ssa 防災・広報施設 | 天竜川を利用する | 天竜川上流河川事務所
笑顔、きらきら、天竜川。 天竜川上流河川事務所
サイトマップ
Google(ロゴ)
災害/防災情報 天竜川を利用する 洪水に備える 土砂災害に備える 天竜川流域を考える 事務所関連情報
トップページ > 天竜川を利用する > 防災・広報施設
防災・広報施設
天竜川総合学習館 「かわらんべ」
天竜川総合学習館は、大雨による洪水の時などに飯田市の「防災活動拠点」としての役割をはたします。ふだんは、河川環境や、安全な河川利用など総合的な学習の場としても利用されています。
総合学習〜川を舞台により広範に〜
総合的な学習とは、子どもたちが自らものごとを考え、問題を解決していく力を身につけるために、創意工夫を凝らした学習活動です。
従来の教科書で括られた教科の枠や、学校という仕切りを越えた課題に取り組むので、地域社会との連携が必要とされます。

 かわらんべでは、地域社会の一つの要素として、川という多彩な自然環境を活用し「総合的な学習の時間」へ全面的に協力することで、子どもたちが豊かな心を、より一層大切にしていくことを応援します。

防災拠点〜水害への備え〜
洪水の時などは、河川・気象情報の発信、水防団詰所、地域住民の避難場所としての役割をもっています。

連絡先
天竜川総合学習館かわらんべ
〒399-2431長野県飯田市川路7674 TEL0265-27-6115
国土交通省中部地方天竜川上流河川事務所
〒399-4114長野県駒ヶ根市上穂南7番10号 TEL0265-81-6415
天竜川総合学習館「かわらんべ」ホームページへ
砂防情報センター
砂防情報センターは、中央アルプスの駒ケ岳や空木岳を源とした太田切川流域にある情報施設です。当センターでは、太田切川流域の地域特性や土砂災害の恐ろしさ、砂防事業の意義等について、見て・触れて・学習できる施設となっており、館内には流域地形ジオラマや映像コーナー、土石流・地すべり模型実験装置などが配置されるとともに、併設の降雨体験車「あめ太郎」では実際の豪雨体験ができるようになっています。

砂防情報センター設備

◆降雨体験車「あめ太郎」
土砂災害の原因となる降雨について、車内で体験できるようになっており、時間雨量10mmから180mmまでの6段階で、周囲の視界がどのように変化するかを知ることができます。
◆太田切川流域地形ジオラマ
太田切川流域を1万分の1に縮小した地形ジオラマで、ボタンを押すと砂防施設や観光施設・公共機関の位置を示したランプが点滅します。
◆砂防対策模型
土石流対策模型と地すべり対策模型の2種類があり、土砂災害のしくみや怖さ、砂防事業の役割と大切さをわかりやすく知ることができます。
◆映像コーナー
砂防事業や土砂災害に関するビデオ映像を、タッチパネルからの操作で見ることができ、さまざまな情報を得ることができます。
◆砂防パネル
太田切川流域のなりたち、天竜川上流域の砂防施設等のパネルを展示し、砂防事業の大切さを理解することができます。

砂防情報センター 案内図

砂防情報センター 案内図

アクセス

●中央自動車道駒ヶ根ICより北西へ車で約5分

ご利用案内

ご利用案内
開館時間(アルプス体験館) 8:30〜17:00
休館日 4月〜10月 毎週水曜日休館
11月、3月 毎週水・木曜日休館
12月〜2月 閉館
※降雨体験車も休館日に合わせて運休となります。

連絡先

森と水のアウトドア体験広場 アルプス体験館(管理棟)内事務室
〒399-4301 長野県上伊那郡宮田村4752-96 TEL0265-85-0455
国土交通省中部地方整備局天竜川上流河川事務所
〒399-4114 長野県駒ヶ根市上穂南7番10号 TEL0265-81-6417
国土交通省 中部地方整備局
天竜川上流河川事務所

〒399-4114
長野県駒ヶ根市上穂南7番10号

TEL
FAX
0265-81-6411
0265-81-6421
|  関連リンク  |    サイトポリシー  |  プライバシーポリシー  |  著作権について |
Copyright(C) 2006 天竜川上流河川事務所