TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
当事務所のTEC-FORCE隊員が東北地方に派遣されました

 3月11日14時46分、マグニチュード9.0というこれまでにない規模の東北地方太平洋沖地震が発生しました。東北地方の太平洋沿岸を中心に高い津波により、多くの方が犠牲となり、また多くの建物が被災するなどの大震災となりました。
 当事務所では、山住副所長・竹下工務係長が3月19日〜24日まで、TEC-FORCE隊員として、津波による被災地の排水活動のため宮城県名取市(仙台空港)、東松島市へ派遣されました。震災後の被災地はあたり一面が流された家屋等によるがれきばかりで、水につかったままの所も多かったとのことでした。
 河川・浸水被害への対応については、被災者救出・物資輸送支援のため、仙台空港の排水を、大量の排水ポンプ車を投入して集中的に行いました。
 排水活動により、浸水域の水位は低下し、排水活動も完了した地域もありますが、浸水範囲が広範囲にわたるため、現在(4/13現在)でも排水活動は継続しております。また、大きな余震も起きているところですが、被災地の早期の復旧が望まれます。がんばろう!東北

*TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)は大規模自然災害発生時に、被災地に派遣され、被害状況の調査、被害の拡大防止、早期復旧に関する地方公共団体等の支援を行います。

3/19 【仙台空港浸水状況】仙台空港にて 3/20 【排水状況】仙台空港北付近にて
3/19 【仙台空港浸水状況】
仙台空港にて
3/20 【排水状況】
仙台空港北付近にて
3/21 【排水活動状況】東松島市にて 3/19 【現地対策支部での打合せ状況】仙台西国道維持出張所にて
3/21 【排水活動状況】
東松島市にて
3/19 【現地対策支部での打合せ状況】
仙台西国道維持出張所にて
3/21 【津波により横転した機関車】石巻市にて 3/21 【津波による被災状況】松島町にて
3/21 【津波により横転した機関車】
石巻市にて
3/21 【津波による被災状況】
松島町にて

↑ページのトップへ戻る