笑顔、きらきら、天竜川。 天竜川上流河川事務所
サイトマップ
Google(ロゴ)
災害/防災情報 天竜川を利用する 洪水に備える 土砂災害に備える 天竜川流域を考える 事務所関連情報
トップページ > 事務所関連情報 > 事務所について

事務所について

天竜川上流河川事   写真:事業所
〒399-4114
  長野県駒ヶ根市上穂南7番10号
  TEL 0265-81-6411
FAX 0265-81-6419

自然も人も笑顔になれる 川づくり、ふるさとづくり。
川から守る、安心・安全な暮らし 穏やかな表情を見せる天竜川も、時には“暴れ天竜”となり災害をもたらします。私たちは、河川事業や砂防事業などを行い、流域の人々に安心して暮らしていただける川づくりを進めています。
川から学ぶ、環境への思いやり。 美しく豊かな天竜川の環境を、次の世代へ引き継いでいくことも、私たちの大きな使命です。魚や鳥、植物などをはぐくむ川と人との共生をめざした川づくりを進めています。
川から始まる、豊かな地域づくり。
川に親しみ、川の恵みを受け、流域に暮らす豊かさを実感する毎日へ。
イベントの開催や親水空間の創造などを通じて、地域の皆さまとのコミュニケーションによる川づくりを進めています。

お問合せ先

部 署 名 業   務   内   容 連絡先
総 務 課
( 1 F )
窓口業務、職員の福利厚生などの業務などを行っています。 電話:0265(81)6411
FAX:0265(81)6419
経 理 課
( 1 F )
事務所が発注する工事などの契約・支払に関する業務などを行っています。 電話:0265(81)6412
FAX:0265(81)6419
用 地 課
( 1 F )
事業に必要な用地の確保、移転補償などの業務を行っています。 電話:0265(81)6413
FAX:0265(81)6419
品質確保課
( 2 F )
工事の発注に係る技術提案の審査・評価に関する業務及び品質確保・工事検査などに関わる業務を行っています。 電話:0265(81)6416
FAX:0265(81)6438
砂防調査課
( 2 F )
砂防・地すべり対策の調査、計画、広報に関する業務を行っています。 電話:0265(81)6417
FAX:0265(81)6421
工 務 課
( 2 F )
河川事業、砂防・地すべり対策事業の工事の設計、検査に関する業務などを行っています。 電話:0265(81)6418
FAX:0265(81)6421
管 理 課
( 3 F )
河川占用等の許認可の事務、河川の維持修繕工事の設計、積算、発注に関する業務などを行っています。 電話:0265(81)6414
FAX:0265(81)6420
調 査 課
( 3 F )
河川の調査、計画、広報に関する業務を行っています。 電話:0265(81)6415
FAX:0265(81)6420

案内図

案内図
出張所
■伊那出張所
  〒396-0026
    長野県伊那市西町5171-2
TEL 0265-72-2734
FAX 0265-72-3341
写真:伊那出張所
■駒ヶ根出張所
  〒399-4117
    長野県駒ヶ根市赤穂4538-5
TEL 0265-82-5682
FAX 0265-83-0618
写真:駒ヶ根出張所
■飯田河川出張所
  〒395-0821
    長野県飯田市松尾新井6753
TEL 0265-22-3654
FAX 0265-53-0359
写真:飯田河川出張所
■三峰川砂防出張所
  〒396-0211
    長野県伊那市高遠町西高遠631
TEL 0265-94-2059
FAX 0265-94-2376
写真:三峰川砂防出張所
■飯島砂防出張所
  〒399-3702
    長野県上伊那郡飯島町飯島2527-3
TEL 0265-86-2159
FAX 0265-86-4009
写真:飯島砂防出張所
■小渋川砂防出張所
  〒399-3502
    長野県下伊那郡大鹿村大字大河原892
TEL 0265-39-2301
FAX 0265-39-2460
写真:小渋川砂防出張所
■遠山川砂防出張所
  〒399-1312
    長野県飯田市南信濃八重河内209-5
TEL 0260-34-2376
FAX 0260-34-2641
写真:遠山川砂防出張所
担当区域図
担当区域図

