TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
出水期前に河川敷公園施設の搬出訓練を実施

 豊川・矢作川の河川敷には市民の憩いの場として多くの公園がありますが、出水により水に浸かった際には、上流から流れてきたゴミなどが公園の施設に絡み流水の妨げになったり、施設そのものが流されて、下流で思わぬ被害をもたらすといった危険があります。
 このため、河川敷にある公園の施設は、取り外して搬出できる構造や転倒する構造(1m以下の固定式は除く。)になっており、公園を管理する市町村は、出水が予想される場合は設置してある公園の施設を撤去及び転倒を計画的に実施することになっています。
 搬出訓練は、雨が多くなる梅雨の前に施設の状態を把握し、実際に搬出・転倒作業を行うことで出水時における災害の発生を防止することを目的として実施しています。

訓練開始前のミーティング バックネット類は特にゴミが絡みやすい
訓練開始前のミーティング バックネット類は特にゴミが絡みやすい
トイレ・バスケットゴールはレッカーにて搬出 トイレ・バスケットゴールはレッカーにて搬出
トイレ・バスケットゴールはレッカーにて搬出

↑ページのトップへ戻る