シリーズ 天竜川

「広報誌かわらんべ」よりピックアップしてお届けします。

・天竜川と暮らして:天竜川に深く関わる個人や団体の、天竜川へよせる想いをご自身の言葉と写真で紹介します。
・天竜川 川の旅:天竜川の源流から河口にかけて、その風景や自然を中心にご紹介します。
・川らん辺(かわらんべ)自然通信:川とかかわりの深い生き物や川の自然現象について、専門的に解説します。


天竜川と暮らして
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5

天竜川リバーガイド
三浦 務さん

水環境の研究者
沖野 外輝夫さん

河川愛護モニター
小林 幸義さん

ザザムシ漁師
中村 昌二さん

川路水害予防組合
田畑 保広さん
No.6 No.7 No.8 No.9 No.10

中部電力 平岡ダム管理所

ホタルとアヤメの里づくりの会(駒ヶ根)

天竜川の風情を守る C-wat

中川村歴史民俗資料館

飯伊釣り文化を伝承する会
No.11 No.12 No.13 No.14 No.15

河川協力団体(天竜川上流管内)

天竜川鵞流峡復活
プロジェクト

大アマゴの天竜差しを将来へ
天竜川 川の旅
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5

天竜川の源流を訪ねて
八ヶ岳連峰・竜源橋

森林を駆け下る渓流
滝ノ湯川

諏訪盆地を潤す里の川
上川

動物たちの憩いの場
上川

諏訪の海へ
諏訪湖
No.6 No.7 No.8 No.9 No.10

天竜川の出発点
- 釜口水門

製糸業発展を支えた川
- 岡谷

竜西耕地の水瓶:西天竜頭首工 - 川岸

高遠城主も遊興した上平出の坪梁

ホタル飛び交う松尾峡
No.11 No.12 No.13 No.14 No.15

天竜川らしい流れの始まり
- 横川川合流

屈指の生物生産量
- 新樋橋(しんといばし)

懐かしい遊び場
- 羽場下(はばした)

天竜川の小さな滝
- 伊北地区の取水堰

豪雨災害からの復旧
- 北島
No.16 No.17 No.18 No.19 No.20

天竜川と一体の親水広場
- みのわ天竜公園

堰が消える?
- 三日町頭首工

「高遠みち」が渡る
- 箕輪橋

鮭の回帰を目指し
- 不死清水

ゆずり合いの橋
- 明神橋
No.21 No.22 No.23

再生した生き物の楽園
- 上牧護岸

両岸をつなぐ数多の橋
- 伊那市街地

天竜川の魚の記録館
- 天竜川漁協(伊那市)
川らん辺(かわらんべ)通信(NO.36まで自然通信)
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5

イワナ

アユ

ザザムシ

ウシガエル

カヤネズミ
No.6 No.7 No.8 No.9 No.10

ポットホール

ウスバキトンボ

ヒバカリ・ジムグリ

天竜川でみられる石
No.11 No.12 No.13 No.14 No.15

川の支流の数え方

冬のクワガタ

ヤマトヒメカワゲラ

キバネツノトンボ

シロスジカミキリ
No.16 No.17 No.18 No.19 No.20

カワムツ

オオナガレトビケラ

ガムシ

オナガサナエ

ヒロヘリアオイラガ
No.21 No.22 No.23 No.24 No.25

モズと はやにえ

越冬中のクワエダシャク

ノスリ

タンポポの冬越し

カゲロウの亜成虫
No.26 No.27 No.28 No.29 No.30

キツネ

ドウトク沢の金属鉱物

ハグロトンボ

タマムシ

珪藻類(けいそうるい)
No.31 No.32 No.33 No.34 No.35

コクチバス
(スモールマウスバス)

天竜川の川霧(かわぎり)

夜泣き石

駒ヶ根と飯田の切石

“山つなみ”と出砂原
No.36 No.37 No.38 No.39 No.40

災害を忘れぬ為に

地名が語る過去の土砂災害
【ウメ(ムメ)小字と崩壊地】

地名が語る過去の土砂災害
【こんす島・出来島】

土石流の歴史を刻む高台の地層

かわらんべ講座の中の伊那谷遺産
【三六災最高水位標】
No.41 No.42 No.43 No.44 No.45

かわらんべ講座の中の伊那谷遺産
【姑射橋】

かわらんべ講座の中の伊那谷遺産
【時又港】

かわらんべ講座の中の伊那谷遺産
【隅之木碑】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【二つの泣き石伝説(伊那谷遺産)】

300年前の大洪水に学ぶ 池口くずれ編
【遠山川の埋没林(伊那谷遺産)】
No.46 No.47 No.48 No.49 No.50

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【惣兵衛堤防(下市田大川除)(伊那谷遺産)】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【大荒神の大榎(川路の大エノキ)】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【溢れた天竜川 湖のごとく】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【300年目の6/20に講座を開催しました】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【理兵衛堤防(中川村田島)(伊那谷遺産)】
No.51 No.52 No.53 No.54 No.55

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【地域に残る満水の言い伝え 飯田市川路竜丘でのアンケートから】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【大地震のあとに大満水(大水害)】

300年前の大洪水に学ぶ 未満水編
【満水はいつ起きてもおかしくない】

H18年7月豪雨災害から10年 @
【10年前かわらんべも大洪水】

H18年7月豪雨災害から10年 A
【なぜ大きな災害となったのか?】
No.56 No.57 No.58

H18年7月豪雨災害から10年 B
【水害を引き起こす線状降水帯とは?】

H18年7月豪雨災害から10年 C
【平成18年7月豪雨災害岡谷市における土石流災害の地形・地質的な要因】

H18年7月豪雨災害から10年 D
【この災害の教訓を明日の防災に活かそう】

 このページのトップへ
 トップページへ