出張所 管理区間
伊那出張所 天竜川 (23.40km):伊那市殿島橋〜辰野町昭和橋
三峰川 (10.82km):天竜川合流点〜高遠ダム直下流
横川川 ( 0.18km):天竜川合流点〜辰野町横川川JR橋
駒ヶ根出張所 天竜川  (33.00km):高森町万年橋〜伊那市殿島橋
小渋川  ( 3.06km):天竜川合流点〜小渋川第二床固
太田切川( 2.10km):天竜川合流点〜太田切橋
飯田河川出張所 天竜川 (54.22km):静岡県境〜高森町万年橋
三峰川砂防出張所 三峰川流域 (481.4ku):砂防工事担当
飯島砂防出張所 太田切川流域( 61.5ku)
中田切川流域( 22.5ku)
与田切川流域( 42.7ku):砂防工事担当
片桐松川流域( 28.4ku)
新宮川流域  ( 58.0ku)
小渋川砂防出張所 小渋川流域 (295.0ku):砂防工事担当
遠山川砂防出張所 遠山川流域 (342.5ku):砂防工事担当
事務所のあゆみ
天竜川は、諏訪湖を源とし中央・南アルプスの間を南下し、静岡県を流下し太平洋に注ぐ、流域面積5,090km2、幹川延長213kmの我が国屈指の急流河川であり、 脆弱な地層、急峻な地形と相まって、洪水や土砂災害といった幾多の災害を引き起こしてきた。
天竜川上流河川事務所の前身として、昭和12年に内務省直轄の名古屋土木出張所小渋川砂防工 場が設置され、本格的な砂防工事に着手した。昭和22年には小渋川砂防を引き継ぎ、内務省関東 土木出張所天竜川工事事務所が発足した。その後、幾たびかの名称変更を経て、昭和28年4月1 日に建設省中部地方建設局天竜川上流工事事務所と名称を変更、また平成13年1月6日、中央省 庁の再編が行われ、国土交通省中部地方整備局天竜川上流工事事務所に改組された。平成15年4 月1日より天竜川上流河川事務所に名称が変更され、管内に7つの出張所(河川3出張所、砂防 4出張所)を配置し、天竜川上流域の河川、砂防にかかわる工事、管理、調査等を実施している。

     
年月日 名称 所在地 主なできごと
昭和
12年6月1日
内務省
名古屋土木出張所
小渋川砂防工場
   
      ・昭和20年10月の大洪水を契機として事務所設立
・小渋川砂防を内務省名古屋土木出張所から引き継ぐ
22年6月1日 内務省
関東土木出張所
天竜川工事事務所
飯田市大通り  
22年11月1日   上伊那郡
赤穂町
 
23年1月1日 建設院関東地方建設局
天竜川工事事務所
石川町に移る  
23年7月10日 建設省関東地方建設局
天竜川改修工事事務所
   
23年9月1日   上伊那郡
赤穂町
共楽園
 
24年1月1日 建設省関東地方建設局
天竜川工事事務所
   
      ・25年6月 大洪水
・26年7月 三峰川砂防着手
・26年5月〜39年3月
国道19号線の改修、その後木曽国道に移管
・27年4月〜28年7月
美和ダム調査、その後美和ダム調査事務所に移管
28年4月1日 建設省中部地方建設局
天竜川上流工事事務所
   
      ・32年 大洪水
・34年8月 大洪水
・34年 片桐松川 砂防着手
・35年4月〜36年3月 小渋ダム調査
(その後、小渋ダムに移管)
・伊那谷梅雨前線による集中豪雨により未曽有の大洪水
→この災害を契機に太田切川、中田切川、与田切川さらに藤沢川、山室川、新宮川の砂防着手
37年12月22日 駒ヶ根市赤穂北下り
2485番地
   
      ・39年河川法改正(39.7.10公布、40.4.1施工)
40年3月29日     ・直轄河川管理事業に着手
40年4月1日     ・工事実施基本計画策定
・本川:姑射橋〜毛見橋間直轄区域(54.6km)に編入
・小渋川:本川合流点〜上流へ3.06km間直轄区域に入
・三峰川:本川合流点〜上流へ10.82km間直轄区域に編入
41年4月1日 建設省中部地方建設局
天竜工事事務所
   
