TOPページへ
TOPページ災害支援
  豊橋河川事務所職員が御嶽山噴火の災害支援のため、
  長野県木曽町へリエゾン派遣!

 豊橋河川事務所職員2名は、10月2日(木)、御嶽山噴火の災害支援のため、長野県木曽町へ出発しました。
 リエゾン(災害対策現地連絡員。災害時における地方公共団体と中部地方整備局とのパイプ役)業務を行い、10月3日(金)には別の職員2名が現地に出発し、業務を引き継ぐ予定です。

事務所より出発する様子。
事務所より出発する様子。

↑ページのトップへ戻る