を実施しました。
 これから雨の多い季節になりますが、各機関との連携を深め、出水時の迅速な対応に努めていきたいと思います。

訓練前のミーティング 休憩施設の撤去・搬出
訓練前のミーティング 休憩施設の撤去・搬出
仮設トイレの搬出 ゴールポストの搬出
仮設トイレの搬出 ゴールポストの搬出

↑ページのトップへ戻る