TOPページへ
TOPページとよがわ・やはぎがわ日記
水難事故防止連絡会の活動について

 近年多発する河川水難事故を受けて、7月1日から7日までを「河川水難事故防止週間」として設置し、7月1日(水)に水難事故防止連絡会の通常総会を開催し、併せて危険箇所の合同現場点検を行ないました。
 水難事故防止連絡会は、河川利用者の安全確保に必要な施策について検討、協議及び実施することにより、水難事故を未然に防止することを目的として、地元自治体、警察、消防、河川利用者、河川管理者で構成され、活動を行っています。
 通常総会においては、水難事故防止に向けた取組み事例、平成20年7月28日に発生した兵庫県都賀川の水難事故概要等について事務局より報告がありました。また、河川水難事故防止のビデオを上映し、安全利用に対する啓発活動を実施しました。
 現場点検は、豊川については豊橋市の金色島と牛川の河原、矢作川については豊田市の水源公園を行いました。過去に発生した水難事故の現場や水上バイクの乗り入れによる事故などの説明を行いました。

通常総会(豊川) 通常総会(矢作川)
通常総会(豊川) 通常総会(矢作川)

↑ページのトップへ戻る