      ・41年4月〜42年6月
国道153号線の改修、その後飯田国道に移管
41年6月 建設省中部地方建設局
天竜川上流工事事務所
   
43年4月8日     ・太田切川:本川合流点〜上流へ2.1km間直轄区域に編入
      ・45年6月 大洪水
46年3月20日     ・本川:毛見橋〜天竜橋間直轄区域に編入(6.2km)
48年4月1日     ・工事実施基本計画の改定
・戸草ダム予備調査に着手
50年1月20日   庁舎改築する  
50年1月20日     ・中央自動車道中津川〜駒ヶ根開通
51年5月10日     ・本川:姑射橋〜平岡ダム間直轄区域に編入(24.5km)
51年9月18日     ・中央自動車道駒ヶ根〜伊北開通
52年4月18日     ・本川天竜橋〜昭和橋間直轄区域に編入(14.1km)
53年4月5日     ・横川川:本川合流点〜上流へ0.18km間直轄区域に編入
53年4月6日     ・遠山川の砂防着手
54年10月20日     ・釜口水門着手
57年4月1日     ・伊北改修着手
57年4月8日     ・本川:平岡ダム〜県境間直轄区域に編入(11.22km)
58年9月28日     ・台風10号による集中豪雨により、戦後最大の大洪水
59年4月1日     ・開発調査課の新設(戸草ダム実施計画調査着手)
この災害を契機に伊北地区緊急暫定改修に着手
60年3月21日     ・川路、龍江、竜丘地区基本協定を締結
62年4月1日     ・下久堅地区特岸事業着手
・美和ダム実施計画調査着手
(予備調査は、天竜川ダム統合管理事務所により56年度に着手)
63年4月1日     ・工事実施基本計画の部分改定
・三峰川統合開発工事事務所の新設
(戸草ダム建設事業、美和ダム再開発事業着手)
・入谷、此田の地滑り対策事業着手
平成
元年3月30日
    ・NTT−A型事業として、弁天護岸完成
2年3月6日     ・河川環境管理基本計画
・河川空間管理計画の策定
2年4月1日
    ・伊北II期改修着手
4年2月14日     ・川路,龍江,竜丘地区治水対策事業に着手
8年5月10日     ・三日町頭首工改築事業(特構)に着手
8年5月10日     ・天竜川河川浄化事業に着手
9年6月     ・9年河川法改正
9年6月20日     ・天竜川上流工事事務所設置50周年記念式典
10年     ・三峰川みらい計画策定
11年     ・外来種対策着手
11年6月30日     ・11年6月大洪水
12年     ・三日町頭首工完成
13年1月6日 国土交通省
中部地方整備局
天竜川上流工事事務所
   
14年     ・天竜川みらい計画策定
14年3月31日     ・天竜川上流川路・龍江・竜丘地区治水対策事業完成
14年7月7日     ・天竜川総合学習館「かわらんべ」がオープン
14年11月15日     ・砂防情報センターがオープン
15年4月1日 国土交通省
中部地方整備局
天竜川上流河川事務所
   
17年     ・自然再生事業着手
18年     ・7月に豪雨災害により北島地先の堤防決壊
・10月激甚災害対策特別緊急事業(激特事業)採択
19年     ・激特事業着手
・直轄砂防事業70周年、事務所設立60周年
20年     ・2月事務所鉄塔移設
22年10月25日     ・36災害実行委員会設立
 事務局を天竜川上流河川事務所に置く
23年     ・三六災害から50年
23年6月     ・激特事業完了
国土交通省 中部地方整備局
天竜川上流河川事務所

〒399-4114
長野県駒ヶ根市上穂南7番10号

TEL
FAX
0265-81-6411
0265-81-6421
|  関連リンク  |    サイトポリシー  |  プライバシーポリシー  |  著作権について |
Copyright(C) 2006 天竜川上流河川事務所