「かわらんべ」とは
「かわらんべ」とは、「天竜川総合学習館」の愛称で、伊那谷の方言では、「カッパ」のことを意味します。「カッパのように川に親しみ川を知り、洪水や水難から身を守る知識や、自然環境に目を向けてもらいたい」との願いを込めて運営しています。過去のたび重なる水害を踏まえ「天竜川防災拠点事業」として建設された「かわらんべ」は、平成14年7月にオープンし、飯田市と国土交通省が共同で運営を行っています。

防災 / 体験講座 / 地域コミュニティ  −3本柱の運営方針−

 防災拠点として、いざというときに備える一方、平常時は天竜川上流域の自然や防災などをテーマとした、お子様から大人まで楽しく学べる体験講座を開催しています。また、「貸し室」もご用意しており、地域のコミュニティ活動に利用することができます。
 体験講座の参加や、コミュニティ活動にご利用いただくことで、自然環境への理解が深まったり、人とのつながりが強くなり、いざというときの助け合いにも役立ちます。



防災イベント
「消化器で的あてゲーム」

不思議がいっぱい
「ムシ探検」

川の安全利用を学ぶ
「ジャブジャブ運動会」

地域のコミュニティ活動
「人形劇」


環境保全活動にも力を入れています。

 「かわらんべ」の自然体験講座は、天竜川上流域の豊かな自然環境や生物多様性の保全に理解を深めることを目的としています。地域の皆様のご協力をいただきつつ、様々な環境保全への取り組みを行っています。



河川敷をキレイに
「環境美化活動」

特定外来生物
「アレチウリ駆除」

特定外来生物
「ウシガエル捕獲」

環境保全意識を育む
「子アユの放流」


 このページのトップへ

 トップページへ