TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
とよがわ流域圏こども会議

 「とよがわ流域圏こども会議」は、「とよがわ流域圏一体化への取り組み」の一環として、私たちが生活する上で欠かすことのできない「とよがわの水」を将来に引き継ぐために、次世代を担うこどもたちが主役になって行うもので、平成14年から実施しています。
 今年は、11月12日(木)に舟着小学校で開催され、とよがわの上流〜下流の地域から小学校4校(児童63名 引率9名)が参加して、「発表会」、「体感学習」、「鳳来寺山自然科学博物館見学」を実施しました。
 発表会では、こどもたちが今年の夏に実施した水生生物調査の結果について、学校毎に発表しました。どの学校の発表も工夫が見られ、会場からは惜しみない拍手が送られました。
 体感学習では、「水」役と「植物」役に分かれて、雨が川に流れ込む仕組みを実演、森が貯水機能を持つことなど山林の役割を楽しく学びました。
 その後、鳳来寺山自然科学博物館に移動し、地元の豊かな自然について学習しました。

 この会議を通じて、とよがわ流域圏の次世代を担うこどもたちが、水でつながっている森・川・海について真剣に考え、そして学ぶことにより、今まで以上にとよがわを知り、より良くしていこうという意識をもってもらえたのではないでしょうか。

みんなの前で、少し緊張気味の生徒 工夫を凝らした発表でした
みんなの前で、少し緊張気味の生徒 工夫を凝らした発表でした
みんな元気に発表しました 川の生物を英語の歌で発表しました
みんな元気に発表しました 川の生物を英語の歌で発表しました
川の流れを表現するこどもたち 4校集合 はい、チーズ!
川の流れを表現するこどもたち 4校集合 はい、チーズ!

↑ページのトップへ戻る