TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
豊川放水路ゲート操作訓練実施

 5月12日(水)豊川放水路管理所において、豊川放水路ゲート操作訓練を、所内職員で構成する操作要員の8名の参加で行いました。

 豊川放水路は、豊橋市市街地の洪水対策として昭和40年に設置されました。
 豊川が一定の水位になると、豊川の水の一部をゲートから放水路へ流し、豊川下流部の水位の上昇を軽減し、洪水による堤防の越水、破堤をおこさないように、住民の財産・生命を守る施設です。
 参加者は、そうした重要な施設の操作に携わるという高い使命感を持ち、緊張感を保ちながら、訓練に望みました。

真剣に機器類の操作に取り組む各職員 真剣に機器類の操作に取り組む各職員
真剣に機器類の操作に取り組む各職員
説明を熱心に聞き入る各職員 豊川放水路のゲート
説明を熱心に聞き入る各職員 豊川放水路のゲート

↑ページのトップへ戻る